ご挨拶

思えば遠くへ来たもんだ

お陰様で今日付けで正式に真打昇進の運びとなりました。
今まで応援して下さった皆様、どこかどこかで知って下さった皆様、最近いる事に気が付いた皆様。どうもありがとうございました。
名前は変わりましたがどうぞ今後とも宜しくお願い致します。
ちょっと過去を振り返ります。
・時松歳時記・
2007年
珍獣銭湯
2008年
謹賀新年
2009年
細工は隆々
2010年
熊本城
2011年
職人時松
2012年
番頭
2013年
全力で滑る
2014年
撮影会
2015年
黒一色
2016年
目を覚ませ
2017年
ざっとこんな具合に風体が変わって参りました。
さてさて、これからどんな噺家になって行くのやら。。。
 

| | コメント (0)
|

新年の寿

新年の寿

新年明けましておめでとうございます。

噺家は元旦は黒紋付きに袴がユニフォーム。

一日この格好でご挨拶に回ります。
そして大体は振る舞い酒で少し酔っております。。。

本年も宜しくお願い致します!

| | コメント (0)
|

歳時記最終回

時松歳時記ファイナルご来場ありがとうございました。
 
仲間のよしみで文菊兄さんと花ん謝さんに出て頂き賑やかに終える事が出来ました。
ネタ帳をめくると丁度10年前の冬に始まっていましたので満10年過ぎた事になります。
今高座に掛ける噺は全てポレポレ坐でやってますから、落語活動の源は此処にあったと言って良いでしょう。
 
今でもよくやる噺、まったくやらない噺、やった事も忘れた噺、まあ色々とありますが二ツ目時代の活動はポレポレ坐のお陰です。
 
思い出は尽きませんが来春からは心機一転新たな会を始めますがその時は改めてご報告致します。
 
あ、写真撮るの忘れたあ。

| | コメント (0)
|

支えられて立ってる

支えられて立ってる

おおもり落語会ご来場下さった皆様ありがとうございました。

本当にいろいろな方に支えられて何とかやっております。
公演はわずか二時間半程ですがそこに到るまでどれだけ大勢の方の時間と熱意が注がれているか。そしてお越し下さるお客様の、楽しかった、のお言葉にどれ程充実感を覚える事か。大勢の方の労力は大変なものですがそれが埋まるほどの嬉しさを覚えます。

仲間内の皆様にも毎回お力をお借りして続けております。

権太楼師匠、あずみさん、ありがとうございました。

次回は11/12.まだ先ですがまた力を合わせて頑張りますので皆様どうぞおおもり落語会へお越し下さいませ。

| | コメント (0)
|

恐惶謹言

何れかでお聞き及びかも知れませんが、この度私事ではありますが来年春3月下席より真打ち昇進の運びと相成りました。

今まで多岐に渡り背中を押してくださった皆様ありがとうございました。これからもより皆様のお力、ご贔屓が原動力になります。今後とも変わらぬ応援を賜ります様ひとえにお願い申し上げます。

三遊亭時松 拝

| | コメント (4)
|

もぅ照れ臭くてね

もぅ照れ臭くてね

昨日が誕生日でして、今更なんでFacebookとかは非公開にしてるんですが、熱心な方々からお祝いメールを頂きまして本当にありがとうございます。

 

嬉しいやら恥ずかしいやら、もう40手前になりますからね。目出度いんだかどうだか、まさか自分がと思いもしませんでしたよ。

 

Facebookとかだと何と無く上っついた感じでのイイネ!が癪だったのでオープンにしませんでしたが、実際に意識して下さってメッセージを頂戴すると自然とにやけますね、この歳でも。

 

随分悪意のある感じの文ですがいいんです。多分このブログは見ないでしょうから。

 

今年もパンチラインを中心に皆様と触れ合って参ります。

| | コメント (0)
|

気持ち良く酔いたい

気持ち良く酔いたい

毎度お馴染み蒲田のバーふくろうさんでの『ふくろう寄席』ご来場ありがとうございました。

 

良い雰囲気で良い落語ができたら嬉しいですわな。

 

終わった後のお酒も美味しい美味しい♪

| | コメント (0)
|

仕事始め

仕事始め

おおもり落語会無事終わりました。

約200名様程、ありがたい限りですねぇ。今後ともどうぞお付き合い下さい。

次回5/11は師匠、金時が参ります。宜しくどうぞ。

| | コメント (0)
|

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

いつからタイトル二文字縛りになったんだろう?
とりあえず一旦元に戻してみます。

もしかしたらまたそんな流れになるかもしれません。

いつからなっちゃったかなぁー?

| | コメント (0)
|

充足


オドラク、お越し下さいました皆様本当にありがとうございました。

一から十まで自主企画でして、チラシもキップもプロモーションも受け付けもすべてメンバーで賄いました。また、小円歌師匠始め、笑組のゆたか兄さん、パンダかっぽれの志ん陽師匠と色々な方に支えられまして何とか無事に終える事が出来ました。

何よりこの会に興味を覚え、お運び頂き、我々の泣き売に付き合って手拭いや色紙をお買い上げ下さった情の深いお客様に心より御礼申し上げます。

会は、始まってしまえばわずか二時間半程ですが、そこへ行きつく為に大勢の人が沢山の時間を掛けて初めて成り立つものです。そういった意味でも先程記したように座員一同思い入れの深い会ではなかったと思います。

またこのような機会がありましたら今度は是非未体験のお友達をお誘いになりお越し頂ければ、この若手住吉の会の輪も広がり勢いが付くのではないかと密かに思っております。お客様のご支持有っての会ですので何卒宜しくお願い致します。

アタフタしていて開演中の写真、取り損ないました・・・。

| | コメント (2)
|

より以前の記事一覧