« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

今年もありがとうございました

今年もありがとうございました

皆様良いお年をお迎え下さい。

| | コメント (0)

ちょっと映ってますよ

予告編

| | コメント (0)

猿ヶ京の田舎蕎麦

手打ち田舎蕎麦

そうそう、思い出したように。

宿の方が近所に美味しいお蕎麦屋さんがあるから行かれては如何ですかと勧めて下さったので覘いてみる事に。お店と言ってもお蕎麦屋さんの構えではなく宿泊施設の中で外来の方にも蕎麦を振舞う感じの場所でした。メニューも至ってシンプル。

手打ち田舎蕎麦

あー、暫く天婦羅食べてなかったなぁ、と思い出して注文。迷って熱燗も一本付けて蕎麦を待ちます。天婦羅、よく揚がってました。カリッサクッの形。

手打ち田舎蕎麦

こういう何気無い一品が嬉しかったりするんですよね。恐らく自家製の漬物。美味しかったのでもう少し頂けます?とお願いしたら違う種類でお代わりが出て来ました。ありがたやありがたやあーりがたや。

手打ち田舎蕎麦

お待ちかね、手打ち田舎蕎麦。殻ごと挽くため色が濃いですね。

手打ち田舎蕎麦

このザラザラ感が良いですね。アレルギーの人が見ただけで引っくり返っちゃうような質感。蕎麦も水も美味しいので土地に合った結構な味でございました。

| | コメント (0)

きりんてい、と読みます

帰り道高崎にお住まいの農大の落研の先輩がやってらっしゃる焼肉屋さんへお邪魔する事にしました。お会いする度に遊びにおいでと誘って頂いてたのですがなかなか伺う事が出来ず、今回丁度高崎を通るのでエイヤーと途中下車してようやっと念願が叶いました。

きりんてい、と読みます

駅まで迎えに来て下さった先輩の車のギアの傍には・・・小さん師匠の『狸賽』と小三治師匠の『子ほめ』のテープが!

きりんてい、と読みます

箕輪亭と書いて、きりんてい、と読みます。

きりんてい、と読みます

先輩です。ずっと上の代なのですがとても気さくに話して下さいます。

きりんてい、と読みます

「今支度してくるからその間これで繋いでて、地ビール」
と出された一杯。泡は滑らか且つ濃厚で口に含むとふわーっと膨らむよう。麦の香りでしょうかとても風味豊かな舌触り。初めて味わった感覚でした。

きりんてい、と読みます

先輩のお店はこの地域で大事に育てられている『増田牛』を美味しくそしてお手頃価格で出しているので評判らしく、もちろん焼肉屋さんなので焼いてもいいのですが刺身にしてもいけるほど質が良いです。そこで牛刺し。左から大トロ、中トロ、赤身です。

きりんてい、と読みます

まるでかっぱ橋のサンプル屋で見るような色、艶、照り。基本わさび醤油で頂きます。肉の甘みと脂の甘みがわさび醤油によってきりりとしまる感じです。裏表軽く炙ってみるのも良いですね。少ーし脂が融け出した位で頂くとまた融け掛けた脂の仄かな甘みと表は炙りたてで熱っ!なのに中が冷んやりとした味覚がこれまたオツです。

きりんてい、と読みます

大きなお皿に並べられた逸品の数々。ほぼ焼かずにそのままで食べられるものばかりです。どんだけ凄いんだ増田牛!ある物はわさび醤油、ある物は塩、ある物は特製焼肉タレ、そして特製の味噌とサンチュ!もうやりたい放題じゃないですか!!

きりんてい、と読みます

地物の椎茸。色も歯ざわりも違います。スーパーに並んでる様に長旅の果てにラップされて草臥れた感じではなく、張りもあってつやつや。これを炭火で炙って天然塩を付けます。椎茸も鮮度がいいと甘みが強いのね。
この時点で先輩お勧めのお酒も大分ご馳走になりまして、随分と酩酊の態を様して参りました。

きりんてい、と読みます

止めは牛刺しのにぎり。もう説明は不要ですね。

嗚呼美味し過ぎて馬鹿になってしまいそう・・・。
先輩、本当にご馳走様でした。

参考までに地図を→箕輪亭
バスだと高崎駅から伊香保温泉行きで浜川十字路下車、徒歩3分だそうです。
ご近所の方もそうでない方も Let’s増田牛 Let’s箕輪亭!

| | コメント (3)

猿ケ京温泉にいらっしゃい

猿ケ京温泉にいらっしゃい

テンプレートが暫くクリスマスのまま変わらずにひょっとしたらひょっとしてとご心配された方、居ないかも知れませんがありがとうございます。お陰様で無事に暮らしております。暫く旅仕事で猿ヶ京温泉のホテルに行っておりました。旅好き温泉好きには願ったり叶ったりでございます。新幹線の上毛高原から車で約20分の場所にあります。ホテルシャトウ猿ヶ京。

猿ケ京温泉にいらっしゃい

館内の其処此処にあたくしのポスターが。キャー恥ずかしぃー!

猿ケ京温泉にいらっしゃい

たっぷりお喋りさせて頂きました。

猿ケ京温泉にいらっしゃい

着いた時は割と暖かかったのですが、三日目の夜から吹雪ですっかり冬景色に。

猿ケ京温泉にいらっしゃい

ほらね。

猿ケ京温泉にいらっしゃい

露天風呂。勿論温泉!真夜中に一人っきりで吹雪に晒されながら貸し切り状態でこの風呂に入っていて、良い心持になったので中へ戻ろうとしたら境のサッシ戸が凍りついていて氷点下の中を裸でうろたえた思い出深いお風呂。

猿ケ京温泉にいらっしゃい

雪が真横に降るんですもの。イヤ、ちべたかった。

猿ケ京温泉にいらっしゃい

山里に遅い冬がやって来たようです。

年賀状、メール頂いた方々ありがとうございます。何とか裏面は刷り終わりまして宛名を書いて年内には出せるかな?といった塩梅です。お楽しみに。葉書がある限りお送りしますので私も欲しいと仰る方、遠方近県問わず遠慮なさらずどうぞお住まいをお知らせ下さい。

| | コメント (2)

着々と仕上がって来てます

着々と仕上がって来てます

もうすぐ投函出来そうです。ブログご覧の方で是非欲しいという方、どうぞメールフォームからご応募下さい。お送りします。

ネタバレするのでピントは合わせてません。そして一枚一枚手刷りですので大分むらがありますが、一つお目零しを。

| | コメント (0)

1月の予定

寄席の出番
正月二の席 末広亭昼の部 11:50上り
三遊亭きん歌・三遊亭時松交互
時松出番 14、16、17、18、20
トリ・円歌 馬風、扇橋、さん喬、雲助、歌司、花緑、小猫、小円歌、他
大人3000円 シニア2700円 学生2500円
問い合わせ 末広亭 03-3351-2974
当日の出番の確認は落語協会のホームページからご覧頂けます

その他の出演情報
1/10(土) つばなれ特選会
開場17:30 開演18:00
前売り、予約1500円 当日2000円
四谷・荒木町「美舟」
丸の内線「四谷三丁目」から徒歩5分
三笑亭夢吉 三遊亭時松 田辺銀冶
問い合わせ 美舟 03-3357-8177 
*終演後出演者を交えた打ち上げがあります。ご参加頂ける方は別途2000円申し受けます。

1/11(日) 倶楽部ぼたん 新春大会
開場 12:30 開演 13:00  木戸銭  無料
文京区役所 26階 スカイホール
JR「水道橋駅」、丸の内線、南北線「後楽園駅」、大江戸線、三田線「春日駅」すぐ
林家ぼたん 落語、笛、三味線
三遊亭時松  落語、踊り
柳家ほたる 落語、ギター
小田麻子(ソプラノ)
遠藤恵美子(ピアノ)
多数余興あり
お問い合わせ
mgsdp835@yahoo.co.jp

1/17(土) ニフ亭・ぽっどきゃすてぃんぐ落語
開場13:30 開演14:00 
ニフティ本社
品川区南大井6-26-1大森ベルポートA館6F
JR大森駅北口(東京駅方面)から海岸方面に徒歩6分
柳家小ぞう
三遊亭時松
瀧川鯉橋
(仲入り10分)
柳家喬之進
桂文ぶん

詳細は追ってニフ亭から公表されると思います。

1/21(水) みつまさ寄席
開場17:30 開演18:00 
打ち上げ代込前売り2500円、同じく当日3000円
錦糸町・そばの里みつまさ
五明樓 玉の輔  三遊亭金時 三遊亭時松
問い合わせ みつまさ 03-3631-5850

| | コメント (0)

ほります♪ほります♪

版画で年賀

今年ゃあ彫る気でおります。アナログに。原点回帰でございます。

時松直彫りの年賀状、欲しい方はこちらへ郵便番号とご住所とお名前をお知らせ下さい。恐らくお正月明けになってしまうとは思いますがお手元にお送りします。

| | コメント (0)

金馬孫弟子勢揃い

季節寄席

勢揃いして三人です。

大田文化の森季節寄席、冬の会は一門の二つ目で固めてみました。考えてみると三人揃っての会と言うのは初めてではないかと記憶しております。大勢様お越し頂きまして嬉しい限りです。ご来場頂いた皆様ありがとうございました。そう言えば小学校以来の友達も見に来てくれました。友遠方より来たるありまた嬉しからずやですなぁ。距離は近くても中々会う機会のない人は大勢いますから。

次回は3/21です。どうぞご期待下さい。

| | コメント (0)

和を以って尊しとなす

和を以って尊しとなす

今年の夏に 『TEN』 と言うイベントをやりまして。と申しましても落語会なのですが、改めてご説明致しますと私の楽屋入りした2003年は10人前座として楽屋に入りしまして、その中の誰も廃業することなく二つ目に昇進したと言う代なのです。そして折角皆生き残って二つ目でいるのだから何かやってみようじゃないかという発想で立ち上げた会が『TEN』だったのです。それは誰と誰かと言うのはこちらからどうぞ。古今亭菊六兄さんから柳家花ん謝さんまでです。間の方々ごめんなさい。

これも何か縁有っての事ではないかと思いまして、年中ベタベタすることはないのですが疎遠になるのも寂しいのでまぁ年に1、2回皆で集まったりTENのような会をやったりしてみたらどうでしょうかと皆さんに相談してみた所ご賛同を得て今回その一環で暮れの飲み会を催しました。菊六兄さんに座頭になって頂き沢山の仲間が集まってくれました。嬉しい事です。個人商売かつ中々都合が合わせにくいものなのですがその合間を縫って付き合って下さるのが本当に嬉しいです。この繋がりをずっと大事にして行きたいと思います。

また皆さんの力を借りて何かイベントが開けたらいいなぁと思ってはおりますが、何よりお客様の支持あっての事ですからそんなお知らせがお耳に届きましたら是非是非お友達お誘い合わせの上遊びにいらして下さい。

個性的な十人がきっと素敵な思い出をプレゼントすると思いますよ。

| | コメント (0)

マイブーム

.

.

.

.

.

最近頭の中をグルグル回っております。

.

マイブーム。声の質、量、伸び、幅、どれを採っても圧倒されますな。

.

.

.

.

.

.

.

| | コメント (4)

冬煌く

時松歳時記にご来場頂いた皆様ありがとうございました。おかげさまで51名様お集まり頂き、しかも初回の方が多かった様で私としましては喜ばしい限りです。これをご縁にまたちょくちょく遊びにいらして下さい。

来年から諸事情により金曜の夜七時開演となりますが今までと変わらぬお引き立てを賜りますよう宜しくお願い致します。

それにしても普段から暑がりの私。つくづく冬の噺は合わないんだなぁと実感致しました。口では 「う~~寒い寒い」 と台詞を言いながら噴出す汗が止まりません。身体は正直ネ。

| | コメント (0)

納めの歳時記

明日です。三ヶ月経つのは早いもんですねぇ。

何件かご予約も頂いておりましてありがとうございます。今回も『ブルーノート方式』でゆったりとご覧頂くつもりでおります。

お暇な方、ぜひ東中野ポレポレ坐へ!落語協会カレンダー抽選会もやります。当たるとほぼ元が取れちゃうんだから。当たれば。

今回のチラシ

| | コメント (0)

遠山桜天保日記

国立劇場

歌舞伎では半世紀ぶりの上演だそうで、よくテレビで見ているものですからむしろそんなにやっていなかったんだなぁと意外に思います。

菊五郎さんの遠山の金さんと短筒強盗角太夫の二役。悪人とお奉行が同じ人ではお白州はどうなるのさ?と心配しましたがそこは歌舞伎の上手い逃げ方で事無きを得ます。ネタばれになるので触れないようにしておきましょう。

お芝居の流れの邪魔にならない程度に其処此処に遊びがあって、客席もウケてましたね。伝統芸能ではありますが根底にお客様を喜ばしたいというサービス精神の旺盛な事。見習いたいです。ただ守ると言う事に安住しない攻めの姿勢、保守的に思われがちですが案外革新的な芸能なのかなと思ったりして。

遠山桜天保日記、26日まで、三宅坂・国立劇場です

当たり前ですが公演中の撮影はご法度。代わりに開演前の緞帳をどうぞ

| | コメント (0)

バオバブの記憶

バオバブの記憶

時松歳時記でお世話になっているポレポレ坐の本橋成一さんにご招待頂きまして本橋さん監督の 『バオバブの記憶』 の試写会に行って参りました。京橋の趣のあるビル、まさにモダンと言う言葉がピタリと当て嵌まります。

バオバブの記憶
バオバブの記憶

床がタイル張り。モダンです。

バオバブの記憶

この部屋何だか分かります?

トイレです。男子用の。極限まで無駄な物を削ぎ落としたシンプルなデザイン。して見ると今はサービスが過剰なんですかねぇ?

肝心の映画、アフリカにあるバオバブと言う木を暮らしの軸に据えているある集落のドキュメンタリーなのですが、昨今の商業映画とは大きく趣を異としますので自分で何かを感じようとしながら見るのが良いかと思います。恐らく人其々感想が異なる作品ではないかと、でもそれでいいんです。寧ろそうでなければいけない位の、感性に訴える作品だと思います。

日本もそうですが、高度経済成長で経済的なゆとりを手にした代わりに何かを失ったんじゃないかと、国も文化も世に言う豊かさも違いますが重なり合う部分は大いにあるのではないかと、私はそんな印象を受けました。

来春ポレポレ坐で上映予定だそうです。紋切り型の商業映画に飽きた皆様、たまには少し考える映画も良いのではないでしょうか?

| | コメント (0)

無題

改まって言うほどの事じゃあありませんが

そんなにねぇ、日々劇的な事なんか起きませんから。

| | コメント (2)

12月の予定

12月4日(木) 巣鴨らくご劇場
開場13:30 開演14:00  当日1500円  
巣鴨歌謡劇場  豊島区巣鴨3-16-12 第二新川屋ビル三階  03-3916-9072  
とげぬき地蔵尊から徒歩1分 セブンイレブン向かい 喫茶アルプス横3階
三遊亭時松 鈴々舎馬るこ 柳家ほたる
問い合わせ 3916-9072

12月4日(木) 金時寄席
開場18:00 開演18:30 前売2500円 当日2800円
三宅坂 国立演芸場
三遊亭金時「お直し」「不動坊」
金翔、時松他
問い合わせ 金時 03-3322-4011

12月13日(土) 時松歳時記 冬煌く
開場17:30 開演18:00 前売 2000円(会場にて販売) 当日 2000円 (前売り共にワンドリンク付き)
東中野 Space&Cafeポレポレ坐 (ポレポレ坐ビル1階) 中野区東中野4-4-1   03-3227-1405 
三遊亭時松「ねぎまの殿様」他二席 柳亭こみち
年末恒例落語協会カレンダー抽選会あり

問い合わせ 時松 

12月20日(土)  季節寄席(冬)
開場14:30 開演15:00 前売・当日 500円    
大田文化の森 五階 多目的室  (大田区中央2-10-1)  03-3772-0770
三遊亭金兵衛、三遊亭金翔、三遊亭時松、古今亭志ん坊
問い合わせ 大田文化の森運営協議会 03-3772-0770  

宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

12月になりました

古今亭だん五

池袋演芸場お越し下さいました皆様ありがとうございました。やはり寄席の出番は他の落語会と違った雰囲気で気が引き締まります。常にアウェーな気持ちでしゃべる事は大切な事だと思います。常にウェルカムだとどうしても甘くなりますから。

今回タテ前座だっただん五さん、10日間彼も頑張りました。強面だけどこうして見ると中々愛嬌があります。顔の色が優れないのは不摂生のせいじゃありません。照明が弱いので光のせいです。当人の名誉のために。

古今亭だん五

上野は秋真っ盛り。

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »