« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

ブログ人生相談

ブログ人生相談

この蓋の良さが今一つ分かりません。

匿名希望・東京都・34歳・男性

| | コメント (4)

にぎわい座は地下にもホールがあったのか!

にぎわい座は地下にもホールがあったのか!

物臭な性格の私が一番長く続いた習慣が三日坊主のトキマツです。

写真アップするだけして中々書けなくてすみません。処々雑多に用事がありまして後何となく気が乗らなかったりと。無理無理に何かをするとあまり良い結果を招きませんのでそのままそっとしておきました。

言い訳はこの位に。

夜は白酒師匠の会に呼んで頂きまして一席。不覚にもコンタクトを忘れた為に時計が見えず下りて来て確かめたら随分と喋っておりました。白酒師匠ファンのお客様には誠に申し訳ない限りで、反省しております。

地上のにぎわい座も好きですが地下もまた良いですね、何というか密着感があって。

「池袋に似てるよね」

白酒師匠の言葉に激しく同意。

| | コメント (2)

お披露目ラストスパート

お披露目ラストスパート

早いもので寄席四軒の真打昇進披露興行も残す所後わずか。
今日は窓輝師匠のお披露目に。二つ目時分から後輩をとても可愛がって下さる先輩を慕って今日も大勢の二つ目連中がお手伝いに駆けつけていまして楽屋は大変な人、人、人!弾き出される様にロビーで大人しくしておりました・・・。


お披露目ラストスパート

残りあと僅かにはなりましたが5月の半ばは国立演芸場でもお披露目を行うそうで是非皆様こちらも宜しくお出掛け下さい。新真打と一緒に何となく幸せな気分になれますよ。

| | コメント (0)

高知に行きました

高知に行きました

何がありがたいといって趣味と実益が重なる事でしょう。今回は大師匠のお供で今年二度目の高知へ。一泊の後、翌朝に出発までの間を生かし、普段よりちょっと早起きをして束の間のひとり高知観光。まずは高知と言えば此処、『はりまや橋』。

高知に行きました

まぁ所謂一つのブリッジ、ですねぇ。

高知に行きました

そしてフェイマスなサイトシーイングスポットでありまして、サムピーポーがメモリアルシャッターチャンスをフォーカスでポージングしてます。

高知に行きました

まぁ、ひとつのブリッジオーバーザリバーですな。

高知に行きました

これまたレトロな路面電車。博物館に展示してあるのが実際に走っている様な感じ。確かかつての都電を模した車輌と書かれていた様な・・・。模したと言いましても製造年代が私より遥か以前ですから大ベテランの域に達しています。

高知に行きました

此処で下車。

高知に行きました

高知城発見!

| | コメント (0)

高知城

高知城

今年は龍馬伝があったり、歴女?と言う人種が増えたりでお城巡りはいまやメジャーな趣味になりつつありそうです。そんな女性をチラホラ見掛けました。

「龍馬チョーかっこいいんですけどー」
「っていうか一豊マジやばくねぇ?」
「けっこう元親もタイプだったりしてぇ」
「ええー?うっそー?まじウケル!」


高知城

歯を食いしばって我慢して重い足を進めます。子供の頃に出たばかりの信長の野望で興奮しながら遊んでた世代には全く理解が出来ません。ヤバくねーしウケもしねーよ!フーンフーン・・・

高知城

国宝だそうですよ、奥さん。

高知城

別に奥さんの意味はありません。いつもの思い付きです。

子ほめに出てくる「栴檀は双葉より芳しく蛇は寸にしてその気を現す」の栴檀。

高知城

こんな樹形。いろんな植物が寄生なのか共生なのか知りませんが絡まっていてどれが本当の栴檀なのか?色々調べてみましたが。

高知城

どうもこれが栴檀の葉っぱのようです。違ってたらどなたか教えて下さい。
あんまり香らなかったからなー、違うかも知れないなー。


高知城

やっぱりね、お城と言えば石垣ですよ石垣。

高知城

同じ形が二つと無い石をこんなにも美しい曲線にしかもこの高さまで積み上げていくのですからこれはもう芸術ですよ。

歴女は石垣で萌えられるんですかね?どうでもいい事ですが。

| | コメント (0)

高知城

高知城

エッチラオッチラ登って行きますとだいぶ天守閣が大きくなってきました。

高知城

それでも縄張り図を見るとまだまだ・・・。

高知城

そりゃ考えてみりゃ観光地以前に要塞な訳ですからそう簡単に登られても困るという物です。ひたすら石段を登る登る。

高知城

やはりこのですね、角がですね、ピッとこう奇麗に積み上げられている所にですね、日本の建築技術の高さを思わせるのです。

高知城

天晴!

高知城

ようやく肩の高さまで来ました。

| | コメント (0)

高知城

高知城

間近で見るとまた印象も変わってきます。遠くからだと小さく見えた天守も四、五階建て位はありましたか。

高知城

タイミング良く中に入る事が出来ました。特徴的なのは他の城郭だと象徴の天守と実務の本丸は離れている事が多いのですが、此処は天守の真下に居住空間があって実際に住んでいた様です。

高知城

庭もちゃんとあって、その向こう、壁の横長い狭間は高知城独特の物らしいです。

高知城

高知の町並み。こんな感じで風景を眺めながら暮らしてたんですかね?

高知城

もう少し時間があればゆっくりと回りたい所でしたが、またの楽しみに取って置きましょう。

| | コメント (0)

バナナワニ園ではしゃいでみる

バナナワニ園ではしゃいでみる

前々から皆でどこかに行きたいねという話しはあったのです。ですがみんな忙しい身の上、ましてピタリと10人予定が合う訳が無い。それではいつまでたっても動きようが無いので今回日を決めてエイヤーーっと予定の合った人だけで温泉ツアー決行!

決行は良いのだけれど東京を離れる事は決まっても具体的なプランはナッシング。あーでもないこーでもないとどこでもいいんじゃないという激しい議論を戦わせた後『熱川バナナワニ園』に行く事にしました。

バナナワニ園ではしゃいでみる

バナナワニ園と言えば、その昔たけしの元気が出るテレビで島崎俊郎さんがワニのキスマークを取るべく檻の中に入って行き命がけでワニのキスを貰った所として有名な観光地です。私の中で。

そんなお笑いに縁のあるバナナワニ園、早速ワニから色々な教訓を得ることが出来ました。

この世界、どうやったら生き残っていく事が出来るのでしょう?

バナナワニ園ではしゃいでみる

人を踏み台にしてでも頭一つ抜け出せ。

バナナワニ園ではしゃいでみる

あまりにも残酷な野性の現実を目の当たりにした6人は流石にいたたまれなくなって深く傷ついた心を癒すべくレッサーパンダの檻へと向かったのでありました。

キャー、レッサー!こっち向いてぇー!キャーキャー。

こうでもはしゃいでいないと寒くて凍え死んでしまいそうです。

| | コメント (0)

バナナワニ園ではしゃいでみる

熱川地区は急斜面に開けていて恐らく面積的には小さいのでしょうが此処彼処に温泉の噴煙が湧き上がり、当に、THE・温泉場、と言った雰囲気が満載です。その豊富な温泉や地熱を生かした施設なのですが何しろ今年は異常な程寒い冬でとても4月半ばとは思えない気温。まして熱帯地方に故郷のあるワニなぞは温泉に浸かったままちっとも動こうとはしません。これでお酒でもあればワニが羨ましい・・・。

バナナワニ園ではしゃいでみる

バナナワニ園ですから愛想の無いワニの方は諦めてバナナへ。

バナナワニ園ではしゃいでみる

植物の事勉強して下さい。

バナナワニ園ではしゃいでみる

こう見ると、熱帯、と言う感じに見えますです。たわわに実ったバナナ。青いですからまだ渋い事でしょう。

バナナワニ園ではしゃいでみる

太腿?

バナナワニ園ではしゃいでみる

ああぁ、この白くて太い当りがでしょうか・・・。

バナナワニ園ではしゃいでみる

「いい加減にしなさい」

バナナワニ園ではしゃいでみる

お菓子でおなじみのバニラ。

バナナワニ園ではしゃいでみる

こんな形の木なんですね。

| | コメント (0)

バナナワニ園ではしゃいでみる

あの映画会社から苦情が来ないか心配です

バナナワニ園ではしゃいでみる

案外切りどころが違うのかも知れません。

ミッキーマ・うすの木、みたいに。

バナナワニ園ではしゃいでみる

形を見てもねぇ、今ひとつなんでこの名前なのかピンと来ません。

バナナワニ園ではしゃいでみる

他にも色々見所があったのですがとても纏めきれないのでこのくらいで。

バナナソフトクリーム。菊六兄さんにご馳走になりました。寒い時でもソフトは別ですね。ご馳走様です。

バナナワニ園ではしゃいでみる

美味しいー

バナナワニ園ではしゃいでみる

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色は

バナナワニ園ではしゃいでみる

こんな色をしておりました。

| | コメント (0)

お名残惜しゅうございます

お名残惜しゅうございます

今回で終におしまいになります現歌舞伎座での興行。大変な人であります。


お名残惜しゅうございます

この佇まいも見納めです。


お名残惜しゅうございます

お目当ては助六。

これでもかこれでもかとばかりに、端々の一役に至るまで主役を張るような役者さんが出て来てお客さんも大喜び。二度と見られないと思う程豪華絢爛な顔ぶれです。

それにしても勘三郎さんがアドリブを挟むたびに客席がワーーッと盛り上がるのをみてつくづく達者な方なんだなぁと感心をして帰って参りました。

| | コメント (0)

幸福は鯵のたたきの骨せんべい

幸福は鯵のたたきの骨せんべい

何事も居心地の良いお店が好きです。テキパキとそれでいて細々と気を配って下さるようなお店が。簡単そうですがこれが中々・・・。

あるお店で鯵のたたきを頂きまして、活気のある(活気があるのとただ騒々しいのは大きく違います)お店で楽しくお酒を頂いていたのですが、何となくただ何となく

「・・・骨まで食べてしまいたい」

と思った物ですから最前より良くしてくれていたお兄さんに恐る恐る

「これ、骨せんべいに出来ます?」と聞いてみると少し考えて後
「良いですよ」と言う気持ちの良い答え。

捨ててしまう筈の中骨に片栗粉をまぶして油で揚げるただそれだけなのですが十中八九断られるものですからその嬉しさと言ったらありません。お客の希望に応えようとするその気持ちが嬉しいじゃあありませんか。

ありがたく完食致しました。

幸福は鯵のたたきの骨せんべい

そういう何気無い事でも、でくわすと何となく気分が良くなるものです。

何事も商売はお客を不愉快にしてはいけません。自戒も込めて。

| | コメント (0)

オオカミ少年

今週の金曜日のTBSのお昼の番組『ひるおび』のワンコーナー『ヤマモト輪だあ~!』にちょこっと映ります。多分午後1時まわった頃から。浅草散歩の回です。

ふふふ、今度は本当ダヨ。

| | コメント (2)

お付き合いありがとうございます。

お付き合いありがとうございます。

コンニチワ、鈴々舎馬るこです。

お付き合いありがとうございます。

今日は時松兄さんのお花見が流れたので慰めてあげるべく飲み会に誘いました。誘ったと言いながら随分飲みすぎてしまったよ。反省反省。

お付き合いありがとうございます。

僕はね、いつも落語界の未来を真面目に見据えているのですよ。

お付き合いありがとうございます。

そうだよなぁ、花ん謝よぉ
ハァーーン?

| | コメント (0)

俳句と川柳は違うのだよ

俳句と川柳は違うのだよ

今日は雑俳の開き(各々良いと思った句の発表会)でした。
洒落は何度かやりましたが、初めての俳句の寸評。ああ日本の風土で育った文化だなぁと身体で感じます。悪く言うと曖昧だけど良く言えば良い加減というか、何と無くルールはありますが白は白、黒は黒と言い切らない懐の深さがあります。反面助詞一つの使い方にこだわってみたり、言葉のチョイスに気を使う事を覚えます。些細な違いだけど受け止め方や印象が僅かに違ってきちゃうのね。たった17音だけなんですけど。

因みに川柳は割りと客観的な見方で洒落たりしても良いけど、俳句は主観的で見たまま感じたまま感動を伝えるような句が良いそうです。フーン、なるほどなるほど・・・。

終了後一座でお誘い頂いて宗匠を囲んでの宴。言葉や物事の縁故由来について知らない事を一杯教わりました。知るは楽しみなりとは良く言ったものです。

某兄さんの
「ズワイガニくれるお旦はいいお旦」
好きだなぁ。万能句ですね。
昔「〇〇や根岸の里の侘び住まい」と言うのがありまして、〇〇になんでも当て嵌められる素晴らしい句があるのですが匹敵すると思います。
「ご祝儀をくれるお旦はいいお旦」
「たけのこをくれるお旦はいいお旦」
「初鰹くれるお旦はいいお旦」
「松茸をくれるお旦はいいお旦」
「缶ジュースくれるお旦はいいお旦」
「パンの耳くれるお旦はいいお旦」

何でも出来ます。

なんでズワイガニ?と皆で聞いたら冬の季語だそうです。

俳句ですから。
季語、気を使ってるみたいです。

| | コメント (2)

さくらさくら

さくらさくら

大森さくらフェスティバル!

昨年から始まったイベントでございます。

さくらさくら

丁度見ごろの満開の桜。
お天気がイマイチなのが残念。例年より寒いしね。

さくらさくら

野外ステージでお昼過ぎとお八つ過ぎの2ステージ。イベント開始前にマイクテストをしている目の前に何故か飾られた生け花。

さくらさくら

そして高座脇でクルクルと回る水車。
特にこれと言った意味は無いそうです。

さくらさくら

野外なので大分声を張ってお喋りしました。そりゃーもう大変な力みっぷりです。

大森近辺の飲食店の方々が力を合わせて行ったお祭、来年も陽気の良い時に沢山人が集まって賑やかにできると良いですね。

終わって後携帯の留守電にとある方から大塚のさくら水産で飲んでいますのでご一緒に如何ですか?とのお誘い。二つ返事で合流決定!

ある意味こちらは『大塚さくらフェスティバル』になりました。

志ん八さん、長いよ!

| | コメント (0)

4月の予定

地元大森でのイベントに出演致します。

『大森さくらフェスティバル』
4/4(日)朝11時から17時頃まで桜満開の中で野外ステージで色々な出し物がありましてその中で落語を二席、お昼頃と午後二時頃にお喋りを致します。楽しいお花見イベント、入場料はありませんのでお散歩がてらお花見にお立ち寄り下さいませ。出店でお酒や食べ物も販売しております。
場所は大森駅を出て線路沿いに蒲田方面へ歩いた蒸気機関車のある公園の目の前のスペースです。桜が沢山植わっています。

4/14日(日)上石神井駅前寄席
開場14時 開演14時半
木戸銭1500円(当日のみ)
居酒屋 和(かず)
練馬区上石神井4-2-3 03-3929-2619
西武新宿線上石神井駅北口を出て城北信金左折してすぐ。徒歩約5分。
立川談修 三遊亭時松 (二席ずつ)
お問い合わせ 松田さん 080-6728-0034

4/ 18日 (日) 第13回 Kinto Kids
開場:13時半 開演:14時 料金:2000円
神保町らくごカフェ
三遊亭金翔 三遊亭時松 各二席
ご予約はらくごカフェまで 
rakugocafe@hotmail.co.jp 
03-6268-9818(日・祝除く11時~18時まで)

4/27(火) 白酒ばなし 桃月庵白酒独演会
18:45開場 19:15開演
横浜にぎわい座 のげシャーレ  

〒231-0064 
横浜市中区野毛町3丁目110番1号
TEL: 045-231-2525 FAX: 045-231-4545
当日2500円(前売り完売)
※未就学児の入場不可
桃月庵白酒、三遊亭時松、他

宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »