« 酒と落語と男と女 | トップページ | あくび指南・2 »

あくび指南・1

「退ぇー屈で・・・退ぇー屈で・・・・・・アーアーアァー・・・ならねぇ」
じゃあ稽古すりゃあいいじゃないかと思われるでしょうが、それでも退屈な時があるのです。そんな時にありがたいこれ↓

あくび指南・1

雑俳ですよ。今回は古今歌謡曲のタイトルをもじった洒落と都都逸(雑俳では江戸振小唄というそうです)です。
写真が見辛いかも知れませんが例題に 月があっても恐いから/飾りじゃないのよ阿弥陀は/東京楽そうで良い 等と書かれています。何となく分かりますか?そういうことなのです。

あくび指南・1

何てったって膨大な量ですからネットでヒット曲や歌謡曲のCDのページなんか調べましてウーーンってな具合に頭を捻っております。何か面白いの浮かばないかしらん・・・。

いっぱい数作るんですけど、一晩経って見直すと自分で作ったのに元ネタが分からないのが出てきたりして・・・。ホントにシャレになってないって事ですね。

その一つ、「うちの裏銭湯」

・・・?

.

.

.

.

.

.

30分ほど経って「星のフラメンコ」だって事を思い出しました。。。

遠すぎるヨ!   もちろんボツにします。

|

« 酒と落語と男と女 | トップページ | あくび指南・2 »

今日の五・七・五」カテゴリの記事

コメント

おもしろそうですね。

僕も考えました。
「タレか胡椒を想わざる」(誰か故郷を想わざる)
「吐くなトマトを」(啼くな小鳩よ)

・・・たぶん一晩経ったらしょーもないんでしょうね。

あともう一つあるんですがここでは・・・

今度聞いてくださいね。

投稿: ひと声 | 2008年4月17日 (木) 23時39分

おーおー!いい調子ですね。そうなんですよ、あれこれ考えた物よりポッと思いついた奴の方がウケたりするんですよねぇ本当に。馬鹿馬鹿しくってね。
宜しければ小ゑん師匠のホームページに雑俳のページがリンクしてあるので見てみて下さい。面白いですよ!

投稿: トキマツ | 2008年4月18日 (金) 02時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酒と落語と男と女 | トップページ | あくび指南・2 »