« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2月の予定

2/11(金・祝) 『福袋演芸場』 池袋演芸場 
豊島区西池袋1-23-1 地階
9:30開場 10:00開演 ¥1000
川柳つくし「健康診断に行こう」
金原亭小駒「辰巳の辻占」
三遊亭時松「王子の狐」
古今亭ちよりん「蒟蒻問答」
落語協会 03-3833-8563

2/13(日)
映画『落語物語』予告編
-出演二ツ目による落語&トークショー- 
昼夜入替制
昼の部 開場13:00 開演13:30~ 
夜の部 開場17:30 開演18:00~
神保町・らくごカフェ
(神保町駅A5出口から徒歩30秒・神田古書センター5階)
【木戸銭】 
お得な映画入場券付/前売3000円・当日3200円
入場券無し/前売2000円・当日2200円 
※昼夜通し料金ではございません。ご注意下さい。
☆落語会木戸銭+映画特別鑑賞券
(前売通常価格1300円)セットでお得な映画入場券付を是非ご利用下さい!
【出演者・番組】
《昼の部》
ぽっぽ/粋歌/朝也/ぬう生/トークショー/仲入り/時松/わさび/ジャンケン大会
《夜の部》 
ちよりん/たけ平/一之輔/トークショー/仲入り/小権太/わさび/ジャンケン大会
◇トークショー『監督が居ないところで裏話』
映画『落語物語』撮影秘話など、ここでしか聞けない裏話満載でお送り致します!
◇ジャンケンプレゼント大会
映画『落語物語』非売品 
監督+『落語物語』予告編出演者のサイン入ポスター争奪戦!!
(昼2枚・夜2枚・計4枚限定)
落語物語HPはこちら → 
http://rakugomonogatari.jp/
ご予約は神保町・らくごカフェ
メール 
rakugocafe@hotmail.co.jp 
電話03-6268-9818(平日12時~18時)
HP 
http://rakugocafe.exblog.jp/ 
昼夜各限定50席!ご予約はお早めに。

2/20(日) 『早朝寄席』 上野・鈴本演芸場 
9:30開場 10:00開演 ¥500
三遊亭金兵衛 三遊亭ぬう生 三遊亭時松 古今亭大五朗
落語協会 03-3833-8563

2/21(月) 劇団仙花~旗揚げ公演~
鏡味仙花 ゲスト:三遊亭時松
開場18:30 開演19:00
料金:予約1200円 当日1500円
ご予約 らくごカフェ

rakugocafe@hotmail.co.jp
電話03-6268-9818(平日12時~18時)
仙花さんが何やら色んな事をする奮闘公演のお手伝いに行きます。

2/25(金) 『文七men3』 浅草・茶や文七(喫茶店) 
18:00開場 19:30開演 
予約¥1800 当日¥2000(ワンドリンク付き)
三遊亭時松 柳家小太郎
茶や文七 東京都台東区浅草1-21-5 エリカビル2階 
03-6231-6711
毎月第四金曜日の夜開催、時松・市楽・小太郎の三人で頑張るレギュラーの会です。

2/26(土)『らくご温泉』 池上・久松温泉 
10:30開場 11:00開演 ¥1500(入浴可)
三遊亭時松、春風亭正太郎
時松 03-3771-3727
(留守電の場合お名前と連絡先をお残し下さい)
2階大広間で寛ぎながら落語を聞いた後は
自慢の黒湯で汗を流して下さい。

同日『黒門亭1部』 御徒町・落語協会 
11:30開場 12:00開演 ¥1000 
「落語物語」・林家しん平、三遊亭時松、柳家わさび、三遊亭粋歌 
落語協会 03-3833-8563

| | コメント (0)

no title

先日誕生日を迎えまして、様々な方からお祝いの言葉を頂きました。有難うございました。無邪気に喜べる歳でも無くなってまいりましたので心中嬉しいやら気恥ずかしいやら綯い交ぜな気持ちでございますが、齢40が射程圏内になって参りましたのでもう少ししっかりした大人になろうと思います。

今年の目標。

| | コメント (0)

文七メンスリー

文七メンスリー

皆様ご来場頂きましてありがとうございました。恐らく過去最高の入場者数ではなかったかと思います。
寒い日が続きますので数年振りに極寒の季節ネタを掛けました。ほったらかして置いたのですが春が来る前にもう一回位やってみようかな?等と思った次第です。

終演後は名物クラブハウスサンドと生ビールをご馳走に。これを口にすると漸く緊張感から解放されます。大変に美味でございますよ。

| | コメント (0)

良い一日

良い一日

今日は黒門亭の出番があったので、その前に上野の名湯『燕湯』で髭を当ります。此処は朝早くから開けてくれるお湯なので10時過ぎにも拘らず朝湯好きで賑わっておりました。

良い一日

少し内装に手を加えたのでしょうか?心なしかペンキの色が明るく感じました。ロッカーも鍵が新しくなってたし。
それに伴ってか知らぬ間に休憩時間が設けられておりました。平日はお昼から三時までは入れませんが、土休日はこの限りではありませんので安心です。


良い一日

今日は光る二ツ目の会。恐らく早朝寄席から流れてきた二ツ目ファンが多かったのではないかと感じました。とても良い雰囲気の中で伸び伸びとお喋りをさせて頂きました。

良い一日

そして、以前から約束をしていた学校の後輩の家へお邪魔して『家飲み』。彼は栄養学科なので料理は上手。ただ何となく働かせっぱなしのようで申し訳無いので好きな御徒町の吉池で刺し盛をひとつ買って参戦。家に着くと何と魚を市場から箱買いして待っていてくれました。どれも新鮮で美味しく頂きました。

良い一日

「お友達も良ければ誘って下さい」との言葉に乗ってくれた志ん八さん。

良い一日

幸せ者でございます。

良い一日

そして学校の後輩に当る柳家小んぶさん。
私と後輩と小んぶさんは在学時期が重なっていたようで、ひょっとしたらどこかですれ違っていたかも知れない事が判明しました。

・・・だからなんだと言われればそれまでですが。良いじゃありませんか、良い日だったんですから。

| | コメント (0)

落語物語・予告編

2011年3月12日(土)より
東京銀座・東劇他全国順次ロードショー
林家しん平監督最新作・映画『落語物語』公開直前
映画『落語物語』予告編
-出演二ツ目による落語&トークショー- 
【日時】 
201113日(日)
昼夜入替制
昼の部 開場13時 開演13時30分~ 
夜の部 開場17時30分 開演 18時~
【場所】
神保町・らくごカフェ
(神保町駅A5出口から徒歩30秒・神田古書センター5階)
【木戸銭】 
お得な映画入場券付/前売3000円・当日3200円
入場券無し/前売2000円・当日2200円 
※昼夜通し料金ではございません。ご注意下さい。
☆落語会木戸銭+映画特別鑑賞券
(前売通常価格1300円)セットでお得な映画入場券付を是非ご利用下さい!
【出演者・番組】
《昼の部》
ぽっぽ/粋歌/朝也/ぬう生/トークショー/仲入り/時松/わさび/ジャンケン大会
 
《夜の部》 
ちよりん/たけ平/一之輔/トークショー/仲入り/小権太/わさび/ジャンケン大会
◇トークショー『監督が居ないところで裏話』
映画『落語物語』撮影秘話など、ここでしか聞けない裏話満載でお送り致します!
◇ジャンケンプレゼント大会
映画『落語物語』非売品 
監督+『落語物語』予告編出演者のサイン入ポスター争奪戦!!
(昼2枚・夜2枚・計4枚限定)
落語物語HPはこちら → http://rakugomonogatari.jp/
ご予約は神保町・らくごカフェ
メール rakugocafe@hotmail.co.jp 
電話03-6268-9818(平日12時~18時)
HP http://rakugocafe.exblog.jp/ 
昼夜各限定50席!ご予約はお早めに。

| | コメント (3)

お正月、終わる

お正月、終わる

20日を以って寄席の世界もお正月は終わりです。

今年も頑張って参りましょう!

| | コメント (0)

日立寄席

日立寄席

茨城ではありません。新橋です。メーカーの方の日立ですね。
長い歴史のある落語会で打ち上げも和やかに過ごさせて頂きました。
世話役の方はこのブログをチェックされてるみたいでいやはや油断出来ません。あまり為になる話はありませんがたまに思い出した時にでも覗いて下さい。

| | コメント (0)

地獄で仏

地獄で仏

その帰り道、市電に乗るためにウラウラと挙動不審振りを発揮しながら歩いていると、横の通りの中程で微か視界の端に映った温泉の文字。「?」と思い引き返して確かめると、『地獄温泉』の文字。

ああ、我に艱難辛苦を与え給え。

山中鹿之助のような気持ちで入り口まで。恐る恐る中を覗けばまだ1時半ほどの店内は人影もまばら。雪もちらついて寒い日にちょっと地獄を確かめに行きますか?相反する響きを看板に掲げたこのお湯に吸い込まれるように入って行ったのでありました。

熊本の銭湯は350円ほど。それに貸しタオルをつけても400円でお釣りが来ました。全然地獄じゃないっすよ。本当にか・・・?

男湯の中には誰も居らず多分一番風呂。「取ったどぉーーー!」と素っ裸になり浴場へ。お風呂の種類は多けれど、まず一番手前の日替わり風呂ですが、なんと、浴槽に、お湯らしき、もの、が、無い。まさに銭湯なのにお湯無し地獄。

その次は腰掛型のジェットバス、だったお風呂。恐らく現役時代は腰の辺りを強力な空気圧で揉み解していたであろう浴槽は、ただの泡のひとつも無く静寂を保ったままの腰掛け浴槽に変わっておりました。うぅむ、泡無し地獄。

その他のお風呂はこれと行って変わり映えもありませんでしたが、これだけ設備が整っていないならと甘く見て勢い良くザブリと入った電気風呂は未だ健在で、突然全身を駆け抜けたエレキの衝撃に思わず「ヒョエッ・エッ・エッツ」と鼓動が不規則に脈打ち掛けたこれが電気地獄。恐るべし地獄温泉・・・。

でも一番の衝撃は・・・

保健所の温泉の成分分析の紙が見当たらなかった事、かな?地獄、温泉?

| | コメント (0)

熊本城・1

熊本城

城好きなら、その前に男なら一度は熊本城に行きたいと思いますよね?って言うか思うはずなんですけど、と言うよりも思ってくれても良いじゃありませんか?

熊本城

加藤清正公もそう思って熊本城を築きました。

熊本城

素晴らしい縄張り。今からドキがムネムネします。あ、胸がドキドキします。

熊本城

さあ皆様心の準備は宜しいですか?私の自己満足の時間が始まります。

| | コメント (0)

熊本城・2

熊本城

見て下さいこの高さですよ。これ中々石垣登って行けませんよ。そして建物が少しはみ出ているんですから。やっぱり櫓組んで建てるんでしょうかね?だとすると外にも足場がいるから大変な高さの足場になります。クレーンも無い時代によく造りましたね本当に。

熊本城

そしてですね、世間に声を大にして訴えたい熊本城の魅力と言えば当にこの“石垣美”なのですよ。築城の名手たる所以は此処ではないかと拝察する次第でございます。見てって下さいよお客さん。

熊本城

ほらっ!ほらっ!ね?分かりますか?このですね、この側面のですね、歪みの無い平面っぷリ、これが他のお城には中々見られないのです。見られたとしても大阪城のようにちゃんと加工して組み合わさるように形を揃えて組んだのと違って僅かに残る素朴さ。あーー感じて欲しいなーーここ感じて欲しい。

熊本城

そしてこのスケール。地方の一大名の居城とは思えない程の荘厳さ。どうです?鳥肌立ちます?

熊本城

このカーブなんかあまりの美しさにどこかエロさを感じます。

熊本城

そして何かに誘われる様に石段を登って行きます。

熊本城

そして現れるこのお姿。もう溜め息が漏れますね。今まで見てきた石垣は何処も側面は平面なのですが、ここにきて初めてこの様に上は一直線なのに下に行くに従って綺麗に角度を変えてもう1つの面が出てくる造り方を見ました。元々なのか或いは後から石垣を足したのか?そこは分かりませんが角度の違う二つのカーブが奏でる二重奏とでも申しましょうかウットリして参ります。

熊本城

真下に立つと覆い被さってくるように石垣はそそり立っております。ハァ。

| | コメント (2)

熊本城・3

熊本城

ところがですね、ところが本丸天守閣に参りますと私のテンションが下がってくるのです。

熊本城

それは立派な天守閣に違いは無いのですが、何かこう今まで思い描いていた物が誇大だったのか、物足りなさを感じてしまうのですよ。ナゼでしょう?

熊本城

天辺から眺めると迷路のように配された石垣が見えます。軍事施設的にはやはりこちらの方が見ていて実感があります。興奮しない理由は・・・

熊本城

鉄筋コンクリート、なんですよね。
なんでも天守閣は西南戦争で何者かに焼かれてしまったそうで今建っているのは昭和の次代に復元された鉄筋立てなのです。大阪や小田原と同じなのです。名城とは言われてもそこはどうしても姫路、松本なんかとは貫禄で負けてしまうのは致し方ありません。


熊本城

ねえ、これが木造のままだったらどんなに素敵だった事か。

熊本城

一時話題になった一口城主の善財で復元された本丸御殿の奥の間。其々の分野の職人さんの技術の全てを注いで作り上げられた八方が日本美術のそれはそれは雅な空間。

熊本城

天井だってホレこの通り!

| | コメント (0)

熊本城・4

熊本城

木造の建物も残っていなくは無い熊本城。その一角にある宇土櫓。

熊本城

心なしか建物が草臥れているような・・・時代掛かって居ますからしょうがないんでしょうけど。
その渡り廊下から覗く空掘り。うん。堀の面も綺麗ですな。


熊本城

宇土櫓からの天守閣。

「俺の方が先輩なのによ、あんな偉そうになりやがって。天守閣がそんなに偉れぇのかよ!」

そんなぼやきが聞こえそうな程寂しさの消えない宇土櫓でありました。
まあ何はともあれ今回の熊本城登城

熊本城

満足じゃ!

| | コメント (0)

焼肉新年会

焼肉新年会

いつもお世話になっております高崎の焼肉屋さん箕輪亭(きりんてい)にてお店の御贔屓様主催の新年会で二席お喋りして参りました。
終演後は自慢の増田牛やら地場産の野菜を使ったお料理を肴に美味しいお酒をご馳走になりました。
高崎にお出での際は是非箕輪亭にて増田牛をご賞味下さい。東京では中々手の届かない美味しいお肉がお手頃な価格でご賞味頂けます。お酒も焼き肉に合う良い物取り揃えておりますよ。

| | コメント (0)

サクラサク

サクラサク

同期の桜お出で下さいました皆様ありがとうございました。ついつい喋りすぎまして随分と遅くなってしまいました。すみません。お楽しみ頂けましたでしょうか?是非ともまた遊びにいらして下さいませ。出演者一同お待ちしております。

| | コメント (0)

同期の桜ストラップ

同期の桜ストラップ

明日は今年初めのTEN寄席『同期の桜』です。お出で下さった皆様にお年玉代わり、早い者勝ちで写真の同期の桜キューピーを一つ差し上げます。

明日の19:30から神保町らくごカフェです。出演者一同お待ちしております。

| | コメント (2)

正月半分終わりました

正月半分終わりました

世間的には「まだ正月気分か!」と言われそうですが、面目ない事に寄席は20日まで正月が続きます。ごめんなさいね。

それにしてもこの浅草の初席が終わるといよいよ今年も本格スタートだなぁと毎年思います。

| | コメント (0)

珍百景

珍百景
珍百景
珍百景

何も語ることはございません

| | コメント (0)

真実なんか何も無い

真実なんか何も無い
真実なんか何も無い
真実なんか何も無い

ええ、虚構新聞ですから。

架空の事件、出来事が満載です。

先が分からない世の中ですからひょっとしたらこれを越える様なびっくりする事が実際に起こるかも知れませんね

| | コメント (0)

真冬の住吉

真冬の住吉

遡って3日に江戸東京博物館で住吉踊りの興行がありました。
落語の出番はありませんでしたが、踊りの出番の他は楽屋で前座時代を思い出すように楽屋働きに励んでおりました。

ホール入り口に飾られた大きな熊手。300kgあるそうで、それを眺めていた朝太兄さんが「大きいけどこの熊手俺3人分だからそれほどでもないね」と言っておりました。なるほど。と言う事は3朝太=1熊手と言う事ですか?センター試験には出ませんけど。

| | コメント (0)

年賀状が上手く刷れません

年賀状が上手く刷れません

年賀状を下さいました皆様ありがとうございました。ちょっと年末立て込みまして年賀状まで手が回らなかったものですから今頃になってせっせと印刷中でございます。

・・・それなのに、家のプリンターと来たらそんな焦る気持ちを知ってか知らずかこの有様。印刷位置をずらしても何しても思い通りの所に字が来ません。弱ったね、ドーモ・・・。字を小さくしてみたり試行錯誤して只今何とか作業中です。それでも微妙に配置のバランスが良くないものがお手元に届くやも知れませんが、そんな出来でもましな奴なので今年ばかりは目を瞑ってやって下さいませ。

年賀状が上手く刷れません

中にはこんなのもあったんですから。

流石にこれはボツです。

| | コメント (2)

おおもり落語会がありました

おおもり落語会がありました

ご来場下さいました皆様、ありがとうございました。一から自分達で立ち上げた会で、色々と不手際もありご迷惑もお掛けし申し訳ありませんでしたが、地元の皆様始め多くの方の力をお借りして何とか終える事が出来ました。ありがとうございます。
問題点を改善し次回に生かして行きたいと思いますので是非また遊びにいらして下さい。

長い間の重圧から解放され打ち上げではしゃぐ市江さん。

皆様お疲れ様でした。

| | コメント (4)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます

本年も宜しくお願い致します。

東京は晴々した青空でした

| | コメント (2)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »