« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

仮スタート

普段から良くして下さる方がノートパソコンを貸してくださいまして、先日その方のナビで何とかメール読めるところまでこぎつけました。お蔭様で仮復旧です。メールもやり取り出来ます。ありがてぇーかっちけねぇー!

もうネットカフェでイチャつく高校生を気にせずブログに打ち込めます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

落語は体力が要るんだなぁ

同期の桜

同期の桜にご来場下さいました皆様、本当にありがとうございました。四人とも力の入った良い会が出来たのではないかと思っております。考えてみれば二時間半もあるのに四人しか出ず大丈夫かしら?とも思いましたが終わってみれば時間一杯でした。お客様の熱気も感じつつ喋っていても楽しい時間でした。

それにしても座って喋ってるだけなのに何であんなに汗って出るんでしょうね?朝起きたら太股のあたりが若干筋肉痛だし・・・何なんですかねぇ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決戦は水曜日

いよいよ池袋演芸場2デイズが迫って参りました。

明日29日は二つ目勉強会『試し酒』
30日は同期の桜『夢金』
を出しております。

30日の前売りチケットまだございますので、落語協会までご一報下さい。
03-3833-8563
です。宜しくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風雪を突き進め! 野沢温泉編

少し考えましてまだ雪が足りないんじゃないかと、もうちょっと雪が欲しいなぁということで、進路を再び北にとる事にしました。その前に・・・。
風雪を突き進め!

雪の善光寺。長野の顔役ですからきちんとご挨拶を。
風雪を突き進め!

参道を長野駅方向に振り返ってみる。静かな雪の朝です。
風雪を突き進め!

飯山線で終点戸狩野沢温泉駅まで。降りてみるとごらんの通り雪がびっちり!車窓からは雪が横に流れておりました。ラッセル車も出てきて冬真っ只中って言う感じですわ。
風雪を突き進め!

駅からバスで約20分。案外積雪は無く、多分地元の方達がせっせと雪掻きして下さったのでしょう、道、歩き易かったです。野沢温泉のシンボル的な外湯、大湯。浴槽が二つに分かれておりまして熱いのと、やや熱いのと。熱いのが好きな私でも中々に強敵でございました。強情灸のマクラの気持ちが分かるね。「ぬるいのに動くなぁぁぁぁーーーっ!」 中で動けませんでした。

風雪を突き進め!

これ又別のお風呂の中から一枚。雪見風呂でございます。窓が閉まっててもチラチラ雪が舞い込むと思ったら天窓からでした。
風雪を突き進め!

何てったって帰りのバスまで4時間!お風呂ばかりでは繋ぎ切れません。小休止。ふと見つけたお蕎麦屋さんでお酒を一杯だけ。左の品はむかごを甘辛く煮た物だそうで、豆粒位のサトイモのような食感。また何にも言わなくても塩が出てくるあたりは嬉しいじゃぁござんせんか!もちろん仕上げはもりそばで・・・。
風雪を突き進め!

酔いを覚まして、まだ一時間半程あったので後半戦。まつばの湯へ。以前夏に訪れた時にシャレにならない程熱かったのを覚えております。真冬はどうか?
風雪を突き進め!

ほら!泉温83.2℃ なのに掛け流し・・・。  温泉たまごじゃないんだから・・・
風雪を突き進め!

やけどする風呂ってどうよ。思い出しますねー、あの熱湯コマーシャル、サンデージョッキーの。幸いに今回は埋めなくとも良い湯加減でした。弱硫黄泉らしく溶き卵のような結晶が漂ってました。何てったって掛け流しだからね。
風雪を突き進め!

考えてみたらまだ車中でお弁当を食べてなかった、と言うか、昨日から5食続けて蕎麦だった事に気付き、そろそろお米食べなきゃだめでしょうとなりまして、長野駅で乗り換えの時間にお弁当を購入。売っていたお姉さん一押しの『信濃尽くし』
風雪を突き進め!

中身どーーーん!!  地の物ってのが嬉しいです。ごはんもいっぱい食べられましたしね☆ あとは一路東京を目指すのみ。
風雪を突き進め!

早くて快適な旅も良いんですけどねぇ、あまり性に合わないようで、どちらかと言えば硬い椅子でゆっくり進む方が好きです。

あ、また飲んでる・・・。反省。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風雪を突き進め! 会津若松~長野編

一度手を付け始めちゃうと気になっちゃってダメね・・・そんな訳で今日も暇に飽かして都内某所から昨日の続きを。

風雪を突き進め!

ここからディーゼルカーなりまして、でも一昔前に比べれば静かだし加速は良いし、快適快適。昔のガランガランとエンジンが言う割りにトロイのも好きでしたけど。遠くの山並みも雪化粧です。

風雪を突き進め!

こんなスタイルでいつもぼんやりと車窓を眺めたり、地元の人の会話に耳を傾けます。

風雪を突き進め!

県境辺りの小さな駅。きちんと除雪されております。美しい・・・。

風雪を突き進め!

新潟側に入りますとやっぱり雪の量が増える様子。車窓からの眺めも、雪が真横に流れていくように見えました。

風雪を突き進め!

そして新潟駅。やはり海沿いは雪が少ないんですかねぇ・・・。約40分の乗り継ぎ時間を利用して途中下車。いろいろ迷った挙句名物へぎそばを食べに。でも意外と高いのネ、へぎそば。ランチで何とかセットがあったので店の方に「へぎそばとセットの盛りそばは蕎麦に違いがあるんですか?」 「えぇ、いや、同じです」 「・・・じゃ、普通の方で」 この正直者め! 時間も無いのでものすごいスピードで蕎麦をチャッツチャと食べて慌ててホームへ。5分前に指定を押えておいた快速に飛乗る。乗った電車もねぇ、あたしが子供の頃は特急の花形だった車両でしたが、新幹線やら、新車の投入やらで今は特別にお金払わなくても乗れるようになりました。

風雪を突き進め!

うーん。越後平野の雪景色。真っ白。

風雪を突き進め!

約二時間で富山方面と長野方面の分岐、直江津駅へ。多分昔は一大ターミナルだったんでしょうね。ホームの長さ、レールの多さが哀愁を誘います。

日没が近づきやがて辺りは真っ暗に、中をひたすら長野目指して列車は直走るのであります。午後六時半頃到着。駅前に宿を取り、ふらりと入ったお店でお約束の一杯引っかけて就寝。

翌朝、雪の無かった駅前が目を覚ましてみると・・・
風雪を突き進め!

薄っすらと白くなっておりました。さぁて今日はどうすべぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風雪を突き進め! 東京~会津若松編

何と無く雪が見たくなりました。ぐうあああっっっっっっと凄いやつを。18きっぷも余ってるしちょっと出掛けましょうか。

風雪を突き進め!

きっぷを片手に朝5:10発の宇都宮行きに乗ってガシガシと北を目指します。
風雪を突き進め!

まずは寝溜め。ネダメカンタービレ。早朝なんで小ネタもスルーして構いません。
風雪を突き進め!

朝の大宮はホームにさえ人っ子一人おりません。まだ六時になってないもんね

風雪を突き進め!

通勤ラッシュに直撃!国訛りってのは良いですなぁ。あゝ遠くへ来たという旅情を感じます。ジモティーの社会人や高校生に揉まれながら乗り継ぎ乗り換え約4時間かけて郡山に到着。うーーん・・・雪・・・無いねぇ。。。
風雪を突き進め!

駅蕎麦の七味容れ。『そのままふりふり』 言葉に無駄がございません!
風雪を突き進め!

ここから進路を西へ、一路新潟を目指します。走り始めの頃に見えた会津方面の山並み。そう言えば途中の那須の山々も見事でした。なんでも上空にこの冬最大の寒波がやって来たとか・・・ワクワク☆
風雪を突き進め!

ちらほらと雪が見え始めます。
風雪を突き進め!

猪苗代あたりから一面が真っ白に!写真は恐らく畑地帯ですが、湖は結局判別できずじまい。夏は車窓から見えたのになぁ

風雪を突き進め!

会津若松に到着!思ったより雪は少ない・・・ここから喜多方を経由して更に西へ。山の中突っ切って行きますよ!

さぁ、トキマツは雪と戯れる事ができるのか?待て、次号!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暫くお待ち下さい

お久しぶりでございます。時松です。近い内に機械を修理に出しまして、約3週間程掛かるそうで、完全復旧まで今しばらくお待ち下さい。

そのような訳でメールの遣り取りもできません。同期の桜お申し込みの方は恐れ入りますが落語協会 03-3833-8563 までお電話下さい。当日窓口お支払いで前売り料金にて御入場頂きます。

今は、都内某所ネットカフェから時間の繋ぎがてら投稿しております。

となりのボックスではではドアを開けたまま高校生がじゃれ合っております。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

寿命か、事故か。

寿命か、事故か。
前々から調子が悪かったのですが、とうとうウンともスンとも言わなくなりました。

昔のテレビは叩きゃ治ったんですがね。最近の電化製品は頭良い割に根性がなくてイケマセン。

そんな訳で今度こそ本当に暫く更新止まりそうです。悪しからず。

コメントの返事も上手くできませんでしたのでこの場を借りまして…
本郷にご来場頂いた方々ありがとうございました。冬なのに汗が止まらず弱っております。季節感ゼロですナァ…

打ち上げの事はあたくしも深酒でしてよく覚えておりませんので、どうぞお気になさらすに。むしろ失礼がありゃあしないかと心配しております

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1月の予定

遅くなりましたが、今月の大まかな予定です。宜しくお願い致します

正月二の席(11~20日) 鈴本演芸場 夜の部
17:00開場、17:20開演
一般 ¥2,800   
シニア ¥2,400  65才以上・証明書提示
学生 ¥2,400  中学生~24才・学生証提示
小人 ¥1,500  3才以上

17:30上がり 時松   金翔   金兵衛   交互出演
時松は12、18、19に出ます

ぺぺ桜井、市馬、 小金馬、ニューマリオネット、 白酒、金時、 ゆめじうたじ、喜多八、 小菊、 金馬 

鈴本演芸場 電   話:03(3834)5906
         番組案内:03(3834)0311

鈴本・早朝寄席☆  上野・鈴本演芸場
開場 午前9:30  開演 午前10:00
木戸銭 当日 500円
平成20年1月13日(日) 
春風亭 栄助
三遊亭 窓輝
金原亭 馬治
三遊亭 時松

お問い合わせ 03-3833-8563 落語協会

二つ目勉強会
平成20年1月29日(火)
会場 池袋演芸場
住所 豊島区西池袋1-23-7
電話 03-3971-4545
アクセス JR池袋駅西口より駒込方向へ徒歩3分 ケンタッキーフライドチキン向かい、歌広場となり。
木戸銭¥1000

三遊亭時松 「試し酒」
他、四名出演
お問い合わせ 落語協会 03-3833-8563

同期の桜
平成20年1月30日(水)
開場 18:00
開演 18:30
会場 池袋演芸場
住所 豊島区西池袋1-23-7
電話 03-3971-4545
アクセス JR池袋駅西口より駒込方向へ徒歩3分 ケンタッキーフライドチキン向かい、歌広場となり。

前売 ¥2000
当日 ¥2300

メールにてご予約頂ければ前売り料金にて、当日窓口受け渡しでキップをお取り置きさせて頂きます

古今亭菊六「お見立て」
柳家ろべえ「二番煎じ」
三遊亭時松「夢金」
鈴々舎馬るこ「イタコ捜査官メロディー~新たなる謎」
お問い合わせ
落語協会 03-3833-8563

尚、今年の時松歳時記は 3/1、6/28、9/27、12/13です。3月の会のみ都合により開演が30分遅くなりますのでご注意下さい。
  KintoKidsは4/27、7/27、10/26です。今年に限り開催月をずらす関係で3回ですが、来年からは1月を加えて元通り年4回の開催予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事始めは、

仕事始めは、

ぼたん姉さんに頂いたお仕事。文京区の区民センターで落語と踊りを。タイトルが『新春かくし芸大会    ・・・と落語会』 ウェートはかくし芸の様子。前半は天狗連の方(一般の落語好きな方)が披露されて、後半に私達の出番で今まで開けなかった引き出しをフルオープン!何てったって隠し芸だからネ。別に隠してた訳じゃないんだけど・・・需要が無かっただけという噂も。
仕事始めは、

遊びに来てくださったお客様から月末に控えた落語会に因んだストラップを頂きました。キューピーちゃん、多方面で働いております。マヨネーズ作ったり国守ったり。
仕事始めは、

こちら陸軍バージョン。お勤めご苦労様でございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

売れるものは何でも売る

売れるものは何でも売る

ふとした事情から落語協会の今年のカレンダーを浅草演芸ホールの前で売る事になりまして、まぁお正月ですから着物が良かろうと気合入れて家から着ていった訳ですが、何ですね、やっぱりカレンダーと言うものは年の暮れの物でして、いくら後361日使えると言ってもいっくら声を張り上げて頑張ってもなかなか人は買わないのであります。苦労の多い割りには実りの少ないような、何ともこの胸に残る一抹の虚しさネ。分かるかな~?わっかんねぇだろうなぁ~・・・。

因みにこの方、春風亭朝也兄さんといいましてこの頃はまだ元気ですが、終盤は声を嗄らしてヘトヘトになっておりました。

売れるものは何でも売る

あまりの売れなさっぷりに飽きた私は退屈凌ぎにお隣で売っていたご存知木久蔵ラーメンを何の義理も無いのに猛プッシュして売りに掛かるのであります。私のアクションでお客様が寄っていらしてラーメンを買っていくと言うのは快感というか充実感というか、あー、働いているなぁ・・・。と言う思いをさせてくれるので、よっぽど楽しい♪楽しい♪  仕舞いには観光で人力車に乗って演芸ホールの外観を見に来ただけのマダームにまで売っちゃったりしてやりたい放題ッスよ、全く。

ところが出番の合間を見て林家木久扇師匠本人が表に出てらして、この売れないカレンダーにスラスラスラーとサインを一筆したためただけで人は寄るはカレンダーは売れるは恐るべし、有名人パワー!!ウヘェー!カレンダーってこの時期になっても売れるのネ!と、感心していたのも束の間、お忙しい方なので次に移動されると元通り、木枯らしが吹き抜ける寒い売り場へと戻ります。あゝ夢よもう一度・・・。

売れるものは何でも売る

中日なので寄席に来てお正月の高座の様子を撮影する金翔兄さん。

売れるものは何でも売る

そして、虚ろな表情の前座の春風亭一左さん。お正月の前座さんはあまりの激務の為遅かれ早かれ彼のような顔つきになります。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長松が親の名で来る御慶かな

皆様あけましておめでとうございます。本年も昨年同様のご贔屓を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

お正月ですねぇ。朝から大師匠のお宅へ伺い新年のご挨拶。後、寄席へ行く大師匠の車の運転手を務めました。「おめぇ全然道知らねぇなぁ」とありがたいお言葉。どうも道の覚えが悪くてイケマセン。立派なタクシー運転手にはなれないネ。尤も今じゃ殆どの車にナビつけてますけど。って言うか、運転手にはなりませんけど。

浅草のお正月

大師匠が出番を終えるまで車の中で待機。ラジオからは名人寄席五代目小さん師匠「御慶」 六代目円生師匠「御神酒徳利」が。
浅草のお正月

因みにタイトルの句の意味は

長松(ちょうまつ):丁稚奉公している人の呼び名

親の名で来る:年季が明けて地元に帰って父の名前を襲名して年始回り(御慶)にかつて奉公して世話になった店に来る

ところから

かつての使用人:松が紋付袴の正装をして、親の名を襲名して(例えば、「左衛門(ちょうざえもん)」)、かつての伊勢屋の旦那(御隠居や奥様)に年始の挨拶をする。

と言う事らしいです。お勉強になるねぇ、パンチライン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »