« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

落研ですが、なにか?

落研ですが、なにか?

今から約十年前に長野県の戸倉上山田温泉で全国の落研(農大はオチケンと呼んでいましたがラッケンと呼ぶ所もあるそうです)が集まって一番を決める大会がありました。私も出たのですがその中から噺家になった人が何人かおりましてその同窓会のような落語会。

落研ですが、なにか?

丸で囲んでおりますが上から現わさびさん、真ん中左が私、右が朝也兄さん、下がぼたん姉さん。当時雑誌に載ったのをぼたん姉さんが大切に取っておいてくれました、いやいや懐かしい。

仲入りの休憩前ににトークタイムを設けまして四人が高座に上がって落研時代の色々な話をパーパー喋る喋る!大変盛り上がった楽しい会が出来ました。

落研ですが、なにか?

そして十年後の再会。

| | コメント (2)

雷牙が大森にやってくる!

こないだのしたコメは結構ニュースで流れた様ですね。いろんな方からテレビを見たとの報告を頂きました。ありがたいこってござんす。

さて、10月3日(土)キネカ大森にて雷牙上映開始です。家が近いので、初日お手伝い兼ねてご挨拶に行きます、などと監督にお伝えしていたのですが映画館のスケジュールを見てビックリ!私の他にも主要キャストの方がいっぱいいらっしゃるじゃーありませんか!!

そんな訳でびっしと気を引き締めて
10/3(土) 18:20(予定) 舞台挨拶
10/10(土) 19:10(予定) トークショー

にお邪魔します。皆様どうぞ遊びにいらして下さい。上手く会話に乗って行ける様に頑張ります、今度こそ。

深海獣雷牙
雷牙ブログ

キネカ大森

| | コメント (0)

DVDを出します

林家たけ平兄さんと鈴々舎馬るこさんとわたしの落語が一席ずつ入ったDVDをこの冬発売致します。その収録の会のご案内です。

DVD収録落語会
第一回「落語いいトコ撮り!」
11月1日(日)


会場・らくごカフェ
千代田区神保町2-3
神田古書センター5F

予約・問い合わせ
03-6268-9818

rakugocafe@hotmail.co.jp

第1部
「林家たけ平・三遊亭時松二人会」
12時開場 12時30分開演
1500円(30名限定)

第2部
「三遊亭時松・鈴々舎馬るこ二人会」
15時30分開場 16時開演
1500円(30名限定)

第3部
「林家たけ平・鈴々舎馬るこ二人会」
19時開場 19時30分開演
1500円(30名限定)

四席収録致しまして観賞に堪えうる物を一つ選んで世に出そうじゃないかと話が纏まっております。なのでどれがDVDになるかは後のお楽しみ!

そしてその発売記念落語会が来たる翌年

2010年1月21日(木)
らくごカフェ
にて行われます
19:30開演
入場料→DVD、三人の手拭いがお土産で付いて何とオドロキの

3000円!!

時松が前売り券を持ち歩くと思いますのでお買い上げ頂けると大変にありがたいです。※手拭いとDVDは当日会場にてお渡し致します。

| | コメント (0)

キャベ中

キャベツ中毒です。年に数回発作がおきます。

キャベ中

お代わり自由ならこの位は行かんとあきまへんな

キャベ中

お陰様で大分落ち着きました

| | コメント (0)

したコメ

したコメ

したまちコメディ映画際 in 台東というイベントが只今開催中です。25日まで浅草と上野の映画館やら美術館の設備を使って新旧取り混ぜて色々な映画が上映されております。

我らが『深海獣雷牙』も立派な参加作品。今日はそのオープニングセレモニーに参加するべく会場の浅草へやって参りました。

したコメ

六区の北側、場外馬券場そばにある中映劇場にて午前中に1回上映、その後舞台挨拶。壇上に上がると報道関係の方の撮影が始まりフラッシュの嵐。眩しさを堪えつつふと客席の最前列プレス関係者席に目を落とすとマスコミの方に混じって何故かカメラを持った柳家さん吉師匠が・・・。予想外の展開に笑いを必死に堪えながら舞台挨拶を務めました。

したコメ

土地柄か何となく落語にお詳しいお客様が集っていた様に見受けられました。舞台に並んだ志ん五師匠、朝馬師匠、はん治師匠、そしてしん平監督の一言一言に大いに反応してましたから。お楽しみ頂けたようで嬉しく思います。

したコメ

その後バスで両国まで移動し、そこから水上バスでまた浅草に上陸。

我々の他にも岸本加代子さん、哀川翔さん、野波麻帆さん、小西博之さん、声優の近石真介さん、羽佐間道夫さん達も水上バスに乗り込み川沿いの人たちに手を振ります。浅草の船着場には沢山の人達が鈴なりになって手を振ったり知ってる人を見付けては携帯で写真を撮ったり、さすが『したコメ』凄い認知度だ!と感心しておりましたら、先に接岸していた川下に向かう船にその人達がぞくぞくと乗り込んで行き、出航する頃には奇麗に人影が居なくなっておりました・・・。ただの乗船待ちだったのネ。

したコメ

そこから今度はバスで雷門前に移動、そして記念撮影。いや、打って変わって流石に凄い人です。係りの方が道を作ってくださり、その間を人の垣根を掻き分けるように雷門に前へ。沿道の女の子達が笑顔でキャーキャー手を振ってくるのでその気になって手を振っていたら私の真後ろに哀川翔さんが歩いておりました。・・・そりゃあそうだ。

したコメ

これは本番4時間前の浅草公会堂前のレッドカーペット。本番が始まった時は物凄い人だかり。賑やかで楽しいイベントになりました。

したコメ、是非遊びにいらして下さい。色々なコメディー映画を揃えてお待ちしております。

そして深海獣雷牙も。10/3からキネカ大森でロードショーです。
雷牙ブログにも当日の模様がUPされているようです。

| | コメント (0)

そのもうひと山

季節寄席

大田文化の森季節寄席、無事終わりました。ありがとうございました。2日に渡り大きなイベントが続くとやはり気が張ります。肩も大分硬くなりました。やっと一息入れられそうです。

我々は正面から高座を見る事が許されないのでソデから盗み見します。例えそれが前座さんであったとしても同じです。
ソデから朝呂久さんを見つめる歌太郎さん。勉強熱心です。

季節寄席

他に林家たけ平兄さんにもご出演願いました。皆さん熱演に次ぐ熱演でお客様もお喜び頂けたようで大変嬉しく思います。皆さんありがとうございました。

次回は12月19日です。出演は私の他に桂三木男、柳家わさび、鏡味仙花、鈴々舎やえ馬の皆さんです。皆様どうぞお楽しみに!

| | コメント (0)

ひと山越えてもうひと山

時松歳時記ご来場頂いた皆様ありがとうございました。

光陰矢のごとしとは申しますが年4回のサイクルさえあっという間に感じます。

時松歳時記

時松歳時記では会場をカフェスタイルにしております。カウンターでお飲み物もお出ししておりますので気楽にお酒、お茶を楽しみながらご覧頂けます。

時松歳時記

多分こんな風に見えるはず。

時松歳時記

会社帰りの方に、またおつまみ代わりに軽いお食事をご用意しました。次回も行う予定ですので是非ご利用下さい。

時松歳時記

お楽しみ頂けましたでしょうか?助演の柳家小太郎さんも大サービスの熱演でした。

時松歳時記

お客様から頂きました『金時煎餅』

時松歳時記

それとオリジナルのトキマツ飴。

皆様色々とお気遣い頂きありがとうございます。
いろんな食べ物があるんですねぇ

| | コメント (0)

犬も歩けば棒に当たる

今は良い意味でも使うそうで・・・。

金兵衛兄さんにお誘い頂きまして三越劇場で『ありがとうと言いたくて~椿山課長の七日間~』を観劇致しました。映画にもなったお話ですね。突然死してしまったお父さんが女の人の体を借りて七日間だけこの世に残って色々な人に思いを伝えるという。出演してらっしゃる方皆さんが明るいので生き死にや未練の話ですがとても楽しい舞台でした。過去の思い出を男は新しいファイルで保存するが女は上書きをしていくんだそうで、舞台には全くそんなことは出てきませんが、何となく男目線で女の人にはこうあって欲しい的な女性像を描いてました。陰でずっと思い続けていました、みたいな。・・・でも、着ては貰えぬセーターを寒さこらえて編んでるような女はいないと言う話も聞きますし、ある方はセーターすら編まない等と言ってました。幻想なんでしょう、男の。

犬も歩けば棒に当たる

やはりデパートの雄三越。貫禄があります。日本橋と言う土地柄もあるし訪れる方々の気品と言いましょうか優雅で良いですね。写しませんでしたが劇場なんて凝った造りで其処此処に綺麗な細工がしてあって、本当のお金持ちが趣味で贅を尽くして作っちゃった、そんな感じです。まだまだ日本人に遊びがあった時代の面影が窺えます。

その後所用をこなしている所に大師匠から電話で「チケットがあるから相撲を見に来ないか?」と急遽お誘い頂き嬉々として両国へ。滅多に国技館では見られませんからとっても嬉しいー。

中に入って二度ビックリ。大師匠のお客様の席なのですが、本来大師匠が座るべき場所に、膝の具合が今ひとつなので今日はお前が座れとの事で特等席の砂被り最前列!全く以って息遣い、囁き、眼力、表情等などテレビなんかじゃ伝わらない事ばかりで、あっという間の三時間でした。何と言っても目の前が力士の控えの場所。手を伸ばせば届く場所に次々とお相撲さんがやってくる。幕内土俵入りの時は何だか分かりませんが目の前に来た高見盛と暫く見つめ合いました。

犬も歩けば棒に当たる

横綱朝青龍土俵入り。

犬も歩けば棒に当たる

白鵬越しの朝青龍。白鵬は肌が綺麗でした。

犬も歩けば棒に当たる

気合充分の横綱。安泰の三日目でありました。

| | コメント (0)

お足元の悪い中を

深夜寄席ご来場頂きありがとうございました。

「この雨じゃあねぇ・・・」等と半ば諦めムードの漂う出演者達でありましたが何と164名様のご来場、嬉や有り難やと言った気持ちでございます。初めての方もまだまだ多い様で、これをきっかけに色んな落語会に遊びに来て下さると良いなあと希望を持っております。

末広亭近辺で飲んでいた馬るこさんが終演後楽屋にやってきて「軽く行きましょう!」というのでそのつもりでいたら気が付けばAM4:00。
業界で「軽く」と言って軽く済んだ例がありません。

でも嫌いじゃないんだけどね。

| | コメント (3)

貸出中

貸出中

(恐らく)全国のTSUTAYAでレンタルされていると思います。『深海獣レイゴー』家の近所ではSF・ホラーコーナーに並べられておりました。

・・・しかしこの並べ方では明らかにレイゴーが怪奇物と誤解されても申し開きできません。まぁ若干血が出る所が無い訳じゃあないですが。。。それにしてもゾンビと呪いに挟まれてます。何とかならないものですかねぇ、ツタヤさん。

ひとつお知らせが。第二作目の『深海獣雷牙』が私の好きな映画館、キネカ大森で上映される事になりました。10/3(土)に舞台挨拶に出ます。皆様是非是非スクリーンで雷牙を、そしてフリートークの時松を見に大森までお越し下さいませ。詳細はキネカ大森のホームページにてお確かめ下さい。どうぞ宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

協調と競争と

新人演芸大賞

今年もNHKの季節がやってきました。

もとい、NHK新人演芸大賞の季節です。優勝者には賞金50万円だそうで、本選に勝ち残っても何も貰えないそうです。親の総取り。頑張らないとねぇ。

新人演芸大賞

いつもの寄席の出番の役割だと、時間内にお出でのお客様の気を高座に向けさせて、かつ、できるだけ良い雰囲気にして後の方に託さなければいけません。2番バッターの気持ちって言うんでしょうか?自分を殺して他を生かす。1塁のランナーをセカンドに送る様な。例えが分かり難かったらスイマセン。

独演会だと『独演』なので私を見て!聞いて!と言うような、お金を頂戴していて適切な表現でないかもしれませんがある意味エゴの押し付けに近いものがあります。
皆様に楽しんで頂ける様一生懸命尽すのが大前提でですヨ!

いつも前後のバランスを考えているので、他の方々と並べられて、その中で俺が!俺が!というような表現の仕方が分からないのと、抽象的な基準で冷静に優劣を付けられる事に慣れていないので、こういったコンクールは戸惑ってしまいます。10分という制限時間にも皆さん苦労されていたようです。後放送ですから言葉の制約なんかもあるんじゃなかろうか・・・などなど心配の種は尽きません。よっぽど寄席にそーーっと見に来て○とか×とか付けてくれた方が結果によらずすっきり得心できるのになぁ、などと思ってしまいます。

新人演芸大賞

一応新人として参加した三遊亭たん丈さん。新人ですが多分最高齢ではないでしょうか。私より後輩ですが歳は師匠金時の1つ上です。

モニター越しの彼は充分ベテランの貫禄が漂っておりました。

| | コメント (0)

時松歳時記 秋実る

時松歳時記

いよいよ明日です。

時松歳時記 秋実る

平成21年9月18日(金) 
開場 18時30分 開演 19時
前売・当日 2000円 
(前売りは会場にて販売、共にワンドリンク付き)
Space&Cafeポレポレ坐
(ポレポレ坐ビル1階)
中野区東中野4-4-1   03-3227-1405 
JR総武線・都営地下鉄大江戸線東中野駅それぞれ西口、A1出口よりJR線線路沿いに新宿方向へ徒歩1分。総武線のホームから見えます。

三遊亭時松 、『宗論』、他二席
    助演・柳家小太郎 
予約・問い合わせ 常盤松会03-3771-3727
メールにても時松が承ります→こちらまで
 
    
留守電の場合は、お名前とご連絡先もお知らせ下さい、折り返しお電話を差し上げます。ご予約の方は人数も宜しくお願いします。

会社帰りの方のために軽いお食事を販売致します。数に限りがありますのでお早めにご利用下さい。

ご来場お待ち致しております。

| | コメント (0)

9月の予定

ちょっと先の予定まで・・・。

九月上席(1~10) 浅草演芸ホール夜の部
昼夜入替なし  2500円 子供 1100円 シニア 2000円
昼席 11:45~16:30 夜席 16:40~21:00
トリ・金時  金馬/文楽/円丈/権太楼、他  
1、2、3日時松16:50頃出演
浅草演芸ホール 03-3841-6545   ホームページ
http://www.asakusaengei.com/ 

9月12日(土) 深夜寄席 
21:15開場 21:30開演 23:00終演予定 
新宿 末広亭 ¥500 
五街道弥助 柳家右太楼 三遊亭時松 柳家わさび 
落語協会 03-3833-8563

9月14日(月)  第89回 横浜にぎわい座有名会(3)
13:30開場 14:00開演 全席自由3,000円  
横浜市中区野毛町3丁目110番1号  
045-231-2525
むかし家今松、桂伸治、三遊亭遊吉、三遊亭時松、マギー隆司(奇術)、宮田陽・昇(漫才)

9月19日(土) 季節寄席(秋)
14:30開場 15:00開演  前売、 当日 500円    
大田文化の森 五階 多目的室  
大田区中央2-10-1  03-3772-0770
林家たけ平、三遊亭時松、 三遊亭歌太郎、春風亭朝呂久
お問い合わせ 大田文化の森運営協議会 
03-3772-0770  
当日券は若干数の販売です。運営協議会にお問い合わせ下さい。

9月28日(月) 落研ですが、何か?
19:00開場 19:30開演 神保町・らくごカフェ 
木戸銭:2000円 落研(OB・現役ともに)割引1500円 
林家ぼたん・春風亭朝也・三遊亭時松・柳家わさび 
ご予約・らくごカフェ 
rakugocafe@hotmail.co.jp 
03-6268-9818(平日11時~18時まで)

10月21日(水) 第15回 朝日いつかは名人会 
19:00開演  浜離宮朝日ホール小ホール
全席  2500円  
三笑亭可龍/三遊亭時松/柳家喬太郎
問い合わせ 朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990

10月29日(木) 同期の桜
開場18:30 開演19:30 予約2000円 当日2300円
神保町らくごカフェ 千代田区神田神保町2-3 古書センタービル5F
地下鉄神保町駅A6出口より徒歩1分 
古今亭菊六/柳家ろべえ/三遊亭時松/鈴々舎馬るこ
予約・問い合わせ らくごカフェ 03-6268-9818  rakugocafe@hotmail.co.jp
定員50名の小さな会場ですのでご予約はお早めにお願い致します。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »