« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

摩周湖 屈斜路湖

069

「お前よぉ、どうせ通るんだったら摩周湖いいぞ摩周湖。」

と、師匠に教えて頂きまして時間に縛りの無いぶらり途中下車の旅、途中駅摩周で降りてみました。

が、

バスが来るのが2時間後。それに乗ろうとすると乗りたい帰りの汽車が同じ頃摩周駅を出てしまいます。うーん、テレビみたいにタイミング良く行かない・・・。摩周湖はカルデラ湖の為山の上、車でも数十分掛かります。

・・・歩けない。

時刻表を捲りながら何か良い考えはないかと探っていると、観光案内所のお姉さんが、10分後に来る今来た方向の川湯温泉行きに乗れば其処から出るバスに乗って摩周湖どころか屈斜路湖も行けますよとなんてナイスなアドバイス。

いま屈斜路町では観光実験をしていてモデルルートを一筆書きのように回れる様にバスダイヤと汽車時刻をリンクさせているそうです。なのでただ乗っているだけで方々見物ができる!しかもたった¥1000で2日有効のパスが出ているというから驚かずにはいられません。 

092

生活廃油を燃料に走るこれまた実験中のエコバス。
給油口にサラダ油を注いでも走りません。

074

活火山地帯なので地下活動も活発。温泉も多く湧き出ます。

078

屈斜路湖湖畔の砂湯。何故砂湯かというと

080

足元を5cmも掘ると

081

な、なんとお湯が湧き出します。手を突っ込んだら確かに熱いお湯が!

082

ただ砂が脆いので深く掘ろうとすればするほど脇から砂が崩れて掘った分を埋めて行きます。なので多分頑張って掘り進んでも面積はあるが深さの無い露天風呂が出来上がるのだと思います。

083

此処に顔をあてがってどうしようと言うのでしょう。

086

バスは観光スポットで約20分位停まってくれます。フリーパスなので降りたって大丈夫!砂湯の少し先に露天風呂があるとの情報を得て、乗ったバスが折り帰してくる間束の間の温泉に浸かる事にしました。与えられた時間は約50分、逃すと後が無いので気が気ではありません。

お風呂すぐ脇の小さなドレッシングルームのような更衣室で素っ裸になりまして、ドボーン。

085

湖面と温泉の境目がとても近い!壁や柵も無いので開放的!

084

ビバ、北海道!

まぁ腰くらいの高さの生垣はあったのですが、その向こうの芝生で夫婦と子供と3人が寝転んで家族の絆を確かめ合っておりました。

奥さんの方は何だか気まずそうに見えましたが、あたしゃ驚かない。

087

一応混浴らしいです。大きな岩がありますがその向こうは繋がっております。

野郎が浸かってる所に入る度胸のある人いるのかねぇ?

100

再びバスに乗り今度は摩周湖。

096

幸か不幸か霧は出ておりませんでした。
みんな摩周湖と書かれた看板の前で写真を撮りたがります。順番待ってまで。

095

神秘的ではあります。湖畔が何処も切立った崖なので観光で下りる事はできません。それが良いのかも知れませんね。人の手が入らないのが。

101

登山道があって摩周湖に面した山に登ることも出来るそうなのですが、無論ちゃんとした装備が必要ですし、ヒグマが出そうで怖いです。
奇麗な物は遠くで眺めてる方がよござんす。

102

ハァ~~~・・・。

097

美しい物を見た後はお腹が減ります。売店で鹿豚フランク?発見。

098

脂もノリノリでジューシー&スパイシー。

ビールが合いそうなご当地グルメでございました。

| | コメント (0)

根室本線

106

雨の釧路駅

108

朝の5:55。根室本線の始発は快速はなさきから。

今日の目的は花咲港傍にある歴史民族資料館に行って日本百名城の日本最北端、スタンプナンバー1番の根室チャシ群のスタンプを押す事。この為に早起きをしたのであります。思えば度々根室を訪れる機会はあったものの、チャシ群の数およそ30、根室半島北側に集まっているそうで、一体何処のチャシ跡にあるのやらサッパリ分からずにいたのですが、まさか全く関係ない花咲港の資料館とは気が付かなかった・・・。

最寄り駅は花咲。

快速はなさきと謳いながらも花咲は軽ーく飛ばします。
根室に着いて折り返しの各駅で花咲に下りようと考えたのですが各駅なのに花咲を通過します。

花咲にも停まってやれよ!

105

途中駅厚岸。牡蠣で有名な町です。
109

駅にあった顔はめパネル。

何て言うんでしょう、

北海道の人というのは、

そのー、あれですね、

変な物に人の顔を嵌めさせたがりますね。

112

車窓から見た鉛色の海と空。物悲しいような不安になるような、こんな色の風景も北海道らしいと私は思います。

116

NEMURO!YES!YES!

でも日本最東端の駅は東根室!YES!

117    

これなら解る。

| | コメント (0)

花咲港

言い忘れましたが、根室本線の愛称は 『花咲線』 らしいです。

・・・可哀相な花咲。

135_3

駅前のバスターミナルから割りと頻繁に花咲港行きが出ていたので、早速乗車して花咲港へ。

標識にロシア語。海産物の水揚げで関わりが深いのでしょう。

120_3

花咲港は工事中。漁船も沢山停泊しております。

119_3

返せ!北方領土!的なスローガンがいろんな国の言葉で書いてありました。

122

漁港傍の食堂が朝早いにも拘らずやっていたので入ると

「今はね、豚丼か蟹中華しか出来ないよ」

と言われまして、ここまで来て豚丼を頼むようなとんちきはおりませんから、迷わず「蟹中華」とコール!

カウンターでテレビを何気無く見ていましたが、向こう側で何を炒めるでもなく、煮るでもなく、奥の方から二度ほど

「ピピピピッ」

と音がして、お待ち遠様と出てきたのがこれ。

蟹は流石に缶詰では無いにしろ予想通りの味でした。

134

やっと辿り着きました!

132

そして押しました!ばんざーーーい!

実物のチャシ跡見てないけどばんざーーーい!

131

帰りの汽車で久し振りに駅弁なんて買ってみる。

129

北に来たなーと思い知らせるイクラと蟹の最強コンビ。

130

飲みましょうよ、折角だから。日本最東端、根室の蔵は北の勝!クラシカルな日本酒の味がしました。

126

汽車のシートの絵柄もシマフクロウとエトピリカ。北海道を去るのが惜しくなりますが、またいつか訪れたいです。

128_2

午後には空も晴れていつもの北海道らしい風景が広がります。

124_2

ありがとうございました。

良い旅をさせて頂きました。

| | コメント (0)

秋が近いです

蝉の声に混じってコウロギが鳴き始めました。こんなに酷い暑さでも季節の移り変わりが分かるんですね。

住吉踊りご来場下さいました皆様、本当にありがとうございました。今年は少し良い所を出番に頂きまして、10日間張り切って浅草に通いました。所作立てという、傘と刀で立ち回りを演じながらかっぽれを踊るのがあるのですが、お客さんで見ていた時に良いなぁと思っていた踊りを正にその舞台で踊る事が出来て何だか未だに夢うつつな感じです。また来年に向けてお稽古に励みますので皆様どうぞ遊びにいらして下さい。

住吉が終わると、秋はあっという間にやってきます。

| | コメント (0)

時松先生

時松先生

落語協会の事務局から
「時松さん、台東区のワークショップに行って頂けますか?」
と電話が来たので、終に落語家人生も終わり、新たな職業探しか?と緊張感が走りましたが、それは「ハローワーク」の間違いだと後で気が付きました。

一般の方に落語を教えるそうです。台東区のイベントの一環として。

前座話を幾つか披露致しまして、それぞれ解説と気をつけている点などの説明を二時間半。・・・長いね、二時間半。世間様に言わせれば普段が短すぎるのだろうけど。十五分だからね。ごめんなさい。

時松先生

こんな感じで実演と解説と。皆さん熱心にメモを取ってらっしゃいました。来月その発表会があるそうです。頑張って覚えて下さいね。

| | コメント (0)

あと5日

あと5日

猫もぐったりするような暑さでございます。

あと5日

早いものでお盆興行住吉踊りも折り返し地点。残りも元気に乗り切るように気勢を挙げるべく中日の打ち上げに浅草の名店『尾張屋』さんへ座員一同でお邪魔しました。こんな所にもスカイツリーが!

あと5日

やはり尾張屋といえば海老天!

お蕎麦にもお酒にも合います。大変美味しゅうございました。
後半も頑張りましょう!

| | コメント (0)

蛇骨湯で髭をあたります

蛇骨湯で髭をあたります

住吉踊りは毎日15:50頃から始まるのですが、勿論事前の準備やら打ち合わせがありますからいつも14:30見当で楽屋入りしております。

高座のない日はゆっくり家を出られますので、少し早く家を出て蛇骨湯に入る時があります。

今更ですが、『天然温泉』ですよ!

蛇骨湯で髭をあたります

昨秋辺りに改装してから中々に良い拵えになりました。嬉しいのはサウナ用の水風呂がとても冷たい事。この季節にはありがたいです。ただでさえダラダラ汗を掻く性質なので、湯に浸かって汗ばんできた肌を水風呂にザブンと入ってキュッと締めます。サッパリとしたまま楽屋入り、たまりません、ハイ。

最近は観光地浅草らしくお客さんもグローバル化が進んでいるようで、洗い場を覗くと世界中の人が蛇骨湯を楽しんでおります。ガイドブックに載ってるんでしょうか?とすれば、編集者は中々渋い趣味をしておりますな。

蛇骨湯で髭をあたります

懐かしいハイシー。子供の頃これの1リットル瓶を買って、空瓶をお店に返しに行って30円貰ったのがもう一昔前になりますか・・・。

蛇骨湯で髭をあたります

当って磨いて本番に臨みます。

住吉踊り20日までやっておりますので皆様遊びにいらして下さい。

| | コメント (0)

住吉始まりました

住吉始まりました

初日は抜けるような青空。まさに夏まっさかりといった所、気持ちの良い青です。

住吉始まりました

観音様の本堂の改修もほぼ終わったようで、屋根を覆っていた囲いも取り除かれて本来の姿に戻っておりました。

住吉始まりました

20日までまだまだ日がありますが、無事に勤め上げて参りたいと思います。遊びにいらして下さいね!沢山笑いをちりばめた楽しい舞台に仕上がっております。

| | コメント (0)

プレ住吉

プレ住吉

私にとっていよいよ夏本番の住吉踊り、全体の流れを確認する通し稽古を行いました。今年は少しだけ出番も増えそうですので浅草の夏の風物詩『住吉踊り』是非皆様浅草演芸ホールにお出で下さい。出演者一同賑々しくお待ち致しております。11日から20日までやっております。

| | コメント (0)

円朝まつり

全生庵の円朝まつりお越し下さいました皆様ありがとうございました。途中で一瞬だけ雨がぱらつき氷屋家業としてはたじろぎましたが、無事に降られる事も無く今年も沢山氷を掻く事ができました。めでたしめでたし、でございます。

円朝まつり

準備は入念に。

円朝まつり

皆様お待ちかねのパフォーマンス。

円朝まつり

皆さんじっと本堂のステージを見つめております。

円朝まつり
円朝まつり
円朝まつり

今年も賑やかに終わりました。

また来年もお楽しみに!

| | コメント (0)

8月の予定

毎日暑くて敵いませんなぁ。今月の予定です。

8月8日(日) 圓朝まつり 2010
谷中全生庵(東京都台東区谷中5の4の7)
東京メトロ千代田線 千駄木駅1番出口 徒歩5分
9:30より17:30分まで 入場無料
金時一門はカキ氷屋さんをやります。是非食べにいらして下さい!
主な催し物・三遊亭圓朝法要・落語協会会員物故者回向・扇子お焚き上げ供養
芸人屋台出店(飲食店あり)・奉納落語会(有料)・ゴミ隊パフォーマンス
主催:社団法人落語協会 03-3833-8563

8月中席(11~20) 納涼住吉踊り
浅草演芸ホール昼の部 開演10:30~終演予定16:30 (大喜利、住吉踊りは15:40頃から)
大人:3000円 学生:2500円 小人:1500円
私は14,15,16の10:30~に高座があります。
問い合わせ 落語協会 03-3833-8563  浅草演芸ホール 03-3841-6545

8/28(土) 寄席 清華亭
開場13:30開演 14:00
木戸銭 前売 500円
会場 中山文化村 清華園  市川市中山4-14-1 047-333-6147
アクセス JR総武線下総中山駅徒歩5分 京成中山駅徒歩2分
三笑亭朝夢、三遊亭時松 各一席
お問い合わせ 市川市文化振興財団 047-379-5111
URL
http://www.tekona.net/ 

| | コメント (0)

暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます

皆様お元気でいらっしゃいますか?酷暑が続きますがくれぐれもお身体大切にお過し下さい。
くたびれたら休むことも大事ですよ。あと麦茶飲みましょう。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »