« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

3月の予定

3月3日(土) 若手落語家競演会への道
開場13:30 開演14:00 前売り、当日共に1,000円 
北とぴあペガサスホール
北区王子1-11-1 03-5390-1100
王子駅北口徒歩2分
柳家ほたる「代書屋」
三笑亭可女次「竹の水仙」
林家たけ平「扇の的」
仲入り
三遊亭時松「花見酒」
春風亭べん橋「夢八」
お問い合わせ 落語芸術協会
03-5909-3080 
http://geikyo.web.fc2.com

12030304

3月9日(金) らくごin庚申塚
開場18:30 開演19:00
庚申塚 studioFour
(問い合わせも)03-3918-5944
当日2000円
三遊亭時松、春雨や雷太、三遊亭鳳笑、立川幸之進

001


3月10日(土) 東中野土曜びっくり寄席 
開場19:00 開演19:30
東中野 Big River
東中野駅北口東側 徒歩30秒!ムーンロード内
当日1650円 プラスドリンク全品350円 
三遊亭 時松 / 柳家 わさび
問い合わせ 
bigriver3@nifty.com
URLhttp://www.bigjazzriver.com/yose/index.html

3月12日(月) 文七三人会
開場18:00 開演19:30
茶や あさくさ文七
浅草公会堂並び、鼈甲屋さんの上
台東区浅草1-21-5 エリカビル2F
予約・1,200円 当日・1,500円
(+ワンドリンクオーダー)
主任・柳家小太郎【花見酒】
お問い合わせご予約 
文七 03-6231-6711(11時~21時)

3月14日(水) 月例TEN寄席
開場19:00 開演19:30
神保町 らくごカフェ(予約・問い合わせも)
東京都千代田区神田神保町2‐3 神田古書センター5階
03‐6268‐9818
¥1800(電話予約) 当日¥2000
月番・三遊亭時松「白日の約束」「お血脈」
他、古今亭菊六、柳家ろべえ

004


3月16日(金) 黒門金曜夜席
開場17:30 開演18:00
落語協会2階
当日1000円
三遊亭時松、古今亭志ん八、春風亭一左
問い合わせ・オフィスあばうと 043-441-5938

002


3月18日(日) 時松歳時記・春匂う
開場18:30 開演19:00
東中野 space&cafeポレポレ坐
予約・当日2000円(ワンドリンク付き)
三遊亭時松「白日の約束」他1、2席
助演・林家彦丸
問い合わせ・常磐松会
03-3771-3727(留守電の場合はお名前、連絡先、枚数をお残し下さい)

005


3月23日(金) 三遊亭時松「長講二題の会」
開場19:00 開演19:30
ミュージック・テイト西新宿店(予約、問い合わせも)
新宿区西新宿7-16-13 末廣ビル103
0120-277-902 
info@musicteito.co.jp
JR新宿駅下車5分、都営大江戸線新宿西口駅下車3分
前売1,500円 当日1,800円
ネタ出し「中村仲蔵」「猫の災難」

003


3月27日(火) 二ツ目勉強会
開場17:30 開演18:00
池袋演芸場
当日1,000円
お問い合わせ03-3833-8563(落語協会)
「星野屋」  春風亭 正太郎
「猫の災難」 三遊亭 時松
「死んだふり」三遊亭 粋歌
     お仲入り
「三方一両損」金原亭 小駒
「五人廻し」 柳家 ろべえ

宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

電波に乗ります

NHKのスタパ落語会、ラジオ第一放送ですが2/26の15:05からお送りします。

全国進出ですか、うれし恥ずかしでございます。お暇がありましたらお聞き下さい。収録は冬だったので『ねぎま』を15分でやってます。

スタパ落語会

| | コメント (0)

だ、だ、大事なお知らせが抜けてました!

もう日もありませんがお暇でしたら是非ともお越し下さい。
住吉踊り、夏の本番に向けて地味に若手が動き始めております。

雷太らくごふぇすin日本橋
~噺と踊り~如月の賑わい

2012年2月25日土曜日
開場 17:30 開演18:00

三越前 お江戸日本橋亭
前売 2000円 当日 2200円
20歳以下・学生1000円

春雨や 雷太
江戸家 まねき猫
三遊亭 時松
古今亭 志ん吉
春風亭 一力

お問い合わせ先 春雨や雷太
03-6795-0848 留守電対応

harusameya_raita@yahoo.co.jp

Up_ad_b6750

| | コメント (0)

英才教育

英才教育
英才教育

浦安市の行事で浦安沖で蜆の稚貝を撒くというのがありましてお世話になりました。屋形船で行くのですが、そこは屋形船ですからお酒は出ないまでもお約束の豪華天婦羅盛り合わせで船上ランチ。お昼から蜆撒きまでの時間を落語で楽しんで頂くのですが、思いの外幼いお子さんが多かったので学校寄席の様に前座噺を丁寧に。やはり子供さんの反応は素直ですね。食い入るように見つめてケタケタ笑っておりました。

 

それにしても屋形船で天婦羅食べて落語を聞いて、これでお酒と芸者さんが居れば立派な道楽者が出来上がります。イヤ、末恐ろしい…

| | コメント (0)

二人三脚

二人三脚

毎度の高崎の焼肉屋さん箕輪亭にてお酒と落語の夕べ。今回は助っ人に我等が御大に来て頂きました。終始和やかに今回も楽しく打ち上がりました。

| | コメント (0)

春は名のみの

春は名のみの

東京も氷が張る程の寒さです。

| | コメント (0)

稽古始め

稽古始め

今年初めの住吉躍りのお稽古に行きました。去年の暮れに行ったきり、ふた月空くと手もおぼつきません。でも今からやっとかないと夏はあっと言う間に来ますから油断は出来ないのです。 

そして2/25の18時からお江戸日本橋亭で春雨や雷太さん主催の若手住吉躍りの会があります。皆様是非是非見に来て下さい。あの幻の三人かっぽれもやりますよ。 

久し振りの運動の後でスタミナ補給。餃子は飽きないなぁ〜。

| | コメント (0)

無精者でございます

滞りましてすみません。いろいろ出番もありましたがついつい記事にし遅れまして、ハイ、ドーモ、てへ。
土曜日は福袋演芸場、池袋演芸場で祝日の午前中に開催の二つ目の会。喬太郎師匠に教わったご自身作の噺を。いやはや、非常に緊張致しました。季節物ですからこの時期限定の旬な噺ですが、ペースや力の入れ具合抜き具合が難しいです。ここは古典にも通じる大変勉強になる部分だと実感しました。噺の起爆力に助けられまして何とかお喋りをさせて頂きました。
 

そのまま終演後黒門亭へ移動、今度は花見酒、バリバリ古典。ああこの手の噺が掛けられるようになると春だなぁと思います 

翌日は早朝寄席。今度はねぎまの殿様。昨日が春で今日は冬。そろそろやり納めかなと感じつつやはりご当地上野でやるとウケるので楽しいです。200人を越えるお客様にお出で頂きありがとうございました。 

家を出るのが早いですからやる方も見る方も大変な早朝寄席でございます。

| | コメント (0)

恩返し

恩返し
恩返し
恩返し
川崎方面で年金受給者の皆様を前の落語会ツアーへ動向しております。
どの会場も大勢様お越しでよく笑って頂いております。表に出るのも気分転換になるでしょうから、どんどんお出で頂いて笑って気を楽にして頂きたいと願っております。

朝呂久さん秋から二ツ目だそうで、こちらも満面の笑み。一朝一門には昇進の続くおめでたい年ですね。

| | コメント (0)

恋人

恋人

気が付けばここん所毎週同じ曜日の同じ時間に会ってます。

 

そういえば来られなかった日も同じだったような…

 

居た場所は違いますけどね。

| | コメント (4)

プラチナチケット

120204_001

あての無い旅に出ます。

| | コメント (6)

福は内

福は内

師匠のお供で群馬の名刹水沢観音の豆まきに行って参りました。今年は私年男だもんね。大勢の皆様お集まりで賑やかに色々な品を撒きました。

初の裃姿。どうでしょう?

福は内

伊香保はこの冬一番の冷え込みだそうで、皆さん寒い寒いと仰っていましたが、つい先週草津で氷点下の中50分落語を喋る日々を三日過ごしてきたので全く堪えませんでした。人生何がどう役に立つか分からないものです。

| | コメント (4)

でかい顔をしております

西友さんの「バスプラ」広告に出させて頂いてしっかり写っております。

2/2の朝刊の折り込みチラシ、一部地域を除いて入っているかと思いますので探してみて下さい。

届いてないお家はこちらから→http://ipqwww.shufoo.net/c/2012/02/01/c/559805953328/index.html?sid=asp/common&shopId=16869&chirashiId=559805953328

携帯からだとちょっと見えないかも知れません。ゴメンナサイ

| | コメント (2)

フリーパス

フリーパス
フリーパス
フリーパス

ぼたん姉さんのお世話で田端中学校へ伺いました。

 

つくなりいきなり給食を御馳走になり束の間の中学生気分を味わう二人。

 

おまけにいつでも給食食べに来て良いですよパスまで交付して頂き、大田区民ですが北区に越境入学する衝動に駆られる。

 

生徒さんは実に素直な反応。そのまんま大きくお育ち下さいよ。

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »