« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

両国散歩

両国散歩

今年は空梅雨でしょうかねぇ。六月とは思えない非常に良いお天気となりました。以前お花見に行きました東京遊学散歩という集まりに同行し両国界隈を散歩するツアーです。で、要所要所で土地に因んだ話をするという、私も初体験、遊学散歩的にも初の試みへと出掛けたのでありました。とは言いながら東京都のちゃんとしたボランティアガイドさんも一緒なので私の受け持ちは、学術的なものとは懸け離れた、落語に因んだエピソード的なものが多かったです。

両国駅で集合し、まずは隅田川縁へ。隅田川と両国橋と、対岸の花柳界で有名な柳橋など、一昔前の文化について大変丁寧で分かり易いレクチャー。仕事とは言いながら大変勉強になります。フムフム。

両国散歩

両国橋袂の猪肉を食べさせる『ももんじや』。両国橋の袂には昔から飲食店が多く、とりわけ当時としては珍しい食材が揃っていたようです。獣肉を食べる習慣が無かったので猪肉とは言わず山鯨と言っていたそうです。鯨なのに?いやいや、当時の鯨は魚の仲間だったのだと思います。

両国散歩

実物のイノシシ。勿論剥製。なるほど山で出くわしたら驚くでしょうね・・・。結構な大きさでした。

両国散歩

回向院を経由し本所松坂町吉良邸後の公園。赤穂浪士の事件を基に忠臣蔵ができて、またそれをパロディーに落語が出来ています。何処かでちゃんと繋がるようになってるのですね。実際のお屋敷は公園より格段に広かったそうですが、今はかつてその場所がここにあった事のみを留めています。

両国散歩

その傍に有った駐車場。吉良邸パーキング、只今空きあり。上野介もビックリですな。個人情報に準じるので番号の所のみ若干加工を施しております。現地はそんなお茶目な看板ではございません。

両国散歩

お昼過ぎには総武線を挟んだ北側のエリアへ。相撲の元祖と言われるノミノスクネを祀った神社。落語には相撲の噺もありますからね、ダイジェストで阿武松の説明を。皆さん関心を持って下さったようです。

両国散歩

言い忘れましたが先方のリクエストで絽の着物に夏物の袴での両国界隈散歩。お天気なのと化繊特有の通気性の悪さと持ち前の汗っかきの三つ巴で辛抱適わず帰りに両国の『弁天湯』にて綺麗サッパリ汗を流す。入った時は着物に袴だったのに出るときはTシャツにGパン。多分お風呂屋さんも同じ人だとは気付かなかった事でしょう。

皆様お暑い中お疲れ様でございました。

| | コメント (0)

再び逢うまでの遠い約束

再び逢うまでの遠い約束

プロレスリング・ノア、今シリーズ最終戦。今月は後楽園ホールで2回興行があって、何となく違和感を感じていたのですが考えてみると地上波打ち切りの影響だったんでしょう。思えば最終戦は武道館等の大会場が多かったですものね。そして、前回はいたのに今回はいない。残酷なものです。

7/4にお別れ会を開くそうですが都合が合わないのでどうしても今日行っておきたくて、大勢詰め掛けるのを見越して随分と早くならびに行きました。指定席は全て売り切れ、当日立見のみの販売。それでも既に並んでらっしゃる方がいまして午後二時で68番目。気持ちは皆さん同じです。

再び逢うまでの遠い約束

ポスターも悲し

再び逢うまでの遠い約束

特別に献花台が設けられてまして、香典代わりに気持ちだけ添えたいと水道橋近辺の花屋さんを探して飛び込みますと今日は大忙しだとか。皆さん白とグリーンの花束を買い求めて行くそうです。そういえば駅の辺りでそんな花を手にする人を何人も見掛けました。

再び逢うまでの遠い約束

会場内のポスター全てにシールが張られていて、ああ、もういないんだなぁ。と。

再び逢うまでの遠い約束

開場直後の観客席も

再び逢うまでの遠い約束

試合が始まれば超満員。声援もいつもより多く、そして試合も激しく感じました。皆で何かを振り払うかのように。

全て試合が終わった後、一旦暗くなって三沢さんのテーマが流れると無数の緑のテープと轟く様な三沢コール。いつもは終了と同時に席を立つ人が多いのに今日は殆どそのままで。

でも、いくら曲が流れても、いくら叫ぶように名前を呼んでも、もう二度と現れる事は無いのです。

再び逢うまでの遠い約束

さようなら。

| | コメント (0)

同期の桜 IN 黒門亭

同期の桜 IN 黒門亭

土曜日は文化の森季節寄席、日曜日は黒門亭と喋りっぱなしの週末でございます。ご来場頂いた皆様ありがとうございました。朝九時に早朝寄席の準備に混ざりつつチラシを挟ませて頂いた後、黒門亭の番頭として落語協会に赴き仕度をしておりましたが、早朝からの掛け持ちのお客様もいらっしゃるようでイヤハヤお付き合いありがとうございました。

同期の桜 IN 黒門亭

今回はたまたま顔付けの悪戯とでも申しましょうか四人が揃いましたので、黒門亭実行委員会に相談しました所、同期の桜の名称で黒門亭を開いても良いという許可が出まして開催に到りました。ありがとうございました。半ばで四人MCなる企画を挟みまして、まぁ単なる座談なのですが、メンバーであれやこれや普段はお目に掛けない一面を暴露したりで随分と盛り上がったような気が致します。まさかねぇ、あの菊六兄さんが・・・。

会も終わり片付けも済んで事務所の方に「お先に失礼します」と挨拶して外に出る寸前に

「ハッ!!」

番頭の半纏を着たまま家へ帰るところでした。
ずっと一緒に居たんだから教えてくれ、朝呂久。

| | コメント (2)

夏の序盤戦

時松歳時記夏薫るにご来場頂いた皆様ありがとうございました。

入れたつもりの手拭いが懐に見当たらず大汗掻き掻きで大変お見苦しい所もあったかと思いますがすみません。

梅雨時の蒸し暑さと会場入りの前のひとっ風呂で発汗作用抜群でございました。↓一席後、随分てかっております。

夏の序盤戦

今回来て頂いた駒次さん。やはり若干のてかり具合があります。夏だからねぇ。

夏の序盤戦

一山越えると七月にはTENとキントキッズ。八月には浅草の住吉踊りと大きなイベントが続きます。体調管理を万全にパワフルに乗り切って行きたいものです。

そうそう、TENのリクエストは今月末が締め切りです。出演の柳家ろべえ、三遊亭時松、柳亭こみち、古今亭志ん八、柳家さん若への落語のリクエストは
↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらまで!!

まだまだ受け付けておりますので皆様のご応募お待ち致しております。

| | コメント (2)

当たり前の毎日は、奇跡の連続なのかも知れない

また直ぐに逢えると思っていたあなたが、突然この世から消え去り戸惑っております。

初めて言葉にしますが、私はあなたの生き方も考え方も行動も全て好きでした。あなたを知ってから十数年経ちますがその間あなたに対して信頼感が揺らいだ事はただの一度もありませんでした。全てが理に適っていました、全てが希望的でした。これからまだしなければならない事が沢山あったはずなのに。いやただそこに居てさえしてくれればそれだけでも良かった。今は追悼の言葉もありません。出てくるのはあなたに対する恨み言ばかりです。

何故死んだ

三沢光晴さん。好きでした。レスラーとしてだけでなく、全てが好きでした。こんな事を記しても何にもならないことは分かってます、だけど、あまりに突然な出来事にどう気持ちを収めたらいいのか、その術が分かりません。

一瞬でもあなたの事を忘れたくてずいぶん余計にお酒を飲みました、けど今夜は全く酔う事が出来ません。

| | コメント (2)

歩み寄る必要は有りますなぁ

歩み寄る必要は有りますなぁ

初心忘るるべからず。常に初めて話す様に、そしてお客様も初めてその噺を聞くのだという心掛けで高座を務めなさい。優しいようで非常に難しい事です。

落語ブームと言うのは一種の幻想で、世間には落語を聞いた事が無い、興味が無いという方は五万といらっしゃるのです。そこを地道にご理解頂く様丁寧に丁寧に喋っていくのは一つの務めかと思います。

今日は馬るこさんにお声掛け頂きまして、茨城県のとある高校の文化祭にお邪魔しました。窓口の先生は落語大好き、生徒達は全く落語と縁が無い。そんなシチュエーション、結構闘志を掻き立てられます。

歩み寄る必要は有りますなぁ

六月の半ばではありますが暑がりなもので今日から絽にしました。

歩み寄る必要は有りますなぁ

馬るこさんは単(ひとえ)。悪い事無きゃいいんですが。

歩み寄る必要は有りますなぁ

一席喋って、ホラ、言わんこっちゃ無い。

歩み寄る必要は有りますなぁ

これまた先生の趣向でお捻りタイムが設けられまして、最後の馬るこさんが喋り終わると先生の合図をきっかけに花やしきの的当て鬼宜しく馬るこさん目掛けて貨幣の雨あられ。嬉しいやら痛いやら。大変な思いをした馬るこさんでありました。

総体的に生徒さんも招かれた近所のご年配の方々もお楽しみ頂けたようで、ホッと胸を撫で下ろした会でありました。

| | コメント (0)

雷牙見参!

雷牙見参!

お待たせ致しました!いよいよ深海獣雷牙お披露目でございます。
今日は関係者を集めての試写会。一般には今月末6/27に池袋新文芸座にて公開されるそうです。→雷牙情報
お楽しみに!

撮影が昨年の晩秋ですから約半年振りに出演者の方々と顔を合わせました。何となく同窓会的な懐かしさ、というか楽屋、お芝居の大先輩か、一回り以上違う女の子と振れ幅は大きくありますので、それとはまた少し違った気持ちなのですが。嬉しい事に変わりはありません。写真は終映後林家しん平監督との2ショット。手にはめているクマさんもちゃんと映画に登場します。写真、恐る恐るお願いしましたら快諾して下さいました。
イェイ v(^0^)v


雷牙見参!

出演なさっている佐久間麻由さんと稲宮誠さん。
お芝居も芸ですから映像にされてしまうとその差が歴然としてしまいまして、上映中ずっと額に汗を掻いていました。私の出る所はいっぱいいっぱいな必死さだけ酌んで頂けるとありがたいです。

怪獣愛と家族愛と落語家愛が混ざった楽しい作品です。皆様是非公開の折には劇場にお運び下さいませ。

| | コメント (2)

トキマツ造園

トキマツ造園

ドーモ。植木屋です。師匠のお宅の垣根が大分延びたので剪定に来ました。

トキマツ造園

右の腰には皮製の剪定ばさみ入れ。

トキマツ造園

左の腰には同じく枝切り鋸入れ。共に自前でございます。

トキマツ造園

半年に一度くらいのペースで伐りますが、生命力旺盛といいますか暫く見ないうちに上へ上へと枝を茂らせます。

トキマツ造園

人生どこで何が役に立つか分かりません。学生時代に植木屋のバイトで揃えた仕事着一式が残ってまして折角なので着てみます。バイトといっても職人さんが切り落とした枝葉を更に細かく切って収集車にガンガン積んでいく仕事でしたから、腰を下ろして煙草を吸いながら庭を眺めて、あの枝残してあれは下ろしてなんて乱暴な事は致しません。ひたすら肉体労働。

一応農大卒ですけど農業経済なので造園は専門外なんですよね・・・。なのでその時の職人さんの仕事を思い出しながら再現。記憶もおぼろげなので自信は有りませんが。

親方曰く「職人は形から入るんだ。身なりさえしっかりしてりゃ素人だってお客さんは安心するんだ」とバイトの初日に言われまして、ああ、そんなもんかなぁと。馬子にも衣装って奴ですね。実際そんな格好して垣根の手入れしてると近所の方が「金時さんの所は垣根伐るのに職人を入れてる」なんてとても素敵な勘違いをしやしないかと密かに期待したりなんかして。

トキマツ造園

今回はこんな感じで。やっぱり若い芽が吹いてると伐るのを躊躇いますね。画にするともうちょっと伐っても良かったかな?と思います。

| | コメント (0)

宣伝活動・その二

宣伝活動・その二

そういえば、東京メトロを利用される方にはお馴染み、改札近くに平積みにされておりますフリーペーパー『メトロガイド』最新号になんとTENの記事が載っております。27ページ目です。どうぞ手に取ってご覧下さい。

宣伝活動・その二

さらにさらにメトロガイドのホームページではインタビューの詳細がアップされております。紙面では書き切れない部分が面々と、噺家特有の全く纏まりの無い会話が見事に整理されて再現されております。是非ご一読あれ。

メトロガイドホームページ

それからyoutubeにてTENのPR動画を配信しております。馬るこさんが突貫作業一日で作りました。器用な人ですなぁ・・・。こちらもどうぞ。

TEN予告動画

| | コメント (0)

宣伝活動

宣伝活動

宣伝活動は大事です。時間があれば極力チラシを挟みに行きます。他に売り出す手立てが分からないもので、地道ですが浸透してくれればと願いながら。今日は時松歳時記とTENの二種類。TENにも大勢様来て頂ければ有り難い限り!

宣伝活動

今でも深夜寄席にはお客様の列が絶えません。嬉しいですね。ブームから定着へと移ったと考えて良いのではと思いますが、反面、このお客様の数に自惚れる事無く常に気を引き締めて高座に掛かるのも一つ大事な務めに変わりはありません。今日も隣のとときちさんから差し入れを頂きまして、マスターが私を見つけて「頑張って下さいね」と声を掛けて下さいました。出番ではないにしろこういった気持ちが熱く嬉しいです。

宣伝活動

はなまるマーケットの取材で呼び込みのフリをする台所鬼〆(だいどころおにしめ)兄さんと、深夜寄席のお手伝いに来たルーキーの柳亭市朗改め柳亭市楽さん。カメラを意識したぎこちなさが妙に可笑しかったです。兄さん普段見せないテンションなんだもの。

| | コメント (0)

復活か?

つい最近休止しました『ぽっどきゃすてぃんぐ落語』ですが復活の動きがあるようですね。皆さんの忌憚の無いご意見お寄せ頂ければまた配信になるかもしれません。その前に解決しなければならない問題も有るようですが。まずはアクションを!

ぽっどきゃすてぃんぐ落語

| | コメント (0)

皆さん!六月ですよ!

六月になりましたよ、皆さん。

お待たせ致しました。「TEN ~2年目の挑戦~」らくごカフェにて予約受付開始です。今までメンバー誰もが手掛けた事の無い大きなイベント、蓋を開けてみないと分かりませんが成功するようメンバー全員が力を合わせて方々で宣伝活動に励んでおります。どうぞ皆様このお祭に奮ってご参加下さいませ。私達とうんと距離が縮まる夏になりますよ、きっと。
最終日のリクエストの会、まだまだ応募数は少ないです。今ならあなたのご期待に沿える確立大ですよ!私はその中から
新ネタに挑戦しようかと思案中です。あなたの望みを叶えるのは・・・

柳家ろべえ、三遊亭時松、柳亭こみち、古今亭志ん八、柳家さん若

の五人。この人のアレが見たい!!→こちらまでどんどんお寄せ下さい。

ご案内とご予約はこちら→らくごカフェ それから メールフォーム

それから雷牙の予告編、すごーい事になってます。本編早く見たーいです。

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »