« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

霜月

11月の予定でごぜえやす

11月下席(21日~30日) 
鈴本演芸場 昼の部
開場12:00 開演12:15 終演予定16:30
全席当日売り自由席
一般/2800円 シニア・学生/2400円 小人/1500円
トリ・馬楽/馬風、権太楼、正朝、扇辰、小円歌、笑組他
12:30上がり 時松(24,25,26,27,30日)、歌扇

11月4日(月・祝) 大間々ながめ亭菊華寄席
第1部 午後12時30分~
第2部 午後14時00分~
各、約一時間公演
ながめ余興場
群馬県みどり市大間々町大間々1635
電話:0277-72-1968
無料※ただし関東菊花大会入場料400円が必要です
金原亭馬吉、三遊亭時松、ニックス

11月12日(火) 文七三人会
開場18:00 開演19:30(21時終演予定)
三遊亭時松、柳亭市楽、柳家小太郎
木戸銭 当日1500円 予約1300円
※別途ご飲食のご注文をお願いします
お席のご予約・お問い合わせはお電話にて
あさくさ 文七まで
TEL / FAX:03-6231–6711

11月14日(木)起雲閣寄席
熱海・起雲閣 1500円 開演14:00  
出演: 林家たけ平、柳家さん若 /三遊亭時松
熱海・起雲閣音楽サロン
問い合わせ 福屋0557-81-4777

11月17日(日) フォレスト落語会
開場13:30 開演14:00
大田文化の森ホール
住所 大田区中央2-10-1
JR大森駅西口よりバス5分大田文化の森下車
前売 1500円 当日 1800円
前座
柳家ろべえ
春風亭べん橋
 仲入り
三遊亭粋歌
翁家和助(太神楽)
三遊亭時松
お問い合わせフォレスト落語会事務局
電話FAX共通 03-3726-0546
アドレス 
m.soh-kent@iris.ocn.ne.jp
FAXでお申し込みの場合住所、氏名、電話番号、必要枚数(四枚まで)を記入の上お送り下さい。
ご予約は11/16の24時までにお済ませ下さい。

11月19日(火) オドラク 若手住吉踊りの会
開場18:30開演19:00会場
深川江戸資料館
住所 江東区白河1-3-28
前売 2000円 当日 2500円
「十徳」    三遊亭美るく
「古着買い」  春雨や雷太
「恋するヘビ女」三遊亭粋歌
 太神楽    翁家小花
「掛け取り」  桂才紫
    仲入り
住吉踊り 風子・美るく・雷太・粋歌・時松・ぼたん・才紫・小花
<特別出演>三遊亭小円歌
シークレットゲスト 有り
お問い合わせ・ご予約
メール 
mgsdp835@yahoo.co.jp
電話FAX 03-3944-3606

11月20日(水) 日立寄席
18:30開演 1500円
日立愛宕別館 
むかし家今松、三遊亭時松、他
問い合わせ090-1819-0219(柴崎さん)

11月25日(月) 三遊亭金八の会
開場18:00 開演18:15
池袋演芸場
住所 豊島区西池袋1-23-1
電話 03-3971-4545
前売 2000円 当日 2200円
金八演目「坊主の遊び」「睨み返し」寄席の踊りあり
お問い合わせチケット予約
03-6304-3295(金八)

aap24610@hkg.odn.ne.jp

11月30日(土) 全国三遊亭サミット
開場17:30 開演18:00
落語協会2階
台東区上野1-9-5
当日 1500円
三遊亭 時松 / 三遊亭 歌扇 / 三遊亭 玉々丈各1席+トークコーナー

| | コメント (0)

道子

道子

恒例の秋の夜長の安曇野寄席。

 

今年もちひろ美術館さんにお世話になりました。皆様毎年楽しみにして下さってる様でとても張り合いがあります。楽しそうに帰って行かれるのを見送るのがまた嬉しいです。

 

翌日は松川小学校の6年生を集めてワークショップ。落語を初めて見る子がほとんどで新鮮な反応。

 

よゐこにお育ちよ。

 

校門前にはここらへんの角角に良く見掛ける「道子さん」という人形が子供の安全を見守っております。

 

…でもやっぱちょっとコワイ((((;゜Д゜)))

| | コメント (0)

一過

一過

台風本州から逸れましたね。伊豆諸島の皆さんはご難ですが。

 

今日で金朝師匠の都内定席のお披露目はおしまい。11月に入って国立演芸場を回ってゴールです。

 

いよいよラストスパート!

 

そう言えば前座さんによると浅草のお披露目の日も台風が来たそうで、楽屋では嵐を呼ぶ男と言われております。

| | コメント (0)

百川

百川
百川

人形町の程近くの三光新道のお稲荷さんの社務所で金也師匠のお世話で落語会。
長谷川町三光新道に常磐津の師匠で亀文字といえばご存知百川に出てくる地名。ここなんですね。

 

師匠は百川ともう一席、私はお稲荷さんに因んで王子の狐。久し振りにやったなぁ…結構好きなんですけど。

 

因みに噺の発端の百川のあった日本橋浮世小路とは今の日本橋三越辺りにあったそうです。

| | コメント (0)

独占

131014_008

色々あって滞ってますが元気にやっております。

そして草津。何度来ても飽きません。一度なんて勿体ない。何度でも来て下さい。

131014_006

草津の好きな所は突然街並みの中にお風呂がある事。完全に街に溶け込んでるのですね。だから街歩きしててふと横を見るとそこが共同浴場だったりする事があります。そして中をそーーと覗いて見て下さい。変な意味じゃなくて。

風呂道具持参でしたら実際入ってみるのが良いでしょう。どこも完全に源泉掛け流しです。そして、同じ草津の町でも源泉に違いによって効能が違うそうですから巡るのも面白いかもしれません。ただ、個々のお湯はどこも強いので入り過ぎにはくれぐれもご注意。

131014_001

誰も入っていなければそこは貸し切り状態。あなたの為にお湯がこんこんと注がれています。なんと優雅な事でしょう。

131014_004

イメージ図、1。

131014_003

イメージ図、2.

ただ、町内の外湯はほとんどが地元の方の為の物ですので、発つ鳥後を濁さずで他所のお風呂を借りるつもりで謙虚に入りましょう。そして地元の方が入ってきたらコンニチハ位は言えると良いです。そこから会話が始まっていろんな情報を与えて貰えますよ。上手くいけば。

131014_010

帰りのバスが道中長いので、今回初めて車内用に旅のお供を見つけて来ました。お世話になってる大盃の生酒です。うふふ。

| | コメント (2)

入口

入口
入口

「地下鉄は何処から入るんでしょう?考えると夜も眠れない…」

 

今日から熟睡です。

| | コメント (0)

享楽

享楽
享楽

お世話になっている方のご紹介で伊香保温泉の秀水園さんで演芸会に呼んで頂きました。午後四時と七時の二回ですが、四時の会は時松独演会、七時の会は紙切りの林家花さんオンステージと言う番組。

こちらのお湯は良く温まるので、出番前にひげを当たりに浴場へ行っただけなのですが結構毛穴開きました。汗だくだくの高座でございました。
皆様お酒を召してる方もいらっしゃって大変ご陽気な会でした。


享楽

そして翌日。

世話役の方と近場にあるグリーン牧場へ。
実はずっと前にバスから横目で見て気になっていた施設であります。
兎に角世俗の垢を流すべく小動物と戯れようじゃありませんか。


享楽

最近生まれた子たちが結構いて中々にうぶで結構です。無邪気に懐いてきます。
そらそら、エサをあげるよ。

キャベツの葉っぱ4、5枚とニンジンスティック一本で300円
・・・なかなか良いものを食べて育っております。


享楽

でも、つぶらな瞳にすべて許してしまうよ。

| | コメント (0)

奮闘

奮闘

お祭りの余興ではな平さんと二人で一時間ほど。

 

雨上がりの屋外の舞台で階段下は屋台が並び子供達がお菓子などを持ってあっちこっちと。

 

普段落語会では絶対開く事の無い、持てる引き出しは引き落ちる位開けました。二人で渾身のお仕事をさせて頂きました。

 

父さん、僕はまた一回り大きくなりました。

| | コメント (0)

切磋

切磋
切磋

第三回二竿会、ありがとうございました。金兵衛改め金朝となって初めての会、如何でしたでしょうか?
金馬一門所帯は小さいですが力を合わせて、そして少しでも腕が上がるよう兄さんの胸を借りて頑張って行こうと思います。

 

帰りにご飯に誘って頂いてトンカツ屋さんへ。
あんまり色男のするポーズじゃありませんよ、師匠…。

| | コメント (0)

番頭

番頭

真打ち昇進披露興行、絶好調公演中です。

 

この数年に一度の陽の気溢れるパワースポット的イベントにお出でになって、おめでたく運気を上げてお帰り下さいませ。

 

私も微力ながらお手伝いしております。

| | コメント (0)

訂正

二竿会の開場。開演時刻が間違っておりました。
お詫びして訂正致します。

正しくは
10月4日(金) 第三回 二竿会 (にかんかい)
落語協会・二階
東京都台東区上野1-9-5
開場17:30 開演18:00 1000円
金朝、時松、各一席
お問い合わせ金朝・090-3522-9171

宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

酩酊

酩酊
酩酊

たけ平兄さんのお世話で新潟で二ヶ所お仕事を。

 

初めの場所では税金関係の講演の後の一席で「できればお金がテーマの落語を…」とのご注文。
色々思い巡らしテーマに沿うか微妙ですが井戸茶を久し振りに。
話の筋がしっかり出来ているので長い噺ですが初めての方もお楽しみ頂けたようです。いや、よかったよかった。

 

二ヶ所目は病院で入院してらっしゃる皆様をエントランスに集めて一席。皆様にこやかで遣り甲斐があります。

 

帰りに主催者様に新潟名物へぎそばをご馳走になり、別れた後新幹線まで少し時間があったので、ついつい、欲望、に、負けて…
ぽんしゅ館再訪。

 

新潟が酒処というのを進んで思い知った素敵な夜でございました。

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »