« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

チャージして下さい

チャージして下さい

トキマツチャージ第三回は芸の上で従兄弟に当たる金兵衛兄さんと柳家わさびさん。

常に自分に刺激を与え続ける会にして行きたいです。

| | コメント (0)

らくごおんせんいいおんせん

らくごおんせんいいおんせん

ようやく銀杏も色付きました。
毎月末土曜日に池上の久松温泉さんの二階大広間をお借りしてやっているらくご温泉、少しづつお楽しみのお客様も付き始めたように思います。お湯も良いですから是非とも一度お遊びにいらっしゃって下さい。


らくごおんせんいいおんせん

一仕事終えた後サイダーをご馳走になりました。
久し振りだなぁーキリンレモン。


らくごおんせんいいおんせん

結構顔長いのね・・・。

らくごおんせんいいおんせん

今回一緒だった正太郎さん。お客様からバナナを頂いてご満悦の図。

| | コメント (0)

札幌なう

札幌なう

釧路から乗り継ぎ9時間。札幌に着きました。駅に降りてもまだ身体がゆらゆらしてる感じがします。

| | コメント (0)

岩見沢なう

岩見沢なう
岩見沢なう
岩見沢なう

もう少しで札幌。

乗り物も汽動車から電車に変わりました。

| | コメント (0)

瀬を早み岩に急かるる

瀬を早み岩に急かるる

滝川なう

釧路を朝5:40に発って1つの車輌に通算約7時間の汽車旅、乗りごたえありました。

でもまだ旅は続くのです。

| | コメント (0)

富良野なう

富良野なう

北海道のへそだそうです。

富良野なう

傍に誰もいないのに男の人の声が聞こえると思ったら駅のスピーカーからさだまさしさんのあの歌が絶えず小さい音で流れ続けておりました。

停車時間5分なのでまたラベンダーの季節にでも訪れたいです

| | コメント (0)

豚丼なう

豚丼なう

帯広と言えば豚丼だそうで、駅弁で朝ご飯。

豚丼なう
豚丼なう

紐を引っ張るとご飯が温まる仕掛け。

豚丼なう
豚丼なう

脂身の照りもお見事!

| | コメント (0)

再び帯広なう

再び帯広なう
再び帯広なう

ここから快速狩勝になりサクサクと滝川を目指します。ようやく滝川まで半分位まで来ました。

このね、サイドボードが未だ現役で使われている事に萌ぇーっと、駒次さんも思っている事でしょう。

| | コメント (0)

池田なう

池田なう

2時間過ぎてやっと3人乗ってきました。

15分ほど停車時間があったので駅の売店を覗くと、ワインの街だけあってワイン絡みのお菓子が多い中、バナナケーキだかバナナ饅頭だかあって、売店のおばちゃんに「なんでバナナなんですか?取れるんですか?」と聞いてみたら、昔貧しくてバナナが高級品だった時代にせめてバナナを食べている気分だけでも味わおうと、砂糖と小麦粉とバナナ香料を上手く組み合わせて作り出した知恵と執念の産物だそうで、美味しいから1つどうですか?と勧められました。

うーん、だったら普通にバナナ買っちゃうかな・・・。

| | コメント (0)

かわゆ寄席

かわゆ寄席

屈斜路湖の近くに古くから豊かに湧き出る名湯、川湯温泉のかわゆ寄席にお邪魔致しました。

かわゆ寄席

2日口演2回転ですから通算4ステージ8高座。喋り倒して参りました。近所の陽気なお母さん達も随分とお楽しみ頂けたようで私も張り合いがありました。またお会いできると良いですね。

かわゆ寄席

泉質は草津に似た強酸性で、地熱エネルギーの強さもあり身体の芯まで良く温まります。足湯があったので入ってみる。

かわゆ寄席

お見苦しい物ですいません。良く温まります。

かわゆ寄席

街のそこここから湯気が立ち上るのも湯の街ならでわ。

| | コメント (0)

釧路なう

釧路なう

今年二回目の釧路です。
何だかうらぶれてしまって街も寂しい感じがしました。夜の飲み屋街なんか人通りがほとんど無いですものね。釧路の方はどうしてるんでしょう?


釧路なう

今回は川湯温泉からの帰りに北海道を横断しようじゃないかと言う企みです。
始発の滝川行き。滝川は旭川の西隣と言って良い場所にある街です。


釧路なう

このキップの存在を知った時からこの計画はスタートしました。

釧路なう

愛すべき国鉄車輌。重々しいエンジン音がたまりません。

釧路なう

It is サイドボード!よくサボと言われている奴です。

釧路なう

この車内の風景が好きです。何か変に飾り気も無く、居住性も追及せず必要最低限の設備って感じで。

釧路なう

この直角に近い椅子ですよ!好きだなー。

そしてこれから札幌を目指します。

…各駅で。

| | コメント (0)

ウ゛ォジョレー・ヌーボー!

ウ゛ォジョレー・ヌーボー!
ウ゛ォジョレー・ヌーボー!
ウ゛ォジョレー・ヌーボー!

ウ゛ォジョレー・ヌーボー、一昨日解禁になりました。

帯広にてその初物を味わいながら落語を聞く会にお邪魔致しました。皆様お召し上がりになりながらでしたのでお客様のお顔もほんのりロゼ色に染まっておりました。

今年も美味しく出来ましたよ!

| | コメント (2)

この方あっての熱海

この方あっての熱海

5年目に入った熱海起雲閣寄席。たけ平兄さんが大きく育てた地域寄席です。

この方あっての熱海

起雲閣前の喫茶店、福屋さんも大変に面倒を見て頂いております。ありがとうございます。

この方あっての熱海

今回はTENでお馴染みさん若さんも特別参加。盛り上げてくれました。

この方あっての熱海

どうか皆様お見捨て無き様に…

| | コメント (0)

打ち合わせ二題

打ち合わせ二題

また新しい事が始まりそうです。

メルマガは総収録時間最長の2時間!これから文に纏めますがとてもじゃないですが全部は無理です。何しろ楽屋話のような関係ない話で大盛り上がり。目的を忘れて4人で喋り倒して来ました。どうなりますか乞うご期待!TENオフィシャルブログからメルマガ登録できます。

打ち合わせ二題

その後場所を変えて馬治兄さんとお客様を交えて打ち合わせ。落語を深く掘り下げる面白そうな相談を頂きました。来年辺りから本格始動する予定ですのでどうぞお楽しみに。

| | コメント (0)

水戸で水鳥と戯れる

水戸で水鳥と戯れる

水戸の歴史館で落語会。緞帳も見事な梅!

水戸で水鳥と戯れる

ようやく色付いた銀杏並木。秋はこうでないとイケマセン。
見事です。

水戸で水鳥と戯れる

すぐそばの偕楽園の梅林。花をつけると見事な事でしょうね。

水戸で水鳥と戯れる

常磐線の車窓からは見た事のある(臨)偕楽園駅の脇の大きな池。

水戸で水鳥と戯れる

放し飼いのように野生の水鳥がホラ!

水戸で水鳥と戯れる

ホラ!

手を出したら優しく噛まれました。って言うか歯が無いんですものね、痛くは無かったですけどこちらの気持ちとしては戯れたかったのですが恐らく嫌がっていたのでしょう。・・・オイラが悪かったよ。

水戸で水鳥と戯れる

サービスエリアではご当地アイドルが満面の笑みで納豆カレーを勧めております。なのにメニューに納豆そばが無いのはどういう訳だ???

水戸グルメ恐るべし!

| | コメント (0)

打ち合わせ

打ち合わせ

「いにしへより人と人とが話し合うものこれ即ち打ち合わせとぞいふ」

仕事ばかりではございません。これまたれっきとした打ち合わせ。竿の長さから錘の重さ、仕掛けの種類、その他付属品に至るまで綿密に打ち合せて参りました。

ただこの一件に関しては打ち合わせとそれがもたらす結果が必ずしも結びつかない事がままあります。

| | コメント (0)

酉の市

酉の市

丁度今新宿末広亭に出番を頂いております。明日と15,16日正午から12:12頃まで汗を一杯掻きながら仕事に励んでおります。是非皆様遊びにいらして下さい。

その近所の花園神社はお酉様の支度中。明後日が酉の市だそうですよ。昔は酉の市の頃はコートを羽織らないととてもじゃないが寒くて居られなかった等と伺いますが、現在私暖房も無い部屋でTシャツでこの記事を打っております。

別に変じゃないよね?

| | コメント (0)

VS 小学3年生

VS 小学3年生

「あのさぁ、今度子供たちが寿限無のお芝居をやるんだよ」
「へぇへぇ」
「それでね、まだ落語を見たことが無い子達が多いからさ、落語がどんな物かみせてあげたいんだよね」
「なるほどなるほど」
「で、忙しい所すまないんですけど、ちょっと学校来てさ落語をやってもらって、それから色々アドバイスしてもらえる?」
「あー、ではテクニック的な事とか気構えみたいな事を説明したら良いですかね?」
「そうね、そうしてくれると助かるなぁ」
「分かりました、先生、1つ残念なお知らせがあるんですが」
「何?」
「私寿限無持ってません」
「・・・。」

と言う事で開き直って転失気を子供たちにぶつけて参りました。小学生にオナラは鉄板です。元気がありますが良い子達でしたよ、帰りは握手したり手を振ったり、精神年齢が近いので打ち解けるのも早いです。

VS 小学3年生

座布団から人が笑ってるのを見てると、自分は幸せな人生だなぁとふと思う昨今であります。

| | コメント (2)

打ち合わせ

打ち合わせ

ずっとお世話になっておりました『文化の森季節寄席』を卒業致しましてこれからは自己責任独立採算で会を立ち上げようと、会場は同じですが気持ちも新たに手を取り合って共に立ち上がってくれた大田区に縁のある三人で打ち合わせ。

大田区からのサポートが無くなりましたので運営費も何とかしなくてはということで我々一番苦手とする営業活動に出掛けました。
チラシと企画書を片手に大森駅に集合、さあこれから鬼のような営業活動に入るかと思いきや一軒目で酒盛り開始。歌太郎さんの馴染みのお店で入った時に店長さんに後でお話があるんですがと言っておきながらすっかり忘れて、帰り間際に「で、お話って何でしょう?」と言われて慌てて説明する始末。やっぱりちゃんとした事をマジに伝えるのはどうも苦手です。歌太郎さんにお任せして私はじっとしておりました・・・。

来年1/4お正月興行が記念すべき第一回目です。三人の他紙切りの林家正楽師匠と柳亭こみちさんをお迎えします。皆様どうぞ遊びにいらして下さい!

| | コメント (0)

今更ですが

2003年に楽屋入りをしました同期の10人でやっております『TEN』のブログがリニューアルされました。今までは携帯からの投稿枠が限られていた為、10人のブログとは言いながら全く登場しなかった人もおりましたが、新しくなり10人が携帯から記事をアップできるようになり格段に内容が賑やかになりました。

私も時々記事を上げております。同じ写真を使っていても文まで同じとは限りませんので時々チェックしてみて下さい。軸はパンチラインにあるんですけどね。

TEN オフィシャルブログ

| | コメント (0)

君に幸あれ

君に幸あれ

天狗連の皆様との落語会に呼んで頂きました。

私個人としては素人さんと並ぶ会は普段の落語会とは力の入り方が違うのですよ、それはお客様がほぼ出演者が呼んだ知り合いの皆様で、お出になる方はほとんど人生の先輩、そしてご自身でやるだけあって落語に対する思い入れもお有りだったり、何より同じ様に着物を着て喋るだけなので言葉を発するだけの中で「ああ、なるほど商売人は違うね」と思わせないといけない。からなのです。

上手くそこら辺が伝わったなら良いなぁと思うのですが、こればっかりはどうにも調べようが無いのでそうあるようにいつも努めています。

| | コメント (0)

ながめ余興場

ながめ余興場

足尾銅山が景気の良かった時代に立てられた芝居小屋です。浅草から特急りょうもうで約一時間半、終点赤城の近く、大間々にありますながめ余興場といいます。

ながめ余興場

中々の佇まい、使われてなかった所を大規模なリフォームをしまして、資料館であり現役の小屋として甦らせ、今では定期的に色々な催しをしているそうです。

ながめ余興場

菊の季節の菊花寄席。場内は満員のお客様。皆さんご陽気にお楽しみ頂けたようです。

ながめ余興場

色々な菊が咲き乱れております。

ながめ余興場

中にはこんな物も。

ながめ余興場

残念ながら私がいる間は誰一人顔を乗せて自由に写真を撮る人はおりませんでした。

| | コメント (0)

歌舞伎は文化の壁を越えるのか?

先日お客様にお招き頂きまして歌舞伎座閉場後初の新橋演舞場での歌舞伎を観覧して参りました。

日本文化の象徴みたいに恐らくガイドブックなどで紹介しているのでしょう、いつも外国の方をお見掛けしますが、お芝居の部分理解できるんでしょうかねぇ。ストーリーもそうですが独特の昔の考え方とか特に。お家の大事の為に自分の子供の首を討って身代わりに差し出す、みたいな、今の日本人でもちょっと着いて行き難い設定とかありますものね。そんなお芝居をただじっと見ている彼らの横顔を見ていてふと思いました。

まだ2日目のせいか、掛け合いは若干ぎこちなかったですが、そういう所を見た上で楽日近くを見に行くとまた面白いのでしょうね。遊び方にも色々ございます。

ご招待頂きありがとうございました。

| | コメント (0)

おめでとうございます

おめでとうございます

春風亭一之輔兄さんがNHK新人演芸大賞を取りまして、その賞金でひとつ仲間でわーーっと飲もうという会を催して下さいました。沢山の仲間が集まりまして賑やかにお祝いを、と言いましても勘定は一之輔兄さんが持ちますから我々がお祝いする会ではありませんで、陽気にわーわー騒いで、気が付けば余り普段と変わらないような・・・それでも大変に盛り上がって兄さんも楽しそうでした。
兄さん、ご馳走様でした。そしておめでとうございます。


おめでとうございます

そしてこちらが今回の飲み会の幹事長。スタートした時から上機嫌と思えば約束の4時間前から飲んでいたそうで、スタートして程無く轟沈し、仮眠した後普段通りに戻っておりました。

名幹事、お疲れ様でございました。

| | コメント (0)

11月の予定

今月の予定です。宜しくお願い致します。

11月中席新宿末広亭昼の部
トリ・南喬。円蔵、川柳、権太楼、しん平、他
時松12:00上がり 12、13、15、16、出演
一般¥2700(各種割引あり)
03-3351-2974(末広亭)

11/18(木)『起雲閣寄席』
熱海・起雲閣 1500円 開演14:00  
出演: 林家たけ平、柳家さん若 /三遊亭時松
熱海・起雲閣音楽サロン
問合:090-1802-7091 佐藤

11/26(金) 『文七men3』 
浅草・茶や文七(喫茶店) 19:00開場 19:30開演 
予約¥1800 当日¥2000(ワンドリンク付き)
柳亭市楽 柳家小太郎 /三遊亭時松 
茶や文七 東京都台東区浅草1-21-5 エリカビル2階 03-6231-6711
毎月第四金曜日の夜開催、三人で頑張るレギュラーの会です。

11/27(土) 『らくご温泉』
池上・久松温泉 10:30開場 11:00開演 ¥1500(入浴可)
月の家鏡太、春風亭正太郎 /三遊亭時松
時松 03-3771-3727(留守電の場合お名前と連絡先をお残し下さい)
2階大広間で寛ぎながら落語を聞いた後は自慢の黒湯で汗を流して下さい。

11/27(土) トキマツチャージ
神保町 らくごカフェ 
開場18:00 開演19:00
予約¥1800 当日¥2000
時松「天狗裁き」他一席
三遊亭金兵衛 柳家わさび
問い合わせ 
akugocafe@hotmail.co.jp 
      03-6268-9818 らくごカフェ

| | コメント (0)

大豊作

大豊作

我が東京農業大学落語研究会創立45周年記念『大豊作落語会』お陰様で大盛況の内に終える事ができました。創設期の大先輩から最近卒業した後輩までその参加人数と年齢層が歴史の深さを物語っております。

落語会の後はOB、OGでの懇親会。久し振りに旧交を温めて参りました。次は50周年、半世紀の歴史を刻む大きなイベントです。

写真は前日お世話になった箕輪亭の先輩から差し入れ頂いたお酒一升。ご満悦でございます。

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »