« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

7月の予定

7/12(土) 深夜寄席 末広亭 21:15開場 21:30開演 23:00終演予定 ¥500 問い合わせ 落語協会 03-3833-8563 古今亭菊可 入船亭遊一 柳家ろべえ 三遊亭時松

7/14(月) 金時寄席 国立演芸場 18:00開場 18:30開演 前売り¥2500、当日¥2800 問い合わせ 金時 03-3322-4011 金時ネタだし 「愛宕山」「怪談牡丹燈籠 お露新三郎~お札はがし」

7/20(日) 早朝寄席 鈴本演芸場 9:30開場 10:00開演 11:30終演予定 ¥500 問い合わせ 落語協会 03-3833-8563 鈴々舎わか馬 三遊亭金兵衛 三遊亭時松 柳家喬の字

7/19(土)  黒門亭 光る二つ目の会・その48  落語協会 2階 11:30開場 12:00開演 ¥1000 (メルマガ会員、60歳以上の方は800円) 1,2部通し券:限定10枚発売 1500円 問い合わせ 落語協会 03-3833-8563 三遊亭時松「王子の狐」 川柳つくし「忘れじのブルース」 鈴々舎わか馬「青菜」 月の家鏡太 「笠碁」

7/19(土) 大銀座落語祭 入場無料の会 銀座山野楽器7F JamSpot 14:30開場  15:00開演 
問い合わせ 実行委員会事務局 050-5517-1815
三遊亭時松 台所鬼〆 三遊亭金兵衛

7/27(日)  KintoKids vol.6 原宿アコスタディオ 18:00開場 18:30分開演 ¥2000 問い合わせ 金翔 info@kingshow.jp 三遊亭金翔「お菊の皿」他1席 三遊亭時松「がまの油」他1席

少々先になりますが決定しているイベント事をちらほらと

8/10(日) 円朝まつり 谷中全生庵 10:00~17:30 東京メトロ千代田線 千駄木駅1番出口 徒歩五分 入場無料 落語協会所属の芸人達による縁日です。金時一門はカキ氷屋さんをやります。是非遊びにいらして下さい。また、林家しん平監督作品「深海獣レイゴー」も上映される模様です。時松も端々に映っております。お見逃しなく!当日「しん平の落語自慢堂」にて直接チケット販売をいたします。料金は1000円で限定150名だそうです。問い合わせ 落語協会 03-3833-8563

8/11~8/20 吉例 納涼住吉踊り 浅草演芸ホール 昼の部 11:00開演 踊りは15:45頃から 大人¥3000 学生¥2500 子供¥1500 詳細は落語協会03-3833-8563 又は 浅草演芸ホール03-3841-6545へお問い合わせ下さい。

宜しくお願い致します。 トキマツ

| | コメント (6)

新しい事を始めるという事

時松歳時記・夏薫るにご来場下さいました皆様、誠にありがとうございました。今回はイベント的なカラーを強くしトークショーを企画しましたが皆様喜んで頂けたようで一安心です。辻本さんも大変気さくにちりとてちんの事を話して下さいましたので楽しく、またあっという間の時間でした。

まだまだいろんな事について模索中でして、前回評判を頂いたブルーノート方式は今回は予約頂いた方が多かった為、座席を確保する事を優先し普通の配置に直しました。ただ、軽食を召し上がって頂く為にはやはり何かテーブルの代わりになるような物が必要で、今後の課題になるかと思います。
お弁当も、お惣菜屋さんとの連絡ミスで考えてた品が入らなかったりし、ちょっとイメージからずれてしまいましたので次回はそういうことの無いようにもっともっと皆様に喜んで頂ける様に内容を充実させて行きたいと思います。

色々と新しい事に挑んで行きたいのですが、中々一度でベストの答えには辿り着けませんで、少しずつかも知れませんが歩みを進めて皆様に楽しく過ごして頂けるよう努めて参りますので今後とも宜しくお願い致します。

| | コメント (1)

続・ぶらりぶらり

裏へ抜けまして真っ直ぐ北へほんの5分位で今度は湯島天神へ。

御茶ノ水〜湯島

まだシーズンではないので閑静です。

御茶ノ水〜湯島

願い、届け。

御茶ノ水〜湯島
御茶ノ水〜湯島

御茶ノ水〜湯島

獅子舞みくじ。デモンストレイションで踊りまくる獅子舞。お金を入れるとこの獅子舞がおみくじを咥えて持ってきてくれる・・・らしい・・・。。。どうも 「tamuken.JPG」をダウンロード がちらつきます。

御茶ノ水〜湯島

境内にはこんな石碑も。

御茶ノ水〜湯島

湯島界隈は坂の町

| | コメント (1)

ぶらりぶらり

神保町から御茶ノ水までは歩いてそんなに遠くありません。ちょいと腹ごなしに行きましょう。靖国通りを三省堂の交差点から左に上がっていくと明治大学。そして坂を上りきったところが御茶ノ水の駅です。

御茶ノ水〜湯島

名前の由来は将軍様に献上するお茶の水をここから汲んで行ったところから始まるようです。当然ながら苗字が徳川の方の将軍様です。

御茶ノ水〜湯島

今でもチョロチョロと。

御茶ノ水〜湯島

ちょうど西の改札を出て正面に見える交番の脇にあります。近くに寄ったら見てみるといいですよ。

御茶ノ水〜湯島

神田川を越えてまた少し行くと神田明神。その門前にある天野屋さん。都会の真ん中にありながら地下に室があります。甘酒が有名。折角ですから覗いて行きましょう。

御茶ノ水〜湯島

甘酒も三種類ありまして、熱いのと冷やしと氷と。今日は気分で熱いのを一杯

御茶ノ水〜湯島

穀物の持つやさしい甘さと、口直し(?)のもろ味味噌の塩加減、そして発酵してる感じが結構でございます。

御茶ノ水〜湯島

こちら奥に見えますのが明神様

| | コメント (1)

青春の味

青春の味

ちょっと前に所要で神保町まで。平日だったので数年ぶりに暖簾をくぐりました。神保町にいてその名を知らない人はモグリだと言われる位有名な天婦羅のお店「いもや」天婦羅屋さんではありますがご飯のお店なのでお酒は置いてません。そして夜8時には終わります。実に健全な「いもや」。健全で庶民に優しい店「いもや」。どの位優しいかと言うと、えび、いか、きす、かぼちゃ、春菊の天婦羅に木のお櫃からよそられる熱々の銀シャリにしじみの赤だしの味噌汁で¥650!どうです?しかも午後1時を過ぎればナスやらシイタケやらアナゴやらが追加メニューとして登場致します。ステキ☆全て白木のカウンター席でコの字型になってまして、目の前で職人さんが揚げてくれます。

近所の高校に通っていた時に初めて先輩に連れて行って頂きまして、イカの天婦羅に感動を覚えました。その頃は冷凍物の、そう、立ち食いそばに有るようなのしか知りませんでしたから衣と中身が離れない、そして前歯で噛み切った時に中の熱を歯が感じるような品物は革命的な衝撃でしたね。いかにいいもんを食べてなかったか偲ばれます。

卒業後まだ噺家になる前でしたが数年経って訪れると、天婦羅を揚げてるおじさんが「お兄ちゃん久し振りねぇ」というので「え?知ってるんですか?」と聞いたら「学生の頃から来てたよね?覚えてるさぁ。、特徴あるもん」と言われてしまいました。アラウレシヤ。

今回も訪れると「久し振りね。いや、どうしてるかなーって思ってたのよ、暫く来なかったでしょ。どうですか?忙しいですか?どこでやってるの?大変ね」とニコニコしながら言ってくれるじゃあありませんか。また会いに行かねばなるまいて!

因みに日曜祭日はちゃんとお休みします。カレンダー通り。これまた健全。

| | コメント (2)

トーク&トーク

ツーショット

辻本さん本当に来るんですから!

土曜日の打ち合わせに行って参りました。マネージャーさんも同席で、お会いして、お茶して、喋って、気が付けば約50分が過ぎてまして、当日もこんな感じでお願いします。と。色々楽しいお話が伺えそうです。

写真、遠近法見たいに私が手前に見えますが横並びです。辻本さん顔小さいなー?いや、あたし顔でっけぇなー、オイ!  が正しい気がします。

| | コメント (0)

読むらくご

真景累ケ淵

来週菊六兄さんと馬るこさんがやる事ですし、噺家の端くれとしても知っといた方が良かろうと買って参りまして、今朝読破致しました。
高座でよく掛かるのは豊志賀の一節ですが、その前後にも運命というか因縁というかははぁここに結びつくかぁ・・・と感心する構造の物語になっておりまして、その、怪談だからといって、幽霊や化け物の類が出てきては人を脅かすある意味単純な噺ではありません。むしろ人と人の深い繋がりというか因果応報がテーマでしょうか?活字嫌いにしては速いスピードで読み終えましたので、恐らく皆さんも飽きる事無く噺に引き込まれるのではないかと思います。
一応口実筆記を起こしたようですので、実際に円朝師匠の口演を聞いていたならまた違った印象が持てたかもしれません。昔の口語体ですから、読んでいて常に歌舞伎のイメージがありまして、かといって読み辛いということは無かったです。その頃の言い回しや何かは仕方ないですが。

落語家であって演出、構成は基より、これだけの大作を残す作家(?)でもある師匠。スケールが大きすぎる方です。

| | コメント (5)

♪ボケたく無い人唄いましょ〜

♪ボケたく無い人唄いましょ〜

世に『ぼけない音頭』という歌がございまして、去年夏の住吉踊りにいらっしゃった方はご存知と思いますが、何が何処で役に立つか分からないもので、その舞台を見に来て下さったとある踊りのサークルの方達が是非とも覚えたいとの事でその振りを教えに埼玉県の鶴瀬という街まで行って参りました。会場には約50人程お集まり頂きまして関心の高さを覗わせます。歌謡曲なのですが、ちょっと踊り用に短くしまして、それに合わせて住吉踊りによく使われる手やら体操的な動きを取り混ぜたなかなかやってみると難しいけど楽しい踊りです。見ている分には簡単そうなんですが、いざやってみるとこれでどうしてどうして・・・。持ち時間は一時間半。余るかなぁ・・・?と思いの外いっぱいいっぱいまで時間を使わせて頂きました。もうひたすらぼけない音頭。多目的室の前面が鏡になってまして、お出で下さった方と私と同じ方向を見てゆっくりゆっくり振り付けを伝えるのですが、 鏡越しに後の様子を見る限り皆さんお上手でよく私の動きに付いてきている様。一番最後にでは私見てますから皆さんだけでやってみましょうか?と見てましたら、後半の体操の部分はやはり何方も苦労なさっていたようです。やっぱり初回でいきなりは難しいのかしら・・・?頑張って練習してくださいねー!私も良い汗掻きました。。。

♪ボケたく無い人唄いましょ〜

その住吉を楽しみにしてらっしゃる踊りのサークル『あしたば』の代表の皆さん。
ぜひぜひぼけない音頭普及させて下さい!因みに今年の住吉踊りの興行でもやりますので皆様八月の中旬浅草演芸ホールの昼の部、住吉踊りをどうぞお楽しみに!

| | コメント (2)

賑わってますか?

横浜にぎわい座

嬉しかったです。久し振りのにぎわい座。前座の頃はよく入っていたのですが二つ目になってからはとんとご無沙汰で。好きな小屋の一つです。

横浜にぎわい座

下座風景。後半私も少ーしだけ太鼓叩きました。

横浜にぎわい座

ソデの暖簾を捲って高座。いつもこの瞬間にグッと気が引き締まります。

横浜にぎわい座

開演前の客席。今日はどのくらいお出で下さるかしら?楽しみであり不安であり・・・。

横浜にぎわい座

帳面を捲っていきますとどうもこの日が私のにぎわいラストのようです。何故名前が無いのにそんな事が分かるかと言うと当人が間違えるはずも無い乱暴な筆遣いだからです。丁度二つ目に上がるひと月程前ですね。

ちなみに先ほどの野毛山動物園はここから歩いて10分程の小高い山の上に有ります。

| | コメント (2)

I love Zoo!


横浜にある野毛山動物園。一時よく行ったものです。


I love Zoo!

何年か前に改装しまして入り口が変わりました。ほんの少し上にずれただけですが。より親しみ易い感じがするゲートです。

I love Zoo!

遠足日和と見えて大勢の幼稚園児たちで賑わっておりました。

I love Zoo!
I love Zoo!
I love Zoo!

ラクダのツガルさん。だいぶお歳と見えまして立ち上がれません。胸に床ずれもあります。ですがスローな動きにどこと無く愛嬌があります。

策の前に群がった園児達が口々に大声で「死ぬなぁーー!死なないでぇーー!」と叫びます。それを不思議そうに眺めるツガルさん。なんかシュールです。

I love Zoo!

一番好きだったヒグマの所は住人が変わりましてツキノワグマが居ました。この手を伸ばせば届きそうな距離感が野毛山の好きな所です。息遣いも聞こえます。

I love Zoo!
I love Zoo!

動物園の世界もだいぶ高齢化が進みまして、象のハマ子さんが居た所は広場に変わっておりました。それよりも前に居なくなった白熊のゲージはご覧の通り策と人形が配されており、中に入ることができます。そういえばライオンがずいぶん若くなったと思ったらモドリさんと言う雄ライオンも死んでしまったそうで何となく寂しさを感じますが、若い動物もやってきたり人工繁殖を試みたり、まだまだ野毛山動物園続きそうなので一安心です。

| | コメント (2)

「いやあ、映画って本当にいいもんですね」

レイゴーin北沢タウンホール

奇しくも水野晴郎さんが亡くなったばかりではありますが、あまり映画に行かない私でも見終わった後の充実感が残る作品でありました。贔屓目無しでもです。撮影時はカットカットで撮っていましたので全体の流れがつかめなかったのですが編集されてさらにスクリーンに映し出されると全く違う物になるんですね。いやはや驚きです。

ポスターの左下の眼鏡の兵隊は私ですかねぇ・・・。しん平師匠、ありがとうございます!

レイゴーin北沢タウンホール

北沢タウンホールでの  「深海獣レイゴー」  先行上映会。知人の方を招待しまして後に感想を伺いましたら、予想以上に面白い、スピーディーであっという間に終わっちゃった、と、概ね好評を得ました。一出演者としましても我が事のように嬉しく思います。色々お伝えしたい事もあるのですが、この先観覧を楽しみにしていらっしゃる方もお有りでしょうから、筋やら細かなチェックポイントなどはまた後日に譲りたいと思います。

レイゴーin北沢タウンホール
レイゴーin北沢タウンホール

物販も充実!レイゴーのソフビとカラフルなTシャツ。いずれも限定販売ですので「コレワッ!!」と思われた方、会場で鑑賞の後お早めにお買い求め下さい。
因みに私も中央一番上の黄緑のTシャツ、思わず買ってしまいました。。。 
大銀座落語祭を始め、今後各地で上映が予定されているようです。是非皆様、海獣映画なんか・・・とお思いの方は殊更会場までお運び下さい。いい意味で期待を裏切られますよ本当に!最近のハリ○ッド映画なんかよりドキドキするんだから!
トキマツからのお願い☆  

| | コメント (2)

歳時記のチラシ

Tokimatsu_saijiki

今月末の歳時記のチラシです。東中野のアクア東中野という銭湯の脱衣場をお借り致しまして撮影してきました。夏をイメージした浴衣に団扇の構図です。

そのうちに同期の桜のチラシの方もUPするつもりですので今暫くお待ちを。。。

「sakura.pdf」をダウンロード
↑同期の桜。チラシのデザインです
チラシにある問合せ先は違います。落語協会ではありません。ご予約もこちらまでお願い致します。

| | コメント (2)

お詫びと訂正

チラシを撒き始めてしまってから大変申し訳ないのですが、諸事情ございまして、ネタ出しの 「干物箱」 を 「締め込み」 に変更させて頂きます。楽しみにしていらっしゃった方、本当にごめんなさい。近いうち必ずご披露できるかと思いますので今暫く猶予を下さい。

それからもう一つ。いよいよ上映開始かと思われていた「深海獣レイゴー」ですが、東京で夏からレイトショーを行うはずだった下北沢のシネマアートンが急遽閉館してしまいました。ので、東京で見られる機会は来る6/12の下北沢タウンホールでのレイゴー祭りと7/19の大銀座落語祭、そして8/2の池袋新文芸坐のみになります。今の所ですが。
6/12日は私も行きます!お会いできるといいですね。

上映館が増えるといいなー・・・と思います。生意気言うようですが、最近のやったら宣伝費ばっかり掛けてる映画より期待に応えられる作品だと思うので。

以上お含み置きの上どなた様も宜しくお付き合いの程お願い申し上げます。

| | コメント (2)

折り返し地点

折り返し地点

お陰様で今日が鈴本の興行の五日目、我々の方では中日(なかび)と言っております。とても陽気なお客様で楽しくお喋りをさせて頂きました。
やはり毎日のように寄席に出ると言う事は、緊張感と言いますか張りがありまして、とても新鮮な感じです。やりたいネタを考えたり、ソデから客席を見て差し替えたり、出る直前までドキドキしたり。充実しております。やはり噺家にとって寄席と言うのは無くてはならない存在なのかも知れませんね。毎日がお客様との勝負です。毎日相も違いますしね、鍛えられます、本当に。
今回は、7日の土曜日で出番が終わりますが、まだお見えになってらっしゃらない方。是非是非遊びにいらして下さい!お待ち致しております。

| | コメント (0)

トキマツ先生

トキマツ先生

カルチャーセンターの授業にやってきました。代講で今日だけ。生徒さんは三人。女性二人と男性一人。それでも一応出席は取ります。

「○○さん」  「はい」
「××さん」  「はい」
「石原裕次郎さん」  「はい」

お父さんノリがいいです♪

女性二人が驚いてそちらを向くと
「えっ!!本名ですか???」・・・って

そんな訳ゃー無い!!  私、不覚にもウケてしまいました・・・。  

「失礼しました、もう一度出席取り直します。吉永小百合さん」って言ったら今度は二人で
「はい」

出来すぎです。

落語一席聞いて頂きましてその後に諸々の解説と小噺を三つ程。熱心にメモを取ってらっしゃって、真面目な生徒さん達でありました。果たして役に立つのやらどうやら・・・。

| | コメント (2)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »