« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

都鳥

都鳥

今年も浦安市の屋形船のお仕事に伺いました。去年は稚貝を撒くという企画でしたが、今年は船で天婦羅を食べながら旧江戸川河口へ出て、落語を聞きながら帰るというなかなか優雅な午後のひと時。小学生以下を中心とした家族連れの方々が殆どでちょっとした学校寄席の様でした。
食い入る様な眼差しで見てケラケラ笑う子供を見てると「ヨシッ!」と思いますねぇ。

| | コメント (0)

3月の予定

寄席の出番
3月上席(1日~10日) 
鈴本演芸場 夜の部
開場17:00 開演17:15 終演予定20:30
全席当日売り自由席
一般/2800円 シニア・学生/2400円 
小人/1500円
トリ・金時/正朝、歌之介、ひな太朗、円太郎、
正楽、のいるこいる他
17:30上がり 金兵衛、時松(1,2,3,7,10日)交互出演
問い合わせ 鈴本演芸場
03-3834-5906 

***その他の出演***

3月8日(金) 第五回『落語物語』寄席
開場18:30 開演18:45
深川江戸資料館
清瀬白河駅A3出口徒歩3分
前売 2500円 当日3000円
柳家喬太郎(カマ手本忠臣蔵)
林家時蔵(佐野山)
林家しん平(粗忽長屋)
春風亭ぴっかり(辰巳の辻占)
三遊亭時松(王子の狐)
入船亭ゆう京
問い合わせ
3633-7961
FAX 3633-4090
ご希望の方はメールにて時松までご連絡頂ければ前売り料金にてチケットお取り置きさせて頂きます。
数に限りがありますので売切れの際はご容赦下さい。

3月9日(土) 黒門亭2部 
御徒町・落語協会 
14:30開場 15:00開演 
1000円
三遊亭時松
三遊亭鬼丸
柳家小里ん 【お茶汲み】 
落語協会 03-3833-8563

3月12日(火)文七三人会
開場18:00 開演19:30(21時終演予定)
三遊亭時松「長屋の花見」、
柳亭市楽、柳家小太郎
木戸銭 当日1500円 予約1300円
※別途ご飲食のご注文をお願いします
お席のご予約・お問い合わせはお電話にて
あさくさ 文七まで
TEL / FAX:03-6231–6711

3月13日(水) 庚申塚亭 水曜夜席
開場18:30 開演19:00 
2000円 終演後打ち上げあり(別途¥2,000)      
泉水亭錦魚/三遊亭時松/春雨や雷太/
三遊亭好の助 
庚申塚 studioFour
(問い合わせも)03-3918-5944  

3月15日(金)江の島落語会   
開場13:30 開演14:00
前売り1000円 当日1500円
出演者:三遊亭時松
江の島『虎丸座』0466-22-5780

3月15日(金) 高円寺楽々亭
開場18:30 開演19:00
予約1000円 当日1500円
高円寺北口徒歩1分
柳亭芝楽 神田春陽 
柳家喬之進 三遊亭時松
お仏壇のはせがわ2階『ひのや』
問い合わせ オクトパス
090-4415-8846

3月17日(日) 時松歳時記・春匂う
開場18:30 開演19:00
東中野 space&cafeポレポレ坐
予約・当日2000円(ワンドリンク付き)
三遊亭時松、「不動坊」、他一席
助演・三遊亭金兵衛
問い合わせ・常磐松会
03-3771-3727(留守電の場合はお名前、連絡先、枚数をお残し下さい)

3月20日(水・祝) 第百一回福袋演芸場
9:30開場 10:00開演 1000円
池袋演芸場
古今亭志ん吉「熊の皮」
金原亭馬吉「長屋の花見」
柳家ほたる「幽霊の辻」
三遊亭 時松「試し酒」
問い合わせ 03-3833-8563(落語協会)

3月23日(土) らくご温泉
10:30開場 11:00開演 ¥1500(入浴可)
池上・久松温泉 
三遊亭時松、柳亭市江
時松 03-3771-3727
(留守電の場合お名前と連絡先をお残し下さい)
2階大広間で寛ぎながら落語を聞いた後は自慢の黒湯で汗を流して下さい。

3月23日(土) 大盃の新酒「しずく」と落語の会
18:00開場 18:30開演 19:00酒宴
6500円(落語、お食事、試飲込々)
高崎 焼肉・箕輪亭
完全予約制・30名様
027-344-4101
東京でも評判になりつつある高級和牛増田牛と群馬が誇る名酒大盃と落語のコラボ。
焼肉に舌鼓を打ち美酒に酔い落語に浸る夢の様な春の夜のひと時。このお値段ははっきり言って箕輪亭だからできる赤字覚悟のお値打ちな会です。
駅からちょっと離れておりますが、そんな隠れ家的な雰囲気も併せてお楽しみ下さい。⇒店長のブログ

3月25日(月) レザミ寄席
18:30開場 19:00開演
木戸銭・打ち上げ込み 5000円
(食事付アルコール・ソフトドリンク飲み放題)
定員:20名
神楽坂レザミ
http://lesamis-k.jimdo.com/
・有楽町線飯田橋駅 B3出口から徒歩5分
・都営大江戸線牛込神楽坂駅1番出口から徒歩5分
・東西線神楽坂1番出口から徒歩7分
参加を希望される方は、事務局宛メール

kenji_sakaguchi@zit.co.jp 
又は03-5977-8571(ズィットxt坂口 )
までご連絡下さい。

3月27日(水)新企画!「高円寺☆若手箱~WAKATE HACO」 
三遊亭時松(2席)、古今亭志ん吉(2席)
開場:19:00 開演:19:30
2200円(ワンドリンク付)
※懇親会有り:2000円(軽食とフリードリンク)
高円寺高架下 HACO

3月29日(金) 金時寄席
開場18:00 開演18:30
前売 2500円 当日3000円
三宅坂国立演芸場
三遊亭金時「抜け雀」「片棒」
ゲスト・桂米團治
時松も出ます
問い合わせ 03-3322-4011(金時)

3月31日(日) さいたま落語亭
開場13:30 開演14:00
一般1500円 浦和市民寄席会員1000円
市民文化センター(JR浦和駅西口徒歩5分)
三遊亭天どん 三遊亭時松
問い合わせ 市民文化センター
048-822-2548

宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

雅央

雅央

嫁が好きらしいです。
あえて渋好みの方向を進んでおります。

 

しかし最近のノアマットは三沢光晴が嫌がっていた昭和の新日路線を遡っているような…仕方ないのかなぁ?

| | コメント (0)

打合

打合

秋に大きな会がありそうな…まだ内緒。

| | コメント (0)

歓談

歓談

平穏な日々でございます。

| | コメント (0)

鉄味

鉄味
鉄味

TEN寄席ご来場下さいました皆様ありがとうございました。

 

昨日はバレンタインで沢山のお客様から頂き物をしましてありがとうございます。
企画物は無かったのですが、出演の内二人が時松・駒次と言う事で様々な電車グッズを頂きました。これだけの品が出来て売れると言うことは電車好きも市民権を得たんだなぁと思います。いやそれにしても皆さんよく見つけて来ますね。みんな初めて見る物ばかりでした。ありがたく頂きます!

| | コメント (0)

美脚

美脚

歳時記のチラシの撮影。

 

久し振りに東京タワーへ。普段は遠くから眺めますが下から見るとまたカーブが良いねぇ。

| | コメント (0)

蘊蓄

蘊蓄
蘊蓄

落語探偵団からの加賀屋。
出演者の小太郎さんとプロレス談義。

 

知識と見解に脱帽。いや久々人の話を面白可笑しく聞き続けました。知れば知るほど分からなくなるカオスな世界、本当と思ってた事が嘘で、嘘だと思ってた事が実は真実でミステリー小説を辿るようでした。いや楽しかった。

 

肝心な落語の話は今日はおやすみでしたが、成る程落語ファンはプロレスファンが多い訳だ。共通点ありすぎ!

 

焼酎のボトル一本二人で空けて帰り間際の小太郎さんの顔はタイガージェットシンのようでした…。

 

プロレス大好きな落語ファンの皆さま、是非小太郎さんを落語に呼んで下さい。プロレス一色の打ち上げになります。きっと。

| | コメント (0)

巣立

巣立

久し振りにプロレス観戦。
第一試合に今日がデビュー戦の新人レスラー登場。

 

テクニックはまだまだですが強い気持ちだけで立ち向かう、それを加減しながらも受け止める先輩。初高座を見るようでした。

 

一昔前は前座レスラーはドロップキックは一回までみたいな暗黙の了解があったようですが自由な流れになったのか出来うる色んな事を試して観客の強い後声援と押しを受けてました。

 

熊野準さんと言う人です。
会場で見たら応援してあげましょう。

 

どんな世界でも、名人と言われる人も例外無くここから始まるんだよなと今更ながら思いに浸りました。

| | コメント (0)

再会

再会

つがるさんです。

 

私とタメらしいです。

 

ですが人間に換算すると100歳位のご長寿だそうです。あやかりたいあやかりたい。

 

因みに私は今年もで人間に換算すると37になりました。

 

早く人間になりたーーーい。

| | コメント (0)

節分

節分
節分

師匠のお供で上州伊香保のそば、水沢観音さんへ豆まきに。今日は快晴で暖かくまた休日も重なって大変な人出。

 

豆の他にもお菓子やら日用雑貨やらいろんなものを力一杯放りますが、ティッシュペーパーやアルミホイルなんかは箱の角が当たったら痛そうで投げるのもちょっと躊躇いがち。他所向いてる人もいるしね。

 

でもまぁ皆さんわさわさしてて楽しそうでした。良かった良かった。

 

どうぞ皆様今年もお元気で。

| | コメント (2)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »