« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

若ちゃぼ寄席

若ちゃぼ寄席

高田馬場にある『ちゃぼ』と言う焼き鳥屋さんでの落語会、若ちゃぼ寄席。此処最近は金翔兄さんとのタッグが多いです。さながらミニKids。月一とは言えもう30回を越えていました。

若ちゃぼ寄席

私の買った愛読紙 『東スポ』 を熟読する金翔兄さん。

「あれだよね、絶対相撲協会よりNY株式市場大幅安の方が見出し小さいっておかしいよね」

・・・兄さん、世界の常識は東スポの非常識なんですよ!


若ちゃぼ寄席

終演後打ち上げでご馳走になった、東京では珍しい『八角』のお刺身。北のお魚で白身なのに脂の乗った濃厚な味でした。肝醤油で美味しく頂戴しました。ずーっと以前釧路の炉辺焼き屋さんで葱味噌か何かを乗せた八角の干物を食べた記憶があるのですが、その時以来の対面に感動もひとしお。でもよく見ると顔は六角位しかありませんね、何故八角?

| | コメント (0)

あたしが家守

あたしが家守

台所の窓の向こうにヤモリが這っていました。家ではたまーに見かけます。今日のは小さいですね。子供ですかねぇ

あたしが家守

遠目で見るとこんな感じで。

あたしが家守

人差し指と比べてもこの小ささ。カワイイ☆

ヤモリもエサになる虫が居るから居ついてるんでしょうが、うちでは部屋の中を時々小さな蜘蛛が跳ねておりますが、巣を掛けないので放っております。居心地がいいから居るんでしょうから無下に追い出したりしないようにしてます。流石に蚊が刺しに来たら全力で叩きますけど。

町内の若い衆の台詞ではないですが 「お宅は地球に優しいッ!!」 そんな家でございます。蛇足ですが家は六畳を六畳では使っておりません。蛇足です。 

| | コメント (0)

ひと段落つきました

時松歳時記・秋実るにお出で頂いた皆様ありがとうございました。前回できなかった干物箱ようやく掛ける事が出来ました。ほっと一息です。座席も『ブルーノート方式』に戻しまして、ゆっくりと寛いで頂く事が出来たのではないかと思っております。早くも次回に向けて仕込みに入っておりますのでどうぞお楽しみに。又のお越しをお待ち致しております。今回は写真撮り忘れたので、ご挨拶のみで。

| | コメント (0)

初日が出ました

初日が出ました

昨日から鈴本演芸場の昼の部の出番です。初日は縁起を担ぐ方が好きなので、雨が降っていたこともあり、お客様がぞろぞろといらっしゃるように 『ぞろぞろ』 

あたくしの出番は後22,23です。丁度23は巷は祝日ですね。お暇でしたら是非どうぞ。

初日が出ました

そして同時に夜の部では新真打のお披露目が始まります。高座はその飾り物で実に賑やか。初日はあし歌改め歌橘兄さんでした。

初日が出ました

都内の寄席を40日回りますのでこの機会に是非寄席を覗いてみては如何でしょうか?言ってみればお祭りみたいなものですから毎日が賑やかでとても楽しいと思いますよ。

| | コメント (2)

季節寄席は大盛況

季節寄席は大盛況

大田文化の森での季節寄席、秋の会も大勢様お出で頂きましてありがとうございました。なんでも前売りは全て売り切れだそうで当日も200人を越える方が遊びにいらして下さいました。ありがたい事でございます。
次回は金兵衛、金翔、時松の金馬一門二つ目トリオでやらして頂きますのでまた冬の会もお楽しみに。

写真は終演後に催される抽選会の景品、寄せ書きの色紙に一筆入れる正太郎さん。彼はイラストも達者だという事を知りました。器用な人ネ。

| | コメント (0)

まるで打ち合わせ

午後は来週の時松歳時記に備えて東中野近辺の宣伝活動に。初めて飛び込みでチラシを置かして頂ける様お願いに行った頃は結構怪訝そうな感じだったご町内の皆様も、三度四度とお願いに伺ううちに「頑張ってね」なんて優しい言葉を掛けて下さるようになり、ホントに心強くなります。皆様あってのあたくしでございます。

前回皆様にお情けでお買い上げ頂いた 『松膳』 ですが、あの時は諸々アクシデントが重なりまして内容について私も不本意に感じておりました。今回はそのような事が起きないようキッチリと話しを着けて参りましたので、数段内容UPでご提供できるかと思います。こちらも宜しくお願い致します。

まるで打ち合わせ

夜は夜で歳時記を陰で支えて下さる皆様と作戦会議 in 浅草。リクエストで演芸ホールからも程近いどぜうの飯田屋さんへ集合。ハイ。どぜうとはお察しの通り『泥鰌』です。

まるで打ち合わせ

ほら、『どぜう』

まるで打ち合わせ

どぜうにも二通り食べ方がありまして、一匹丸々なのと開いて骨を抜いたのと。どぜう好きは姿のままを好むそうです、通称『まる』。開いたのは『ぬき』と言うらしいですよ。甘めの出汁でぐつぐつと。予め良ーく煮てあるので箸で触ると身が崩れる位に骨まで柔らかくできております。で、心配するような泥臭さや生臭さは感じません。いや、よく出来ておりますよ。

まるで打ち合わせ

葱はお代わりし放題。どっさり盛ってくたくたに煮て食べましょう。

まるで打ち合わせ

こんな感じで。お皿もどぜう。

来週の歳時記に向けてエイエイオーと気勢を挙げた一行でありました。

| | コメント (4)

杜の都でほろ酔い加減

東北大の落語会

仙台に行きまして、学校の後輩が転勤でそちらに住まっているものですから「お昼一緒に食べようよ」と誘い出しました。とは言え全く土地勘が無いのでどこか美味しい所を教えてよと言いますと仙台に来たんだからやっぱり牛タンを食べなきゃいけません案内しますとリードしてくれたので後をくっついて暫く行くと、その日はジャズフェスタと言うイベントがあったせいもありお目当てのお店は行列。それじゃと第二希望のお店に行くと丁度席が空いた所。その後からぞろぞろと列が出来始めたので間一髪滑り込む事が出来ました。
やはり本場は違いますなぁ。まず厚みが違う。シコシコと良い歯応えがいつまでも続き中々飲み込むのも難しい位で、かといってモツのようなゴムゴムした感じじゃ無いんですね。素敵な食感。味もタレ、味噌、塩から選べるバラエティーの多さ。さすが牛タン都市仙台。恐れ入りました。
きすけ・・・って言ったかなぁ、お店の名前。うる覚えでございます。

東北大の落語会

かと言ってただ牛タンを食べに行った訳でなく、決していつもの旅道楽じゃあございません。仕事、仕事。本当に。とあるご縁ができまして、その伝で東北大学落語研究会の若手落語会にお邪魔致しました。古今亭志ん公兄さん、柳家ろべえ兄さんと三人で。勿論かの後輩も見に来てくれました。張り切るぞー!いや、いつも張り切っておりますがいつも以上に、という意味で。

東北大の落語会

これは驚き!会場前の自販機。なんと50円

東北大の落語会

見えにくいと思いますが 『豆奴妓茶』 と書きまして まめやっこちゃん と読むそうです。この強烈なネーミングに思わず購入。

兎に角学生の皆さんが細やかに気を使ってくださいまして大変に過ごし易かったです。恐縮する位に。ありがとうございました。

お客様も最初はちょっと硬いかなと思っておりましたが、時を経るごとに柔らかくなってきたようで二席目の頃はこちらも喋っていて楽しく感じました。お出で下さった皆さんもお楽しみ頂けたのではと思います。

東北大の落語会

幕間にいたずらの一枚

東北大の落語会

会場が仙台市戦災復興記念館だからって備品に 戦災楽屋って・・・。
焼け出された噺家が集いそうな感じ?です。


それぞれ二席ずつの二時間半のプログラムはあっという間に終わり三者三様に汗だくになりました。熱意だけでも伝わっていると嬉しいなと思います。

打ち上げ会場の用意が出来るまでという事で、同建物内のレストランにて皆さんと軽ーく一杯。本会場にて飲み放題ですから、というお言葉に甘えて冷酒なぞをキューッと4、5本倒しましたかねぇ、注しつ注されつ蜂の喧嘩でだいぶ良い加減になってまいりまして学生さんたちと若き日の馬鹿話で大盛り上がり。いやいや天下の東北大学も我が母校もあまり変わりが無い様で嬉しいやら呆れるやら。懐かしい落研のノリとでも言うんでしょうか、大変楽しく過ごさせて頂きました。

東北大の落語会

皆さんでわざわざ駅まで見送りに来て下さいまして名残惜しくも新幹線へ。志ん公兄さんは急ぎの用があるとかで先に発たれたので帰りの道中はろべえ兄さんと二人旅。東京まで約二時間。長いねー二時間は。先ほど後輩がお土産で持たせてくれた四合瓶 「兄さん開けちゃいましょうか?」 「開けちゃおー☆開けちゃおー!」 の勢いで更に二人で四合。大変楽しい一日となりました。

そういえばネタも試し酒で一日中酔っ払いっぱなしだわ・・・。

| | コメント (2)

怠け者の機動力

怠け者の機動力

今日は 『NHK新人演芸大賞』 の予選が渋谷のNHKのスタジオでありまして行って参りました。新人演芸大賞。NHK。何となく凄いでしょう?

・・・予選だから二つ目なら誰でも出られるんですけど。。。

去年も参加しまして俗に言う笑い屋の方々が笑う笑う。面白くない所でも遠慮なく笑う、引っくり返って笑う、半分やけっぱちの様に笑う。で、面白い所になると笑い疲れて休む、みたいな、何となくチグハグ感があったのですが、今年はそんな空気を察してか担当の職員の方が始まる前に「無理して笑わないで下さいね。自然に、面白いなと思った所で笑って頂ければ結構ですから。合図送って笑うような事はしませんので、皆さん本当に自然に落語を楽しんで下さいね」

至極尤もなご意見でございます。

ところが観覧のおっかさん達には 「笑わないで下さいね」 の部分だけ強烈に脳に焼け付いたらしく今年は本気で笑わない、、、我慢してる様に笑わない。。。いや、笑っているんだけど三割位にセーブしているかのよう。今年は笑い屋のストライキか?はたまた本当に素人のお客さんだったのか?オイラが悪かったヨ、頼むから笑ってちょうだい。

ともあれ賽は投げた訳ですからどんな目が出ますやら・・・。

怠け者の機動力

同じく予選に来ていた馬冶兄さんにお昼をご馳走になりまして、渋谷の街を行くと駅前広場に自民党総裁選の街頭演説の準備が。因みに屋根に乗っている方はスタッフの方で候補者ではございません。

怠け者の機動力

マトリックスのように同じ黒い服を着た厳ついおじさんたちがうじゃうじゃと。SPの方でしょうかね?セキュリティーも大変なようで、悪天の中ご苦労様でございます。

その後、せっかく都心まで出たのだからと出来上がったチラシを、東中野ポレポレ坐→新宿末広亭→池袋演芸場→上野鈴本演芸場と廻り最後は錦糸町みつまさへ。なるべくこういう用事は一度に済ませたいですからね。普段あんまり動かないんで頭が少ーしボンヤリしてしまいました。


怠け者の機動力

「いつも時松のブログ楽しみにしてるのよ」 と女将さん。いつも他愛の無い話題ばかりで恐れ入ります。今日もおいしいお蕎麦をご馳走になってしまいました。
あ、急な連絡ですが来週の水曜日のみつまさ寄席は私が出ます。もし宜しければ遊びにいらして下さい。

そして今度のチラシ↓

怠け者の機動力

よろしくどうぞ!

| | コメント (3)

便りの無いのは無事の報せ

別に引き篭もっていた訳ではないんですが、これと言って取り上げる程の話題も無かったもので、しばらくおとなしくしておりました。

今日の東京は(・・・といっても地域が広すぎるので、殊に城南地区は)良い天気で、少し、歩きたい欲、が疼いたので散歩に出かけました。呑川沿いに歩いて本門寺まで、そこから蒲田へ。別に目的は無いのです、ただ何となく 「歩かねば!」 と言う思い込みからで。普段電車やバス乗っちゃいますものね。僅かな距離も。時間掛けていつもと違う道に入れば結構新鮮さがあるものですね。そんな中唯一写真撮り忘れなかったスポット

便りの無いのは無事の報せ

東京って山の方に行かなくても結構温泉って湧いてるんですよ!今更ながら声を大にして言いますが。特に蒲田から池上近辺は黒湯と言ってウーロン茶のようなお湯(水?)が湧き出ており、銭湯料金で温泉に浸かれるとてもお得なエリアなのであります。ところが!今日入ったこの 『はすぬま温泉』 は何と、黒くない!!逆にびっくり、でした。アルカリ性のナントカ炭酸泉らしく無色透明。しかも水風呂は温泉掛け流し。あまり聞いた事無いですね、水風呂掛け流し・・・。温泉の温度が低いので仕方ないですが、しかしまあよく温まる結構なお湯でございました。東急池上線で蒲田の次、蓮沼駅から歩いて二分ほどの所にあります。お近くにお立ち寄りの際は是非入ってみては如何でしょうか?綺麗で明るいお風呂でしたよ

目標の蒲田まで行って、帰りに歩くのも億劫になったので電車で。いやはや、やっぱ電車は速い!実感致しました。

| | コメント (0)

9月の予定

遅くなりましたが今月のご案内です

9/14(日) 第十六回 若手落語会
開場13:00 開演13:30  入場料 900円
仙台市戦災復興記念館 記念ホール
古今亭志ん公 柳家ろべえ 三遊亭時松
問い合わせ先: 090-6693-1437 
yu_rac@yahoo.co.jp

9/20(土) 季節寄席(秋)
開場 14:30 開演15:00 前売500円 当日700円  
大田文化の森五階 多目的室 (大田区中央2-10-1)  03-3772-0770
三遊亭時松、二席  翁家小花(太神楽) 春風亭正太郎
問い合わせ 大田文化の森運営協議会 03-3772-0770  

9月下席(21日~30日) 鈴本演芸場 昼の部
開場12時 開演12時30分 終演予定16時30分
全席当日売り自由席/昼夜入替制
一般/2800円 シニア・学生/2400円 小人/1500円
鈴本演芸場 東京都台東区上野2-7-12 03(3834)5906
トリ・小金馬/金馬、川柳、文楽、志ん五他
12:30上がり 金兵衛、金翔、時松交互
出演日(何日目)
金兵衛 4、5、6、7
金翔 8、9、10
時松 1、2、3

9/27(土) 時松歳時記 秋実る
開場 17:30 開演 18:00 前売・ 当日 2000円(前売りは会場にて販売、共にワンドリンク付き)
東中野 Space&Cafeポレポレ坐 (ポレポレ坐ビル1階) 03-3227-1405 
三遊亭時松 『干物箱』他、二席 助演・鏡味仙花(太神楽)
問い合わせ 常盤松会(世話役)03-3706-1627

9/30(火) 若ちゃぼ寄席 
開演19:00 木戸銭 1000円(飲食代別)
高田馬場・やきとり「ちゃぼ」 新宿区高田馬場3-2-13 (JR高田馬場駅徒歩3分 さかえ通り サンクス2F) 
三遊亭金翔、三遊亭時松、各一席
問い合わせ 3371-8665 
 

宜しくお願い致します

| | コメント (0)

TEN for the future

お江戸日本橋亭 『TEN』 にご来場頂いた皆様ありがとうございました。縁あって同じ年に楽屋入りを果たした10人が其々の持ち味を存分に発揮できた素敵な会が出来たのではないかと自負しております。何より、この企画に積極的に参加して下さったメンバーとご来場下さいましたお客様に心よりお礼申し上げたいと思います。
「年に一回位のペースがいいんじゃない?」 と言う意見が出る位に出演者も今後に向けて前向きでしたのでまた折を見て催してみたいと思います。

是非皆様また遊びにいらして下さい。楽屋一同お待ち致しております。

| | コメント (2)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »