« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

行く年来る年

行く年来る年

皆様良い年をお迎え下さい。

| | コメント (2)

使い方に困る

使い方に困る

師匠宅の大掃除。
昼休みにご飯を食べに師弟で入った店の箸が何故か3本。
しかも箸立ての中に二膳。
使い方に悩みます。

| | コメント (0)

衝撃の事実

衝撃の事実

今年の年号で刷ってしまいました。

 

…300枚も

| | コメント (2)

仕事納め

仕事納め
仕事納め

池袋演芸場、金兵衛兄さんの会に呼んで頂きました。満員の陽気なお客様。
そして金兵衛兄さん熱演と寄席の最終日に相応しい大変賑やかな会でお開きとなりました。今年一年ありがとうございました。また来年も落語、寄席、時松を宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

やる時ゃやるのよ

馬るこさんからご紹介頂きまして買物をして料理をするという、ちょっと見変わったお仕事へ。

来年の打ち合わせを言えば鬼が打ち合わせる

まず形から入りますので、恰好だけは板前。・・・江戸時代の。

来年の打ち合わせを言えば鬼が打ち合わせる

他の仲間の手も借りましてご覧の様な豪華料理が出来上がりました。

来年の打ち合わせを言えば鬼が打ち合わせる

民家風の撮影スタジオで実際のキッチンを使って料理。楽しかったなぁー。
撮影と言いましても写真ですが、来年とあるチラシに使用するそうですのでお楽しみに。

さぁこれから実食!という段階で後があったので私は中座しまして残念至極。またこんなお仕事ありましたら是非宜しくお願い致します、馬るこさん。

| | コメント (0)

金縛り

金縛り

久しぶりに映画を見ました。楽しいなぁ。三谷さんエンターテイメントに愛がある。

そして深っちゃん幾つになってもカワイイheart01

| | コメント (0)

今日もせっせと打ち合わせ

今日もせっせと打ち合わせ

幸福者でございます。

| | コメント (0)

打って打って打ち合わせ

打って打って打ち合わせ

とある企画の打ち合わせ。最近充実した打ち合わせが少なかったので、と言うか打ち合わせが少なかったので、意気軒昂に臨む。

 

「いやー、打ち合わせって本当に素晴らしいものですねー」
水野晴郎・談

| | コメント (0)

伝説の場所

Image550

大須、 大須、 大須ぅーー、大須ぅー演ん芸ぃー場ぉーーー♪

ご清聴ありがとうございました。

円丈師匠の噺や本にも出て参ります大須演芸場の高座に上がることが出来ました。

Image483

今回の幸運は全てこちらの方の努力の賜物でございます。ありがとう、馬るこさん。馬るこさんはちょくちょく大須演芸場に泊まり込みで高座を勤めに行っております。中京圏の皆様どうぞ宜しくね。

Image48200

中々名古屋を徘徊する機会が無かったので、前の日に名古屋入りをして大須近辺を馬るこさんに案内して貰う事に。

Image48600

横丁にあるカウンターのみの小さい焼肉屋さん。塩ホルモンがとても素敵でした。

Image49100

そして台湾ラーメン。多分台湾の人は食べてないと思う。食べてそうなイメージで作ったんじゃないかしら?邪推ですけど。

最近溜まり始めた皮下脂肪の隙間に無理やり油分を挟み込むような暴食の限りを尽くす二人。あー、しかし名古屋グルメ美味しゅうございました!

Image545

そして翌日、大須観音にお参り。どちらに参りましても土地のお社にはご挨拶。

Image544

そしておみくじを引くと一番の上に大吉!縁起がよろしゅうおますなぁ。

Image546

そして何故か両替機。名古屋の人はお賽銭に100円玉放らないんですかね?しかも地元のうどん店が寄贈したらしい。うどんや、グッジョブ。

Image551

何とメクリが作られてました。感激!

Image552

ここが噂の楽屋前の廊下。柱が飛び出てるので

Image556

首をかしげて歩きます。その姿はまるで常に芸に悩んでいる様です。

Image554

楽屋風景。

Image557

大勢様ご来場でありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしております。

| | コメント (0)

ひと山越えて

花形若手三人会、おおもり落語会、時松歳時記にお越し下さいました皆様ありがとうございました。今年はなぜかビックイベントが間をおかず重なる傾向がありまして常にいっぱいいっぱいな状態での高座でしたが、何とか無事に暮を迎えられそうです。

また来年も宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

僕は特急の機関士で

名古屋の名物も数々ありますが、今はここではないですか?

Image49600

リニア鉄道館。JR東海の鉄道博物館です。

Image49700

JR東海の歴史は新幹線の歴史、リニアの歴史

Image49900

これ実際に試験線を走っていたリニアモーターカー。今の新幹線よりより流線形なデザインでございます。

Image500

へー・・・、出しましたか?581キロ。

ただ、入り口はいってこれだけじゃいくらリニア館とは言いながら何だか物足りないなぁと思って次のコーナーへ行くと・・・

Image50300

おーーーーー!

こういうの待ってました。

懐かしい顔の数々。

Image51100
Image51200
Image51900
Image52000
Image51800

中も見られますが、シートが痛むので座れません

Image51300

この空気感がたまりません。旅に出たくなります。

Image51400

網棚の語源。今はほとんど金属のパイプになっておりますが昔は文字通り網の棚だったのです。

Image51500

ここ好きな部分です。ザ・国鉄時代。その時代を映しておりますよ。栓抜きと灰皿。今はどちらも見ることはできません。

Image52400

懐かしの二階建て新幹線。あったなー、そういうのあったなー!

私この部分はグリーン車だと思っていたのですが、

Image52100

ビュッフェだったんですね。知らなかったー。

Image52500

下が厨房、上が食堂。

Image52300

こちらで作ったものを

Image52700

エレベーターでこちらに運んで

Image52600

ここで食べます。してみると一昔前の新幹線はまだまだ旅の情緒があったんでしょう。私もお腹が空いてきました。

Image50400

表に新快速が止まってまして、その中が休憩室代わり。

Image50500

この風景は今でも何となく感じる事が出来ます。

Image50600

ちゃんと駅弁も売っていて旅情を誘います。

Image50700

何とまぁ豪華なこと!派手な名古屋好み。

Image537

シュミレーションは抽選制で、当たったのでちょっと恥ずかしがりながら子供に交じってやってみる。電車でGO、的な。やっぱり思うようには停まりませんなぁ

Image539

リニア鉄道館、中々に素敵な空間でございました。

先に行ってごめん。駒次さん。

| | コメント (0)

懺悔

静岡県の皆様、いや、掛川市の皆様。大変に申し訳ございませんでした。

Image46000

私、すっかり掛川城を舐めておりました。本当に面目ございません。

Image45900

あのですね、一応百名城に認定をされてはおりますが、遠目で見た時に「おやおや、また故郷再生的にシンボルチックに小さい天守閣作っちゃったよ・・・」位にしか思っていなかったのですが、中に入りますと

Image46100



Image46700

??


Image46200

なんと!復元は復元でも木造で作っているではありませんか!

青森ヒバだそうで未だに仄かに木の香りがします。天守再構の折に鉄筋コンクリートが当たり前の世の中でなんと気合の入った復元天守なのでしょう!

Image468

まあ多少金具は使っておりますが当時を思わせる木組みの数々。感動致しました。

Image46400

天守最上階から掛川駅方面のパノラマでどうぞ

Image46300

天守にいた係りのおじさんと暫く掛川城の縄張り談義。なんでも江戸初期の図面を基に作ったそうで、そのころの名残がちゃんと見られます。

Image46900

言われてみれば石垣も立派。しっかり天守を支えております。

Image47600

そしてですね、見逃してはいけないのがその下にあります御殿。
当時の姿が現存しております。これは貴重。時代物の映画のロケにも使われているそうです。よくわかる。


Image47400

趣と言うか落ち着きと言うか、昨日今日の空気ではありませんな。

Image47200

お殿様が対応する部屋の床の間。庭には枯山水。詫び寂びでございます。

Image47800

掛川城、ぜひお城好きの皆様訪れると宜しいかと思います。小さいながらに良くできておりました。

よっ!百名城!

| | コメント (0)

大御所

Image441

静岡にやって参りました。朝4時起きで。目的地はもっと先にありますがゆとりを持って途中下車の旅です。

静岡城と言うのはありませんで『駿府城』です。

徳川家康が隠居して暮らしたお城。なるほど、縄張りはシンプルですが貫録と言うか腰の重たい造りです。

Image44200

三枡の紋のような三重に濠をめぐらせた縄張りですが、ちゃんと攻め込み難く要所要所は抑えてありました。箇所箇所わざと細い道にしたりね。

Image43900

くどいようですが石垣見て下さい。

さすが徳川家の威光を以て造られておりまして石垣も綺麗に積み上がっております。

Image44700

表面もね、今の墓石の様にぴかぴかには出来ませんが細かく表面を削って平らにしています。

Image445

本丸の入り口。元々は三重構造でしたから規模も今よりずっと大きかった事でしょう。駅からここまで歩いて約十分掛かりました。

Image444

言われは各自で読んで下さい。

Image449

今は公園になってまして、特にこれと言った建造物は僅かしかありません。

Image45000

復元天守閣の模型。火事で焼けたそうです。やはりご立派。

Image45100

本丸跡はこんな感じ。子供らが体育の授業でマラソンしておりました。

Image454

堀端に不思議なモニュメント。何かの幼虫にも見えますがわさび漬けらしいです。


Image455

そして弥次喜多道中。左が弥次郎兵衛、右が喜多八。呼び捨てに抵抗を覚えます。

Image45700

「師匠、出番ですよ」

Image45600

「馬鹿野郎!早く言え!」

・・・みたいな。

| | コメント (0)

12月の予定

若干追加があります。
宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

名古屋初見参!

E5a4a7e9a088efbc91efbc92efbc8fefbc9

中京圏の皆様、週末の金曜日にあの伝説の大須演芸場へたけ平兄さんと馬るこさんと私の三人で伺います!

大須演芸場

冬の特選落語会 江戸落語 若手花形三人衆なんて凄いタイトル・・・頑張ります。

色々楽屋の噂に聞く大須演芸場、今から楽しみです。

| | コメント (2)

千里の道も一歩から

千里の道も一歩から

魔女de寄席、無事に終わりました。皆様遠い所をありがとうございました。ちょっとアクセスが大変で終バスも早い所なのですが打ち上げも和やかに楽しい会になったのでは無いでしょうか?お店の方も乗り気でらっしゃったので次に繋がりそうです。近所の方も集めたいですね。

千里の道も一歩から

打ち上げ代¥2500と言う事でしたが「えっ?まだ出るの?」と言う位豪勢でおいしいお料理が次から次と。若旦那も大変サービスして下さいました。若旦那の楽しい事するぞ!と言う空気が人柄と相まって心地よいお店の雰囲気でした。是非二回目もお楽しみに!

| | コメント (2)

縁

ふとしたご縁で知り合いました方から忘年会にお招き頂きまして、有楽町でバンドの生演奏があるダンスホールを兼ねたサロンへ参りました。お付き合いの広い方で多方面で活躍されている方が集まりまして貴重なお話を伺いました。いやはや世間は広い。そもそもきっかけも小さな落語会にその方がふらりといらっしゃったのが始まりですから、本当に縁は異な物味な物。大切にしていきたいと思います。

| | コメント (0)

12月の予定

001

**後程追加手直しいたします**

古今亭志ん彌の世界 その十五    
12月5日(月)18時開場 18時半開演
ところ 埼玉会館小ホールJR京浜東北線 浦和駅西口下車 徒歩 7分
木戸銭 前売り3000円  当日3500円
問合せ 03-3927-6979   
k-shinya@ma.kitanet.ne.jp

番組 開口一番 林家 扇
   お楽しみ   三遊亭 時松
   かつぎや   古今亭志ん彌
    仲入り
   物まね    江戸家まねき猫
   寝床     古今亭志ん彌

第4回おおもり落語会大田区に縁のある三人の会
12月10日(土)
開場13:45 開演14:00
大田文化の森ホール
東京都大田区中央2-10-1
前売1800円 当日2000円

夢太朗「お楽しみ」
市江「たいこ腹」
時松「時そば」
  中入り
うめ吉
歌太郎「お見立て」
お問い合わせFAX共通0333319600(事務局)
utataroudesu@yahoo.co.jp
※FAX、留守番電話共にお名前、枚数、連絡先をお知らせ下さい。URLコメント
※大田文化の森では予約・問い合わせを受け付けておりません。
※未就学児童の入場はお断りさせて頂きます。

時松歳時記 冬煌く
12月11日(日) 開場18:30 開演19:00
space&cafeポレポレ坐
中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐ビル1F
03-3227-1405
前売・当日¥2000(共にワンドリンク付き)
三遊亭時松2席 助演・春風亭朝也
お問い合わせ 常盤松会 03-3771-3727 
留守電の場合はお名前と枚数連絡先をお教え下さい。 
to.ki.ma.tsu_sanyu-tei@nifty.com
年末恒例落語協会カレンダー抽選会あります

黒門金曜寄席
12月16日(金) 開場18:00 開演18:30
落語協会2階
台東区上野1-9-5
木戸銭 1,000円
林家 彦丸 / 三遊亭 時松 / 春風亭 一左
お問合せ&ご予約:オフィスあばうと 043-441-5938

東中野土曜びっくり寄席 #3
12月17日(土) 開場19:00 開演19:30
東中野 Big River
090-2389-8086
当日 1650円 プラスドリンク全品350円 
だいたい20席ですので、できる限り事前にご予約ください。
三遊亭 時松 / 三遊亭 美るく / 鈴々舎 八ゑ馬 各一席づつ
お問い合わせ[問合] Big River 090-2389-8086 (大川) / bigriver3@nifty.com
http://www.bigjazzriver.com/
初花・時松・わさび・市楽・美るく・八ゑ馬・(講談)一龍斎貞寿・(上方)笑福亭べ瓶・桂三四郎 により来年より二人会をはじめます。
12月は顔見世興行です!

深夜寄席
12月24日(土) 開場21:15 開演21:30
新宿末広亭
当日 500円
林家たけ平 台所鬼〆 三遊亭時松 柳家喬の字
お問い合わせ03-3833-8563(落語協会)

落語らくご
12月25日(日) 18:30 開演

内幸町ホール
東京都千代田区内幸町1-5-1 TEL: 03-3500-5578 
当日¥3000 前売り¥2500
桂右團治、古今亭志ん馬、三笑亭可女次 三遊亭時松、桂宮治
お問合せ:FAX048(466)7888 
yoko@udanji.com(佐藤)

第50回 三遊亭金兵衛の会
12月28日(水) 開場17:30 開演18:00
池袋演芸場
豊島区西池袋1-23-1
03-3971-4545
木戸銭 前売2000円 当日2500円
三遊亭金兵衛 「淀五郎」他一席 助演:翁家勝丸(太神楽曲芸) 三遊亭時松
お問い合わせ090-3522-9171(金兵衛)
この公演の収益の一部を、東日本大震災被災酒蔵義援金へ寄付させていただきます。

 

| | コメント (2)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »