« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

大掃除

決して怪しい者じゃあございません。

大掃除

でもこの形は飛行機には乗れないね。

師匠宅の大掃除。掃いたり拭いたり磨いたりするだけで随分と空間の雰囲気も変わるものです。

大掃除

今日一番の大仕事。フローリングのワックス掛け。

見よ!この輝き!

| | コメント (0)

抜弁天

抜弁天

噺家は住んでいる場所で誰かを指す事があります。志ん生師匠なら日暮里、彦六師匠なら稲荷町、先代文楽師匠なら黒門町等々。それは現在も同じで大師匠金馬は抜弁天と呼ばれる事があります。

その語源の弁天様がこちら。

抜弁天

今日は大師匠宅の大掃除。若い者が集まりましてあれやこれやと普段手の回らない場所を一所懸命に奇麗にします。

少し早く着きすぎたのでお参りに。

抜弁天

賽銭箱に刻まれた紋が金時一門と同じ丸に三つ鱗、縁を感じます。

抜弁天

小さな境内ですが池があって鯉が泳ぎます。

抜弁天

お飾りの店も出て徐々にお正月ムードが高まって参ります。

| | コメント (0)

一年の納め

一年の納め

帝国ホテルにて落語協会の納めの寄り合いに参加。

早いものでもう暮が直ぐそこまで来ています。

一年の納め

隣の席だった春風亭朝也兄さん。その向こうに朝也兄さんの兄弟子の春風亭一之輔兄さん。お酒も少し入りつつお食事も美味しく頂きました。

一年の納め

クロークの札がぞろ目だったので何となく写してみる。

良い事があるといいですなぁ・・・。

| | コメント (0)

仕事納め

池袋演芸場夜の部特選会。今日は一門の先輩金兵衛兄さんの独演会にお邪魔して一席。満員のお客様で大変陽気で賑やかな会でした。ゲストは野球のお付き合いがあるとかで青空うれし先生とイエス玉川師匠。普段の寄席にはお出にならないお二方の高座を直ぐ脇で勉強できるのは寄席芸人特権として嬉しい事です。

楽屋に金兵衛兄さんを訪ねて下さったお客様が「時松さん、いつもブログ見てます」と声を掛けて下さいました。

人畜無害な垂れ流しブログに熱心にお付き合い頂いているかと思うと、赤面の顔を赤くしてしまいます。すいませんねぇ、本当に・・・。

| | コメント (0)

勉強させて頂きます

二つ目勉強会

池袋演芸場で月一催される二つ目勉強会に出て参りました。二つ目5人がネタ出しで、客席で師匠方がそれを聞いて後で批評して下さるという貴重な場です。

二つ目勉強会

楽屋内もいつもとはまた違った緊張感。

二つ目勉強会

出演者の歌太郎さん。出番前でやや緊張気味なピース。

二つ目勉強会

やはり直前はいつもドキドキします。

終演後いろんな貴重なご意見を頂戴致しました。客観的なお話しに目から鱗の勉強会、ありがたい事だと思います。

| | コメント (0)

今日は早朝寄席

早朝寄席

ご来場下さった皆様ありがとうございました。

大分早朝寄席も定着をして来た様で160名様でした。常連の方も初めての方も来年もどうぞご贔屓に。

あ!来週もあります。

落語の季節感を大切にしたいのでなるべく冬には冬の噺をしたいのですが、お客様にしてみたら「またかよ!」になり兼ねません。悪いなぁとも思うのですがちょっとだけご辛抱下さい。
そのうち春になりますので。

早朝寄席

差し入れで頂いた京都のお土産。

早朝寄席

さすが京都。雅どすなぁ。

| | コメント (0)

あゝ、国鉄特急車輌。

すいません、ちょっと電車系アクセス数増やしてきますがお付き合い下さい。

ああ、国鉄車輪

本来の目的は489系に単純に乗りたい!と言う所から始まりました。

なにしろ私の生まれる前から特急車両としてバリバリ走っている電車が普通乗車券で¥500払うだけで1時間乗ってられるのですから嬉しいじゃありませんか!しかも普通席も指定席もグリーン車も分け隔てなく早い者勝ちで。夢のようであります。古河に行く理由などないのです。単純に乗るだけの為の電車旅。
『ホームライナー古河』バンザーイ!


ああ、国鉄車輪

この列車の凄い所は今は断線してしまいましたが横川~軽井沢間の急勾配を登れるように改造してある所だそうです。機関車をくっつけられるように本来の形と違って正面に連結器が見えます。恐らく平地を走る同型の列車より足腰が強いと思われます。調べてないから分かりませんけど。

それにしても貫禄のあるいい形です。

ああ、国鉄車輪

急行としてあるのは快速運転で古河まで行った後また上野に帰ってきて今度は夜行急行『能登』として上越線回りで金沢まで走るからです。高齢なのにご苦労なことです。

ああ、国鉄車輪

早速撮影に掛かる駒次さん。

ああ、国鉄車輪

撮影のポイントがよく分からないんですけどひたすら熱心に撮り捲くります。

ああ、国鉄車輪

そして何かをまた記録。

ああ、国鉄車輪

いいデザインは年が経っても落ち着きます。特急乗ったーって実感が湧いて何か充実感が有りますね。最近のはどうも薄い感じでイケマセン。

古河まであっという間の1時間!イヤー満足満足。

そして同じ時間をかけて上野へ。

ああ、国鉄車輪

この笑顔が今回の旅の全てを物語っております。

| | コメント (0)

古今亭駒次と行く各駅停車の旅

古今亭駒次と行く各駅停車の旅

「ホームライナー古河がボンネット型の特急車両489系で走ってるみたいなんだよね、乗りに行かない?」

と彼を誘ったのが始まりでした。思えばTENブログにも露出の少ない彼をこの機会に全面的に押し出したい!そんな思惑もあって、今回は自分はさて置き彼の動向をいっぱい撮る事にテーマを決めました。

ファンの皆様大変お待ちどう様でした。ご存知、電車大好き古今亭駒次さんです。今回は彼との二人旅。本来の目的は21:03上野発の電車に乗ること。なのに集合が朝の7:15。14時間に渡る長ーーーーーーーーーーーーい繋ぎの始まりです。

古今亭駒次と行く各駅停車の旅

早速何か気が付いた事を書き留める駒次さん。

古今亭駒次と行く各駅停車の旅

そして食べる。

古今亭駒次と行く各駅停車の旅

そして何かを撮る。

今回の旅も楽しくなりそう。。。

| | コメント (0)

毎度の18きっぷ

毎度の18きっぷ

時間を繋ぐにも繋ぎ方がありますよ。どっか行けばいいってもんじゃあありません。特に今回に限って言えばやはりテーマは電車、でしょうか?やや気を使い気味に見えますが結構嫌いじゃないのでアリです。

横川に鉄道文化むらと言うテーマパークと言うか車両展示施設があるので駒次さんに打診した所即決で一路上州路を行きます。

いい天気!妙義山もクッキリ!

毎度の18きっぷ

毎度の事ながらこの断絶した風景が悲しいですね。ターミナルでしたからね。どんな列車も必ず停まって機関車を付け替えて登ったり降りたり。それが今ではこの姿。

毎度の18きっぷ

一先ず降りて歩いてみると水溜りに氷が張ってました。寒いはずだわ。

毎度の18きっぷ

直ぐ下の道路沿いのドライブイン。釜めしの荻野屋がやっていまして中々オサレで奇麗な店舗。営業も朝からやっていてご飯を食べるのに助かりました。

毎度の18きっぷ

入り口で群馬大使がお出迎え。

ビバ!群馬!ビバ!おもいっきり、DON!

毎度の18きっぷ

釜めしも詰めたてなのか温かく大変美味しく頂きました。サイドメニューでなめこ汁も付けちゃいましょう!

毎度の18きっぷ

こんな顔してますが「美味しい」と言ってました。

| | コメント (0)

あさま

あさま

乗った事はありませんでしたが信越本線は好きでした。朝一番で上野を経てば10:00頃には長野に着けましたから。九時過ぎに上田で乗り換えて別所温泉に行って朝の温泉に浸かるのが堪らなかったですね。今となっては昔の話になりますが。それにしても凛々しいお姿。L特急あさま号です。

あさま

本来軽井沢を目指して伸びていた線路上に鉄道文化むらはあります。


あさま

いい顔ですな。

あさま

やはり長野を目指して欲しいです。頑張って峠を越えてもらいたい。

あさま

二人して「おーー!」と感心したのは運転台に上がれるのが分かったから。展示施設としてはあまり人を立ち入れたくない場所ですよね。それがこの高さで見られるとは「おーー!」

あさま

ま、お約束で。

あさま

碓氷峠のシェルパEF63型機関車。この機関車の力走あったからこそ列車の急勾配の上り下りが可能だったのです。

あさま

これまた良く当時の様子をそのままに留めております。

あさま

古今亭駒次大興奮!!

| | コメント (0)

つわもの共が夢の跡

鉄道文化むら

あさまと機関庫内をくまなく見学しお腹いっぱいに帰りかけたその時、駒次さんがある事に気付きました。

「兄さん、この後ろにも何かありますよ」

鉄道文化むら

大事な所を見落とすところでした。何と機関庫の後ろには沢山の機関車、客車が展示してあったのです。珍しい見たことも無いものから往年の名車まで。

碓氷峠越えの線路を一部残してここでは先程のEF63を試運転させ続けております。一般の方でも講習を受けてテストに合格すると機関車を運転する資格が与えられます。ただし本物なのでそれなりに内容も厳しく費用も掛かるようです。その日行ってその日に運転は出来ません。

あさま色の189系の後ろにかつての信越本線の峠越えの坂道が僅かに残りここを走らせているようです。今一度横川と軽井沢を結びたいと願う人達も多いようで、その望みを繋げる為の努力と見ました。たとえ僅かな距離でも走らせ続けてもらいたいものです。

鉄道文化むら

駒次ポイントだった機関車のツーショット。このステンレスボディーが良いと帰り道に感想を漏らしていました。何しろ潮で錆びない様に関門トンネル専用に作られた機関車なので門司と下関まで行かないと見られなかった物が目の前にあるんですから彼の興奮っぷりも分かる気がします。

鉄道文化むら

展示してあって唯一中に入れたお座敷列車。バブリーな香りがプンプンします。

鉄道文化むら

この欄間なんかいかにも取って付けた風でイイ感じです。

バブリーだなー。

鉄道文化むら

こちら有名な蒸気機関車デゴイチことD51。

鉄道文化むら

結構モッサリした体でした。

鉄道文化むら

ちょっと分かりにくいですが他にもいっぱい停まっているのです。

| | コメント (0)

峠越え 横川~軽井沢

軽井沢

折角だから昔を偲んで峠を越えようじゃあないかと思いましてバスで30分掛けて軽井沢まで。やはり何と言いますか、味気ないです。

軽井沢

目の前のスキー場は雪を被っておりました。おー、サブぅ。

軽井沢

車内が退屈になったら雑俳。気が紛れます。

軽井沢

そして駒次さんはまた何かを記録。

軽井沢

しなの鉄道。頑張って続いて欲しいなぁ。

軽井沢

寒いわけだわお昼で3℃。さすが軽井沢。

| | コメント (0)

高原列車、小海線

小海線

まだまだ時間もあったので相談すると、小海線に乗りたいとのたっての希望なので八ヶ岳山麓を突っ切ります。

小海線

小諸で乗り換え。何かを撮っています。・・・何かを。

小海線

沢山制服を着た学生が乗ってましたけど言葉に変化が無かったのであまり面白くありませんでした。もっとね、地方色をガンガン出していって欲しいです。お国言葉は大事ですよ、日本語の豊かさとして。

小海線

天気に恵まれて大変に清々しい旅です。若干雲に覆われておりますが浅間山遠影。雪を被って冬の姿。

小海線

やはり小海線の名所として外せないのが野辺山、JR 最高標高地点でしょう。今回は時間が無いので降りませんでしたが是非とも歩いていってみたい所であります。仕方が無いので車内からその瞬間を狙います。

小海線

今回のベストショット!あの石碑が最高地点の標。よくブレずに撮れました。

小海線

何しろ標高の高い駅ベストテンの内九つまでが小海線。まさに高原列車。

小海線

ほらね。後ひとつも中央本線。長野は高い、と言う事ですな。

小海線

終点小淵沢間際に見た富士山。遠近感が出せないのが残念ですがとても奇麗に見えました。実際はもっと大きく見えたんですけどね。

| | コメント (0)

中央本線で内緒の酒盛り

中央本線

あれっきり何も口にしていなかったので遅い昼食を。小淵沢の一番人気『元気甲斐』が売り切れだったので仕方なくその代用で『うまい甲斐』を食する古今亭駒次さん、30歳。

中央本線

最近編み出したトキマツシークレットつまみ。

『駅そば天ぬきW』

地方の駅のホーム立ち食い蕎麦やで車内持込カップのある所、おばちゃんに哀れな目をしてよーくお願いするとしぶしぶ作ってくれます。どこのそば屋で頼んでも必ず付け加わる一言

「本当はダメなのよ」

そりゃそうだ。蕎麦食べないんだもん。ごめんね、おばちゃん。お汁をひたひたに入れてもらって葱までねだれば完成!天婦羅は二枚入れた方が良いですよ。個人的な感想ですけど。

中央本線

お酒も進みます。

中央本線

多分八ヶ岳、を撮ったはず。大分日も暮れて参りました。一日は早いなぁ。

中央本線

甲府の夜は寒い。

中央本線

さぁ、今日のメインイベント489系に乗る為に一路東京へと急ぐ一行。

甲府盆地、石和温泉郷の街灯りが幻想的で奇麗でした。

→→→あゝ、国鉄特急車輌。へと続く・・・。

| | コメント (0)

真冬の一大行事

真冬の一大行事

お正月を迎えるその前に済ませておかなければいけない大切な行事、それがお歳暮。普段からお世話になっている師匠方に暮れのご挨拶に伺います。伺うのです。送るのではありません。伺います。アポ無しで。

手渡しでご挨拶がしきたりなのでお宅にいらっしゃる時間に効率よく回れる様東京をドキドキしながら歩き回ります。幸い今回は一日で回り切る事が出来ました。不在の場合・・・いらっしゃりそうな日に出直します。まだ私はありませんが。人によってはそういった方が大勢いらっしゃると何日かに分けて回るそうです。雨なんか降り出すとホントに困りますね。手荷物いっぱいですから。

まさに一大行事!

東京を乗ったり降りたりに便利な都区内パス。愛用しております。

真冬の一大行事

小三治師匠のお宅へは伺ってませんが、独演会でお世話になっているポレポレ坐にもご挨拶へ。師匠の映画年明け再上映だそうです。見逃した方この機会に是非ポレポレ坐へお出で下さい。

真冬の一大行事

硬派な社会的ドキュメント映画がよく掛かる映画館なのでなかなかロングランは珍しいのですが、評判が良かったのでしょうね。リピーターの方も多いと聞きます。

| | コメント (0)

散歩の達人

散歩の達人

あの雑誌とは全く関係はありませんが、以前に参加した事のある東京遊学散歩の忘年会をらくごカフェで行いました。一部参加者は忘年会が夕方からあるのが分かってるのに昼間に神保町散歩をちゃんと行って勉強して後に打ち上げ兼ねて忘年会に望むという、そのバイタリティーに頭が下がります。

私の一席、お喋りを交えて抽選会や宝引き等大変に楽しい会となりました。ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

散歩の達人

カフェもいつもとは違った雰囲気。こんなカフェも良いですね。

| | コメント (0)

池袋には何気に銭湯が多い

桃仙浴場

そしてその後池袋に移動。出番前のひとっ風呂。池袋警察署のそばに有ります桃仙浴場へ。最近は同じお風呂屋さんに行く事が多くて中々スタンプも停滞気味だったのですが少し増やそうと池袋界隈を探してみると割と多く残っておりますね、喜ばしい事です。

鉄分の多い地下水を沸かしているようで、透明な浴槽も有りますが、粘土を溶かしたような黄土色のお湯で温泉と同じ様な効果もあるとか。ジンワリ熱い大変結構なお湯でした。今月の銭湯のフリーペーパー『1010』に記事が載っているようです。参考にご一読を。

池袋も明日が最終日。寄席は勉強の場且つ反省の場なんですなぁ。あまりいろんな事をやろうとして上手く行かない様なので明日は基本に立ち返ろうと思います。

| | コメント (0)

ゼロの焦点

ゼロの焦点

見て参りました『ゼロの焦点』。最近映画も行ってなかったもので、チラシを見て隙を見ていつか!と思っておりました。昭和のまだゴタゴタしていた時代の陰鬱さと感情の縺れが不幸の連鎖を引き起こしてゆくやるせなさと、清張観をジンワリ感じる映画でした。途中気が逸れる事も無く良い作品だったのですが、真後ろの分別無い中年男子がクライマックスシーンのそれも無音の場面でレジ袋をガサガサガサガサガサガサガサガサガサガサ、ガサッ?ガサガサガサッ?・・・・ガサガサガサガサガサ!ガサッ。と喧しいのでどこの子だッ!痛い目に合わすぞ!ハーーッ!(拳骨に息を吹き掛けている音)と言う感情を込めて二度ほど睨んでやりました。気を付けたいものです、大人として。

広末さんは良い女優になりましたね。私らの思春期時代はアイドルでしたから、学校の友達の部屋には彼女のポスターが貼ってあったりして、その頃の面影を思うとアイドルから役者に見事に脱皮したと思います。あんまりスクリーンに不幸顔のアップが続くので何とかしてあげたくなります。・・・知名度も経済力も比べ物にならないのを承知で。

大切なのはね、気持ちなんですよ気持ち!

| | コメント (0)

打ち合わせ・3

打ち合わせ

「打ち合わせ あゝ打ち合わせ 打ち合わせ」

どうも。諸国行脚の放浪打ち合わせ師の松尾打ち合わせです。

今日は黒門亭会議で打ち合わせ。来春正月興行の顔付け、早いものでもうひと月も無いんですね。

そういえば朝晩大分冷え込むようになりました。打ち合わせには良い季節です。

| | コメント (0)

打ち合わせ・2

打ち合わせ・2

「打ち合わせの打ち合わせによる打ち合わせの為の打ち合わせ」

事業仕訳けの打ち合わせに参加したい打ち合わせ担当大臣候補のトキマツでございます。

二件目は来年の東京かわら版の新春号のかわら版クイズの問題作成のお手伝いに。私の他にも数名の同業者の方が集まりましたがヒントになるといけないので名前は伏せて置きましょう。

打ち合わせ・2

基本的には今年発売されたかわら版の中からの出題なのでみんなでバックナンバーを捲っては終始和やかに、そしていつもの如く話も脱線気味に盛り上がって、でもそこからまた新しいアイディアが出て、沢山の難問奇問珍問が出来ました。それ以外にも落語の知識を総動員して裏の裏を掻く、思わず感心するようなのも散りばめております。さぁどこまで解けますか?マニアの方もそうでない方もお楽しみ頂ける事と思います。待て!新春号!

| | コメント (0)

打ち合わせ・1

打ち合わせ・1

「天は人の上に打ち合わせを作らず。打ち合わせの下に打ち合わせを作らず」

三度の飯より打ち合わせ好きのトキマツでございます。今日は絶好の打ち合わせ日和、何しろ掛け持ちで打ち合わせ。テンション↑↑↑

先ずは来週の日曜日にらくごカフェで開かれるイベントの打ち合わせ。残念ながらオープンではない集まりなのでご案内は出来ないのですが、流れと会食の段取りをバッチリ打ち合わせて参りました。

楽しい会にしたいものです。

「打ち合わせは計画的に」 思わず出たフレーズに青木さんと爆笑。どんだけ好きだ?打ち合わせ。

| | コメント (0)

雨の深夜寄席

雨の深夜寄席

冷たい雨の中170を越えるお客様でありがとうございました。初めての方もそうでない方も面白がってまたお出で頂けると張り合いも出てありがたい限りです。

張り切り過ぎて朝起きたら太腿が筋肉痛でした。運動不足ですかなぁ…

| | コメント (2)

今年もお世話になりました

時松歳時記ご来場頂きました皆様ありがとうございました。

今回はいつもの開催のペースより半月ばかり繰り上げての実施でしたので中々難産でしたが、何とか無事に終える事ができてホッとしております。

やはり金曜日の夜というのは世間一般の方はお忙しいようで、世話役の方とお話ししまして来年は開催曜日を日曜の夜にしようかと検討しています。今年変えたばかりなのに定まらなくてすみません。

また来年も年4回頑張りますので皆様どうぞ宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

12月の予定

今月の予定・・・忘れておりました。
いつもよりザックリとで申し訳ありません。

池袋演芸場・夜の部、開演17:00(昼夜入れ替えなし)
時松17:00上がり12/8、9、10出演
トリ・金馬/円丈、権太楼、正楽、のいるこいる他
一般¥2500学生¥2000全席当日自由

12/4(金) 時松歳時記
12/5(土) 末広亭深夜寄席 21:15開場 21:30開演
       新宿末広亭 ¥500
       入船亭扇里 古今亭志ん公 三遊亭時松         古今亭ちよりん
12/6(日) 黒門亭1部 11:30開場 12:00開演
       御徒町・落語協会2階
       ¥1000 柳亭左楽「富久」太田家元九郎         柳家甚語楼 三遊亭時松 
12/19(土)大田文化の森季節寄席 
       14:30開場 15:00開演
       大森、大田文化の森 ¥500 
       桂三木男 柳家わさび 鏡味仙花 
       鈴々舎やえ馬 三遊亭時松
問い合わせ 文化の森協議会 03-3772-0700
12/20(日)鈴本早朝寄席 9:30開場 10:00開演
       上野鈴本演芸場¥500 
       柳家小権太 入船亭遊一 三遊亭時松 
       柳亭市楽
12/22(火)二つ目勉強会 17:30開場 18:00開演
      池袋演芸場 ¥1000 
             「ルチャリブレ」柳家初花 
      「駒長」五街道 弥助 
      「藪入り」春風亭 一之輔  
          お仲入り
      「大安売り」三遊亭 歌太郎 
      「ふぐ鍋」三遊亭 時松(出番順)
12/24(木) 第46回 三遊亭金兵衛の会  池袋演芸場
      前売2000円 当日2500円
             開場17:30開演18:00  
      三遊亭金兵衛「富久」他一席
      ゲスト 青空うれし イエス玉川 三遊亭時松
      問い合わせ 三遊亭金兵衛 090-3522‐9171

問い合わせ先、特記無き場合は全て落語協会 03-3833-8563です
宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

正装

正装

今日から池袋演芸場夜席、大師匠の興行が始まりました。私の出番は8、9、10日の17:00です。お暇がございましたら是非どうぞ!

大体初日は師匠と大師匠の鞄を預かりまして楽屋入りします。両肩に歴史の重みを感じております。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »