« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

あの、ひまわりが!!

ようやく、です。

ようやく咲く気になったようです。花芽が出来てきました。大分伸びましたからねー。もういいよねー。
ようやく、です。

こちら枝豆も引っこ抜きました。終盤に来て地味な色のカメムシがいっぱい集っていたんですがなんでしょうね?

来年は実のなるのをもっと植えましょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

屋形船と隅田川の花火

隅田川の花火
隅田川の花火
隅田川の花火
隅田川の花火
隅田川の花火

綺麗でしょう?花火。しかも屋形船から!!

ま、仕事。でですけどね・・・役得でした。余興の合間に打ちあがり始めるとお客様に混じって花火見物。あまり傍から見たことなかったので年甲斐もなく「うぉー・・・」とか「ふぇーーー!!」とか。・・・オハズカシイ。でもまぁ雨が降らなくてよかったですよ。今年は選挙がずれたせいで天候によっては中止になる大会もあるとか。  野暮な話でございます

| | コメント (2) | トラックバック (1)

七月大歌舞伎 NINAGAWA 十二夜

純粋に面白かったです。シェークスピア知りませんけど分かりやすく出来てますね。1600年代に創られた芝居だそうで、ある意味古典と古典のコラボで新しい芝居になったような新鮮さでした。役者さんも芝居の中で楽しく遊んでるような風もあって、普段見られないような一面も覗かせてました。29日までだそうで気になる方はお急ぎを!

それにしても菊五郎さん・・・ちょっと壊れかかったキャラが強烈でした。

Kabukiza200707b_handbill

NINAGAWA 十二夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みつまさナビ

撮影風景

師弟共々お世話になっているお蕎麦屋さん錦糸町みつまさが今度ケーブルテレビで紹介されるそうで、微力ながらお手伝いに。レポーターの方にお話を伺ったら10分程度の放送にも丸一日掛ける時もあるそうでいやはや根気の要る仕事です。
撮影風景

こちら蕎麦粉にも汁にもこだわったご自慢の別製せいろ。本気でおいしいです。

番組名は『四季食彩』。八月上旬から墨田区のケーブルテレビを皮切りに放映されるそうです。お楽しみに!!

蛇足ですが奇数月の第三水曜午後六時から「みつまさ寄席」をやっております。私の師匠金時の他、若手真打と二つ目の計三人が出て、終演後お酒、お蕎麦がついて¥3000ポッキリ!!!次回は9/19だそうでいつも大勢のお客様にお出で頂いております。んなもので、できましたらお早めのご予約をお勧め致します。ハイ、ドーモ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ひまわり、その後

ひまわりとえだまめ

園芸ファンの皆様お待たせ致しました。我が家の植物のその後です。

ひまわりはすくすくと育っておりますが、おいおい育ちすぎぢゃねーのかよ?と思われる位に伸び盛りであります。人の親なら「おまえ、バスケかバレーやらすぞ」言いたくなる程育ってます。そろそろ止まって下さい。頼むから。
ひまわりとえだまめ

花芽らしきものが見当たりません。どうやらまだ伸びるつもりらしいです。
ひまわりとえだまめ

枝豆はそろそろ収穫期か?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春風亭柳朝真打昇進襲名披露興行in大田文化の森

柳朝兄さん&時松

地元のホールでご近所の柳朝兄さんのお披露目のお手伝い。地元凱旋だけあって大勢のお客様にご来場頂きました。初めての口上の司会を仰せ付かりドッキドキで挑みましたが大変暖かいお客様に助けられ何とか勤めることが出来ました。どうもありがとうございました。写真はその打ち上げ、解散直前の図。2人とも目元がほんのり桜色です。兄さんおめでとーございまーす!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ててとてとてと

小つ花連

落語協会には『つ花連』と言う有志の集まりがありまして、江戸時代から続く雑俳等の言葉遊びを年に数回集まって行います。そしてこの度その若手の会が発足致しまして、『小つ花連(仮)』の準備作業に行ってきました。参加者のお題に沿った投句をランダムに並べ替えて、参加者がその中からいいと思うものを選んでそれを集計し順位を競う(まだよく把握してないので正しいか分かりませんがそんなイメージでした)という遊びです。昨日連の方々にその一覧を郵送しまして後日開きという集まりで発表されます。ちょっと難しそうですが、裏を返せば日本語の複雑さ、奥深さがあっての遊びでしょうかね。

世話役の小ゑん師匠の『雑俳』のページ

ちなみに今日のタイトルは落語の『雑俳』に出てくるフレーズです。

山王の 桜に猿がさんさがり あいのてとてと ててとてとてと

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大銀座落語祭・プチ打ち上げ

銀座プチアゲ
銀座プチアゲ
銀座プチアゲ
銀座プチアゲ
銀座プチアゲ

雨の中大勢様ご来場頂きましてありがとうございました。皆さん楽しみにしてくださっているんだなぁとヒシヒシと感じました。山野楽器の会場は五部制で私はその第一部に出して頂きました。終演後出番の近かった方々と打ち上げならぬこじんまりとした『プチ上げ』をスイーツで。「兄さん、あそこ行きましょう。ほら、あそこに書いてある喫茶店。えー・・・資生堂パーラー。ね。」「おー!行こう行こう!」  ・・・お上品なお店でございました。Tシャツで入っちゃったのが憚られる様な、いかにも『ギ・ン・ザ』っていう空気ビンビンの。周りを気にしつつ少し背を丸めてスイーツを大変美味しく戴きました。

銀座のエレベーターはボタンまでオシャレ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大銀座落語祭とアド街ック天国

今更ですが出ます。大銀座落語祭。明日です。と言うか日付が変わってしまったので厳密には今日です。雨じゃないといいんですが・・・

アド街ック天国、新宿三丁目特集にもチョコッと映ります。こちらは雨関係ないのでご自宅でごゆっくりとどうぞ!東京ローカルなので、テレビ東京映らない方ゴメンナサイ・・・

日曜日は鈴本・早朝寄席です。以前の予定に変更がありまして一之輔兄さんに代わって金翔兄さんが来るそうです。KintoKids番外編(?)こちらもお楽しみに

いつも遅くなってスミマセン。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

教訓

開演前

告知漏れしてましたが師匠の独演会「金時寄席」でした。何を隠そう十数年前の寄席デビューはここ国立演芸場でした。あのとき見ていた高座に自分が上がっていると言うのが何となく不思議な感覚です。気を引き締めて「初心忘るるべからず」です。すかさずブログ用に一枚パチリ「写真忘るるべからず」です。

すいません。ただそれが言いたいが為に・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七月上席

鈴本演芸場
鈴本演芸場
鈴本演芸場

三日間の出番が無事終了しました。おいで頂いた沢山のお客様ありがとうございました。

早いもので気がつけば今年も折り返し地点ですか・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

浅草風景

浅草風景

所要で浅草へ。好きなお店の一つ。前座の頃からよく行ってました。いつからかお勘定済ませて「ご馳走様」と言うと「行ってらっしゃい」と送り出してくれます
浅草風景
浅草風景

大吉です。いい日ですなぁ
浅草風景
浅草風景
浅草風景

こういう訳分からんディスプレイも好きです。また外国の観光客が写真撮ってたりすると、たぶん国に帰ってみんなにこれ見せるんだろうなー・・・と思います。確実に日本を誤解されそう。でも止められないしねぇ。もぉ好きなようにしておくれ、と言うしかありませんな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

みのり

みのり

枝豆がそろそろ実を付け始めました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カピバラさん

春風亭正太郎さん

春風亭正太郎さんと言います。カピバラさんに似てると仲間うちで評判です。カピバラさんが何だか分からない方、このブログの右で時間を教えてくれてる、そう、彼です。「似てるんだって?一枚撮っていい?」「いいですよ。でも似てるって言われると何か人間離れしてるみたいで・・・」「!!・・・い、いや、そんなこと無いんじゃない?何と言うか皆から愛されると言うか・・・ねぇ・・・。。。。」傷ついてるとは知らず悪いこと言っちゃったね。ゴメンナサイ
春風亭正太郎さん

いやしかし正面から見ると市川亀次郎さんに似てなくもない気がしますが・・・どうですかねぇ、みなさん。「いよっ!お役者様!」

ま、今日のところはこのくらいで勘弁しておくれ。正太郎さん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナポレオン

漢の酔い様

始まりは6/28に来たメール。「兄さん、退屈です」どうやら彼は暇らしい。どうやら私も暇らしい。「じゃあ行きますか!」ナポレオンの辞書に不可能と言う文字がないように噺家の辞書に退屈の二文字はないのであります。退屈なら何かすればいいじゃなーい。パンが食べられないならケーキを食べればいいじゃなーい!いぇいいぇい!ほぼ近いノリです。「二人っきりってのもナンだねー」と言う訳で
漢の酔い様

呼びました。
漢の酔い様

そして一時間が過ぎました。
漢の酔い様

二時間目に突入です。
漢の酔い様

そして三時間目。「もっと呼んじゃおーよ、もっとさー。ね。電話電話!!」
漢の酔い様

来てくれました。馬鹿な弟分のため。疲れた身体を引き摺って。酔った勢いと言うのは恐ろしい・・・「兄さんなんだか気の毒だよ、もう一人投入!」
漢の酔い様

投入完了
漢の酔い様

そして合体。有り難いですなー。なんかノリを大事にすると言うか付き合いが誠に良いというか。そんな皆さんが好きです。
漢の酔い様

最後に熱唱。そして散会。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »